テーマ:困難気道

困難気道の予測因子としての術前経鼻内視鏡検査:前向きコホート研究

・気管挿管が失敗した場合の転帰は壊滅的である可能性があり、したがって、困難を予測することは重要な問題である。難易度を予測するための最良の方法に関するコンセンサスはない。研究の目的は、挿管困難の予測における、経鼻的軟性内視鏡喉頭鏡検査(TFEL)の役割を評価することであった。 ・ミラノの三次大学病院、サンラファエレ病院での、術前 T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困難気道を予測するための上唇咬合試験の系統的レビュー

・上唇咬合検査(ULBT)は喉頭鏡挿管困難の予測に使用されるさまざまなベッドサイド検査の 1 つである。しかし、その有用性はまだあまり明確ではなく、その正確性に関しては論争がある。この系統的レビューの目的は、喉頭鏡検査困難または気管挿管困難を含む困難気道を予測するための ULBT の精度を調査することであった。 ・Cormack-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査困難の予測因子としての身長甲状頤間腺距離比:前向き観察研究

・さまざまな気道指標が、喉頭鏡検査困難を予測するために単独でまたは併用で使用される。最近導入された身長甲状頤間距離比(RHTMD)は、より優れた予測可能性を有すると報告されている。 RHTMD による喉頭鏡検査困難の予測を評価し、それを他の指標と比較することを目的とした。 ・本前向き単盲式比較観察研究では、全身麻酔を受ける予定の両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡は、肥満患者の困難気道に対しては古典的喉頭鏡よりも外傷性が少ない

この報告では、気道確保困難な肥満患者の麻酔管理とビデオ喉頭鏡検査のメリット、特に挿管中の歯牙損傷の危険性の低減について述べている。49 歳の女性(肥満指数:BMI、36kg.m(-2))は、胆石症のために待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける予定であった。患者の肥満および術前測定基準(Mallampati 分類 IV、切歯間距離 2.9cm、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

既知の困難気道を有する患者での熟練麻酔科医によるビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡検査:系統的レビュー

・経験豊富な麻酔科医は、気管挿管が困難または失敗した場合に直面することがある。著者らは、困難気道がある患者を管理する熟練麻酔科医によって、ビデオ喉頭鏡が利点を発揮するかどうかを示す文献があるかどうかを確認するために、系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・著者らは、2017 年 1 月 1 日までの PubMed、MEDLINE、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

予測された困難気道での覚醒下気管挿管:LMA Fastrach vs 気管支ファイバー:予備研究

<ハイライト> ・覚醒下挿管を必要とする 40 例の患者を、ILMA 群か、または FB 群に無作為化した。 ・挿管は、麻酔科医によってか、もしくはその監督下で行われた。 ・二酸化炭素検出までの時間、試行回数、バイタルサイン、患者満足度を比較した。 ・3 回試行の挿管成功率は両群で 95% であった。 ・初回試行の成功率は I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困難気道対策の参考文献

第5回 Difficult Airway Management (DAM) ハンズオン・トレーニング テキスト 日本臨床麻酔学会第25回大会ワークショップ http://nsa.kpu-m.ac.jp/kako/jsca25/program/img/w4_4t.pdf 総論:困難気道対策の現状と今後の展望 Anesth…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more