テーマ:困難気道予測

HEAVEN 基準は、直接喉頭鏡検査とビデオ喉頭鏡検査の両方で、喉頭鏡視野と挿管成功を予測する:コホート分析

・既存の困難気道予測ツールは、緊急挿管には実用的ではなく、生理学的データを取り入れていない。HEAVEN 基準(低酸素血症、極端なサイズ、解剖学的問題、嘔吐/血液/液体、出血、頚部可動性)は、緊急の迅速挿管(RSI)に際してより意義がある可能性がある。 ・後ろ向き分析には、航空医療 RSI 患者を含めた。RSI 前に HEAVEN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急気道管理のための新規困難気道予測ツール:大規模航空医療コホートでの HEAVEN 基準の検証

・困難気道予測ツールは、最適な気道技術を特定するのに役立つが、待機的手術患者に由来するもので、緊急迅速挿管(RSI)には適用できない可能性がある。 HEAVEN 基準(低酸素症、極度の大きさ、解剖学的異常、嘔吐/血液/体液、出血、頚部可動性の問題)は、緊急 RSI 患者にとってより有意義である可能性がある。研究目的は、大規模な航空医療コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HEAVEN 基準:新しい困難気道予測ツールの導出

・気道管理は、重症疾患患者と負傷患者の管理において極めて重要である。困難気道を予測するための現在のツールは、緊急気道状況において適用が制限されている。本研究の目的は、緊急挿管のための新たな困難気道予測ツールを導くことであった。 ・1 回以上の試行を必要とした航空医療現場での連続した迅速挿管患者集団において、後ろ向き的記述分析を実施…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more