テーマ:MAC

経大腿経カテーテル大動脈弁留置術のための全身麻酔 vs 監視下鎮静管理:ベルギーの単施設での後ろ向き研究

・本研究の目的は、経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)を受ける患者における術後転帰に及ぼす全身麻酔(GA) vs 監視麻酔治療(MAC)の効果を比較することであった。 ・ベルギーの紹介施設であるルーヴェンの大学病院単施設での、準実験的デザインを用いた後ろ向きの前後研究で、2014 年 3 月 1 日から 2017 年 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬効力評価のための吸入麻酔薬の最小肺胞濃度と BIS50 の比較

・バイスペクトル指数(BIS)は、麻酔のための鎮静と催眠の程度を客観的に測定するように設計されている。BIS が吸入麻酔薬の濃度と高度に相関することはよく知られているが、吸入麻酔薬で MAC として表される鎮痛効力が BIS50 として表現される催眠効力に匹敵するかどうかは不明である。本研究は、一般的に使用されている吸入麻酔薬のいろいろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

等 MAC 値は、同等の鎮痛または催眠効力を保証するか?:デスフルランとセボフルランの比較

・揮発性麻酔薬の効力を比較するために、最小肺胞濃度(MAC)が従来から使用されてきた。しかし、それは鎮痛と催眠についての脳メカニズムというよりは、不動化と言う脊髄メカニズムを反映していることから、等 MAC は同等の鎮痛または催眠の効力を暗示するのか疑問である。鎮痛と催眠のレベルは、Surgical Pleth Index とバイスペク…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more