テーマ:術後鎮痛

ロボット大腸手術を受ける患者の術後オピオイド消費量に対するリドカイン注入の無作為化比較試験

・静脈内リドカインは鎮痛効果があり、術後のオピエートの必要性が減少することが示されているが、この効果はさまざまな手術集団でまだ議論されている。ロボット補助大腸手術でこの効果を実証できるかどうかを調査した。 ・本前向き二重盲式試験では、ロボット補助結腸直腸手術を受ける合計 60 人の成人患者が 2 群に無作為に割り当てられた。リドカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メチルプレドニゾロンは心臓手術後の急性術後疼痛を軽減しない:無作為化臨床試験のサブ分析

・心臓手術の術後疼痛は、主にオピオイドで治療されるが、安全性が低いため、非オピオイド薬はマルチモーダル経路の一部として魅力的である。抗炎症薬は術後の急性疼痛を軽減するが、胸骨切開後の急性疼痛の軽減におけるステロイドの役割は不明である。メチルプレドニゾロンの術中投与と心臓手術後 24 時間の疼痛スコアとオピオイド消費量の複合として定義され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術後鎮痛のための術中ケタミン:無作為化対照二重盲式臨床試験

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)手術中にケタミンを投与することにより、手術後 48 時間に必要なオピオイドの量が減少するかどうかを調査することであった。 ・大学関連単施設での無作為化対照二重盲式臨床試験で、左室駆出率が正常なで CABG 手術を受ける患者を対象とし、ケタミンは、皮膚切開前に 0.5 mg/kg ボーラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人患者における複雑な脊椎手術の麻酔管理:転帰エビデンスに基づくレビュー

・レビューの目的:この記事の目的は、複雑な脊椎手術を受ける成人患者の出血量、疼痛管理、体位関連合併症について麻酔管理に関するエビデンスをレビューすることである。 ・最近の所見:複雑な脊椎手術の麻酔管理の最新のエビデンスは、系統的検索で特定され、ランク付けされた。著者らのレビューでは、トラネキサム酸の予防投与と最適な腹臥位は、患者へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルの漸進中止は、甲状腺手術後の最初の術後鎮痛剤要求を遅らせる:重盲式無作為化比較試験

・レミフェンタニルの誤った管理は、オピオイド誘発性耐性や痛覚過敏などの重篤な副作用を引き起こす。最近の研究は、これらの副作用を制限するために代替離脱法を明らかにした。レミフェンタニルの漸減は、より少ない疼痛と関連しているようである。この二重盲式無作為化比較試験の仮説は、甲状腺手術を受けた患者でレミフェンタニルの突然の中止後と比較して、レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要な腹部と婦人科癌手術後の術後鎮痛のためのプログラム化間欠的硬膜外ボーラス vs 持続硬膜外注入

・持続硬膜外注入(CEI)は、硬膜外注入のための標準的な適用例である。新しい方法としてのプログラムされた間欠的硬膜外ボーラス(PIEB)法は、産科鎮痛における局所麻酔(LA)消費量低下と鎮痛改善を示した。本研究の目標は、主要な腹部癌手術で PIEB vs CEI[患者管理ボーラス(PCEA)と併用した]の LA 消費量と疼痛スコア点数に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術における異なる鎮痛治療の有効性の比較:ネットワークメタ分析

・全膝関節形成術(TKA)後の激しい痛みは、多くの患者に苦痛をもたらし、入院期間を長期化し、費用の増加を招く。本研究は、複数の公開された無作為化比較試験に基づくネットワークメタ分析を通して、TKA の術後鎮痛に及ぼすいくつかの臨床的治療の相対的有効性を評価するために考案された。 ・Embassy と PubMed を用いて、創始か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後鎮痛の質と持続時間に及ぼす鎖骨上腕神経叢ブロックにおける局所麻酔薬補助薬としてのブプレノルフィン

・鎖骨上腕神経叢ブロックは、上肢外科処置には理想的である。ブプレノルフィンは、作動性拮抗薬であるオピオイドであるが、鎮痛を延長させる補助剤として使用されている。著者らは局所麻酔薬溶液にブプレノルフィンを添加することにより、術後鎮痛の質と持続時間を評価することを目指した。 ・鎖骨上腕神経叢ブロック下に上肢整形外科および再建術が予定さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸癌手術痛に対する予定された術後静脈内アセトアミノフェンの有効性

