テーマ:救急救命士

病院前気管挿管は気管チューブの高いカフ圧と関連している:三次救急医療機関における気管挿管圧の特徴を明らかにするため…

・救急医療サービス(EMS)提供者は、必要に応じて病院到着前に気管チューブ(ETT)を留置するよう訓練されている。気管チューブのカフは、従来、気管内腔に対して適切なシールを行うために 10cc の空気で膨らませていた。しかし、多くの ETT は、20〜30cmH2O という安全な圧力をはるかに超えて膨張させられており、気管壁の虚血、壊死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急救命士の気管挿管実習について

「場末の麻酔科医」様から以下のようなコメントをいただきました。 一つ質問があり、博覧強記の麻酔科勤務医先生のご意見を伺いたく存じます。「救急救命士挿管実習の同意を得るための極意」( 2011/07/22 17:26)の記事に以下の記述があります。 「呼吸が止まりそうだったり、もう心臓が止まっていたというような重症の患者さんも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急救命士挿管実習の同意を得るための極意

術前診察時に、救急救命士の挿管実習のための同意を取る際に、私が実際に行っている手順、気をつけている点を紹介する。 (1)歯牙動揺、挿管困難の可能性が高ければ最初から無理せず諦める。 術前診察時に、歯牙動揺があったり歯槽膿漏気味の場合、頚椎の可動制限や開口制限など、いわゆる挿管困難の可能性がある場合は、余計なトラブルを避けるた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more