テーマ:監視下麻酔管理

経カテーテル大動脈弁置換術のための監視下麻酔管理と全身麻酔の比較

・経カテーテル大動脈弁置換術は、中等度から高度の外科的リスクのある患者の重症大動脈弁狭窄症に対する安全で低侵襲の治療法である。監視下麻酔管理は麻酔科医によって管理される。本研究では、監視下麻酔管理と全身麻酔下での経カテーテル大動脈弁置換術の転帰を比較している。 ・2012 年 3 月から 2016 年 8 月まで、大学病院単施設で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

換気量モニタリングは、処置鎮静を受ける被験者の低換気と無呼吸を軽減する

・内視鏡処置に際して、監視下麻酔管理の使用は、呼吸抑制のリスクを増加させ、患者の換気を注意深く監視することを必要とする。著者らは、全静脈麻酔下で上部と下部の消化管内視鏡を受ける患者の安全性を改善するためにインピーダンスベースの呼吸量モニタ(RVM)の有効性を検討した。著者らは、RVM からのフィードバックによって、麻酔科医は適切な換気を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more