・結腸癌術後の疼痛を管理するために繰り返し鎮痛薬注入を使用する必要がある患者の臨床症例が頻繁に観察される。本稿では、硬膜外麻酔を用いた結腸癌手術で、術後の静脈内(IV)アセトアミノフェンの鎮痛頻度と安全性について検討する。 ・大腸癌手術中に硬膜外麻酔を受けた患者のうち、28 人の患者からなるある群にアセトアミノフェンを投与したが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回全膝関節形成術後の術後鎮痛に対するアセトアミノフェン静注の有効性

・静脈内アセトアミノフェンの使用は、疼痛管理に対するマルチモーダルアプローチの 1 つの構成要素として注目を集めている。しかしながら、全関節形成術における疼痛管理に際しての静脈内アセトアミノフェンの有効性を調査する文献は不足している。本研究の目的は、初回全膝関節形成術後の静脈内アセトアミノフェンの有効性を評価することであった。 方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下噴門形成術後のリドカイン静脈内注入の鎮痛効果:前向き無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・本研究は、リドカイン静脈内注入が、腹腔鏡下噴門形成術後の術後疼痛強度を低下させるかどうか、また、試験した用量で静脈内リドカインの安全性を検証することを目的とした。 ・これは、単一施設での無作為化二重盲式プラセボ対照並行群試験であった。腹腔鏡下噴門形成術を受ける成人患者を募集した。介入群は、麻酔導入に先立ってリドカインボーラス 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰椎手術における術後鎮痛のための閉創時の筋肉内局所麻酔浸潤:系統的レビューとメタ分析

・創部閉鎖前の局所麻酔浸潤は、術後鎮痛のためのマルチモーダル戦略の一環であり、早期離床と退院を促進し得る。その有用性を調査したいくつかの小規模研究があるが、データの定量的メタ分析は一度も行われていない。研究の目的は、腰椎手術後の術後疼痛を軽減し、早期退院を促進する上で、創部閉鎖前の筋肉内局所麻酔浸潤が有効かどうかを特定することであった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助前立腺切除術後の術後疼痛管理のためのクモ膜下モルヒネ:前向き無作為化試験

・ロボット補助腹腔鏡下前立腺切除術(RALP)は、低侵襲手術であるが、手術直後に中等度から高度の疼痛を引き起こす。RALP を受ける患者の術後疼痛管理のためのクモ膜下モルヒネ(ITM)の有効性と安全性を評価した。 ・RALP を予定された 30 人の患者を無作為に 2 群の 1 つに割り当てた。 ITM群(n=15)では、術後疼痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後鎮痛における腹横筋膜面(TAP)ブロックの臨床的安全性と有効性:系統的レビューとメタ解析

・腹横筋膜面(TAP)ブロックは、ある範囲の外科手術に際して術後鎮痛を提供できる。豊富な臨床試験により、TAP ブロックは鎮痛効果があると評価されている。この系統的レビューは、アクティブ(標準ケア)と非アクティブ(プラセボ)対照群の両方と比較して、全ての臨床領域において TAP ブロックの安全性と有効性の結果を評価する。 ・Pub…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後疼痛に対する定時 vs 必要時経口鎮痛プロトコールの比較:無作為化比較試験

・研究の目的は、手術帝王切開後 48 時間以内の術後疼痛治療のための 2 種類の経口鎮痛薬投与の有効性、安全性、満足度を比較することであった:「必要時」 vs 「一定時間間隔」投与。 ・イスラエルの大学病院での、2013 年 2 月から 12 月まで、非盲式並行群無作為化比較試験で、区域麻酔下で帝王切開を受けた 200 人の女性を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式子宮摘出術を受けた患者の術後鎮痛に投与されたデキスメデトミジンが睡眠の質に及ぼす影響

<ハイライト> ・子宮摘出術後、患者は高度の睡眠障害を経験する。 ・スフェンタニルに併用したデキスメデトミジン注入は快適な鎮痛作用をもたらす。 ・術後鎮痛のためのデキスメデトミジン注入は睡眠の質を改善する。 <要旨> ・研究目的は、腹式子宮摘出術を受ける患者の術後デキサメトミジン注入が睡眠の質に及ぼす影響を評価することであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more