テーマ:挿管困難

喉頭部視覚化困難を予測するための甲状頤間垂直高検査の信頼性:前向きな外部検証

・甲状頤間垂直高(TMH)は、Cormack-Lehane(C&L)グレード III/IV と定義される喉頭視覚化困難(DVL)の予測に役立つことが報告されている。本研究の目的は、DVL のための TMH 検査の診断の正確さを日本の患者で他の臨床使用された検査と比較することであった。 ・全身麻酔下で気管挿管を受ける 699 人の手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド人患者における挿管困難の予測因子の前向き観察研究

・患者の日常的な術前評価中に最も一般的な診療行為の 1 つは挿管困難を予測することである。本研究は、挿管困難に関連するパラメータを評価し、新しい患者群で検証するために行われた。最後に、誤警報の数を減らすための簡単な予測ルールを作成する。 ・483 人のインド人集団患者の最初の一連の被検者で、年齢、性別、体重、身長、切歯間距離、下顎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室における気管挿管時の修正 Cormack‐Lehane スケールを用いた喉頭鏡視野の評価

・集中治療室での気管挿管は、挿管困難や合併症の発生率が高いことに関連している。これは直接喉頭鏡検査中の声門の視野が悪いことが原因である可能性がある。本研究の目的は、修正 Cormack-Lehane スケールを使用した喉頭鏡視野と、挿管困難および合併症の発生率との間に関係があるかどうかを判断することである。 ・集中治療室で 45 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人患者における喉頭鏡検査困難と挿管困難のための術前検査の予測値

・導入後の気管挿管困難または失敗の意義は、麻酔診療における合併症と死亡の広く認識されている原因である。にもかかわらず、潜在的な気管挿管困難を予測する必要性はあまり注目されていない。通常の麻酔中、気管挿管困難の発生率は全身麻酔の 1.5%~8% と推定されている。挿管困難は、特に挿管が失敗したときに、脳障害や死亡といった重症合併症と関連し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この患者は挿管が難しいか?合理的な臨床検査の系統的レビュー

<キーポイント> ・質問:気管挿管困難の予測に役立つのはどの危険因子と身体所見か? ・所見:この系統的レビューでは、いくつかの身体所見が挿管困難の可能性を高めた。最良の予測因子は、上唇を下顎切歯で噛むことができないこと、短い舌骨頤間距離、下顎後退症、Wilson スコアに基づく所見の組み合わせであった。 危険因子も身体所見も一貫…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

直接喉頭鏡による気管挿管管理が困難と肥満指数との関連:メタ分析

・肥満は深刻の障害であり、多くの周術期管理困難をもたらす可能性がある。肥満と挿管困難との関連性を評価するために、系統的レビューが行われた。 ・著者らは、2017 年 8 月 14 日に、電子データベースで、関連レビューとメタ分析の参考文献を検索した。PubMed、Embase、Cochrane controlled trials …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困難気道患者の気管挿管:ラリンジアルマスクとブジー vs ビデオ喉頭鏡の使用

・気道管理は安全な麻酔のために不可欠であり、気管挿管は、特に迅速かつ成功裏に行われた場合に、重症疾患患者をよりよく管理できる最も重要な処置である。本研究では、困難気道の患者で、気管挿管成功と挿管指数の質に関して、ブジーを使用したラリンジアルマスク(LMA)経由の挿管法 vs ビデオ喉頭鏡(VL)を比較することを目的とした。 ・本無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管困難のための多変量予測モデルの作成:二重盲式前向き研究

・挿管困難な症例の予測のために様々なモデルが考案されたが、陽性予測値、感度、特異度は低い。著者らは、さまざまな気道予測指標を単独で、また併用して、挿管困難を予測し、挿管困難を正確に予測するのに役立つ多変量モデルを作成することを目指した。 ・全身麻酔下で待機的手術を予定している成人患者 500 人に対して前向き二重盲式試験を実施した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の挿管困難を予測するための放射線検査(CT、X 線、US)の診断精度:メタ分析

<ハイライト> ・困難気道管理が依然として発生し、特に予期しない場合には合併症リスクが増大する。 ・放射線学は、挿管困難予測能がある新しく開発された方法である。 ・US の診断値は、CT や X 線の診断値と同様であるが、修正 Mallampati スコアの診断値よりもはるかに優れている。 ・日常的臨床使用を推奨する前に、放射線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SARI スコアとグライドスコープビデオ喉頭鏡に基づく新しい困難気道管理アルゴリズム

・El Ganzouri リスク指数(EGRI)スコアが 7 であることと、グライドスコープによる喉頭展開が困難となる状態とは、非常に予測的な判断閾値となる。そこで、著者らは、EGRI とグライドスコープTMを基にした新しい困難気道アルゴリズムが全ての患者において気管挿管を可能にすると仮定した。 ・ビデオ喉頭鏡による挿管の訓練をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管困難症の SARI 多変量リスク指数の予測値:グライドスコープ ビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡

・挿管困難に対する El-Ganzouri リスク指数(EGRI)の予測値は、参照標準としてマッキントッシュ喉頭鏡を用いて評価されている。グライドスコープビデオ喉頭鏡は声門の視覚化を改善する。著者らは、ビデオ喉頭鏡を参照標準として用いた EGRI の予測値を研究した。 ・マッキントッシュ喉頭鏡(ML、n=994)とビデオ喉頭鏡(V…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予期せぬ気管挿管困難に対する簡易気道リスク指標の使用 vs 通常の気道評価 - 64273 人被検者

・予期せぬ挿管困難は、麻酔において依然として問題である。簡易気道リスク指数(SARI)は、挿管困難のための 7 つの独立危険因子からなる多変数リスクモデルである。著者らの目標は、SARI に基づく術前気道評価と通常の気道評価とを比較することであった。 ・2012 年 1 月 10 日から 2013 年 12 月 31 日まで、28…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:「MACOCHA スコア」とは?

