テーマ:抗生物質

帝王切開時の予防的抗生物質投与のタイミング(皮膚切開前と臍帯遮断後)が母体と新生児に及ぼす効果

・帝王切開分娩(CD)は、産後感染のリスクを 5~20 倍増加させる。手術部位感染(SSI)の予防は、予防的抗生物質投与の目標である。本研究は、抗生物質予防投与の最適タイミングを評価し、胎盤関門を通過する抗生物質の量を評価するために行った。 ・説明と同意の後、CD の決定が下されると、適切な妊婦が募集された。各母体は、無作為化コー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アナフィラキシーの疫学:台湾における後ろ向きコホート研究

・薬物誘発性アナフィラキシーは、致命的ともなる可能性のある出来事である。現在、アジア諸国における薬物誘発性アナフィラキシーのパターンについてはほとんど知られていない。今回の研究の目的は、9 年間にわたって台湾での確認された薬物関連アナフィラキシーの発生パターンを調査することであった。 ・1997 年 1 月から 2005 年 12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more