A:MACOCHA スコアは、ICU での気管挿管に際して、挿管困難を予測するためのスコアリングシステムである。 気道確保困難を予測するためのスコアリングシステムは、麻酔科領域では、すでにいろいろな実用的なシステムが考案されている。 ・気道スコア(Airway Score) ・気道困難スコア(Airway Difficulty S…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

挿管困難小児での直接喉頭鏡と比較したグライドスコープビデオ喉頭鏡の有効性: 小児挿管困難登録の分析

・著者らは、小児挿管困難登録から得たデータを分析して、直接喉頭鏡とグライドスコープRビデオ喉頭鏡の使用を検討した。 ・多施設小児挿管困難登録を使用して、1295 人の患者から収集したデータを分析した。直接喉頭鏡とグライドスコープビデオ喉頭鏡の成功率と合併症率を分析した。 ・初回(464/877=53% vs 33/828=4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LEMON 法は簡単に適用できる救急外来での気道評価ツールか?

・研究の目的は、米国国家緊急気道管理コースの開発者によって考案された「LEMON」法が、救急蘇生室で治療を受ける患者の気道評価ツールとして容易に適用できるかどうかを評価することであった。 ・2002 年 6 月から 2003 年 1 月まで英国の教育病院蘇生室で治療された 100 人の患者を、「LEMON」法に基づく基準で評価した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスク換気困難かつ喉頭鏡検査困難の発生率、予測因子、転帰:多施設周術期転帰グループからの報告

・マスク換気困難(DMV)かつ喉頭鏡検査困難(DL)に関する研究は、それぞれの技術が互いにレスキューの役割を果たしているにもかかわらず、極めて限られている。 ・多施設周術期転帰グループに参加している 4 つの 3 次医療センターは、一貫した構造化された患者の病歴と気道検査と気道転帰の定義を使用した。DMV は、グレード 3 か 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パキスタンの三次医療病院での挿管困難予測における Mallampati 試験と上口唇咬合試験の比較

・研究の目的は、気管挿管困難を予測する上で、上口唇咬合試験(ULBT)とマランパティ試験の精度を調査することであった。 ・パキスタンのカラチにある三次医療施設であるアガカン大学病院で横断研究が行われた。2007 年 6 月 1 日から 2008 年 5 月 31 日までに、気管挿管による全身麻酔を必要とする待機的手術を受ける成人…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

甲状頤間垂直高: 喉頭鏡検査困難の新しい臨床指標

・喉頭鏡検査困難の発生率は、1.5% から 20% の範囲で報告されている。著者らは、喉頭鏡検査困難の発生率と、患者が口を閉じて仰臥位とした際の頤と甲状軟骨の前縁間の垂直高との間に密接な関連があると仮定した。著者らは、これを「甲状頤間垂直高試験」(TMHT)と呼んでいる。本研究の目的は、喉頭鏡検査困難を予測する上での有用性を判断すること…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術を受ける患者の喉頭鏡検査困難予測のための甲状頤間垂直高検査

・冠動脈バイパス移植(CABG)手術を受ける患者は、一般的な手術患者集団よりも喉頭鏡検査困難、挿管困難の発生率が高い。CABG 患者における喉頭鏡検査困難の正確な予測は、循環動態反応および心筋酸素需要を低減するために望ましい。最近、困難気道を予測する際に、感度と特異どの高いベッドサイド試験の 1 つとして、甲状頤間垂直高試験(TMHT)…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩を受ける肥満患者の挿管困難予測のための頚部周囲径およびその他の気道評価試験の成績

<ハイライト> ・頚部周囲径と Mallampati テストは、挿管困難を検出するための価値は限定的であった。 ・胸骨頤間距離テストの性能は許容可能であった。 ・胸骨頤間距離<14.5cm は許容可能なカットオフ点であった。 <要旨> ・妊娠と肥満はそれぞれ気管挿管困難の可能性を高める。本研究では、挿管困難を予測するための頚部…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

挿管困難を予測するための修正 Mallampati スコア、上唇咬合試験、顔面角度の診断的価値の決定

<ハイライト> ・挿管困難(DI)は、依然として麻酔関連の死亡率および罹患率の要因である。 ・挿管困難な要因の 1 つに、顔面角がある。その程度が通常の程度よりも小さいかまたは大きいと、顎の後方または内側への変位がもたらされ、その結果、DI が生じる。 ・顔面角は、挿管困難予測に際し感度、陰性的中率、Youden Index が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管困難が予測される女性の超緊急帝王切開の麻酔法の選択:決定解析の使用

・予測された困難気道は、胎児仮死のための超緊急帝王切開のような緊急の場合でさえも、しばしば全身麻酔の迅速導入は禁忌とみなされることがある。しかし、そのような症例はまれで緊急性があるため、正式にリスクを評価することは困難である。 ・著者らは、文献の系統的レビューに基づいて、3 種類の可能性のある麻酔法で、麻酔を確立するのにかかる時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more