テーマ:喉頭鏡検査困難

喉頭鏡検査困難を予測するための前頸部軟部組織と舌の厚さの超音波測定:観察分析研究

・気道超音波は、喉頭鏡検査困難を予測するための新しいツールである。本研究の目的は、喉頭鏡検査困難を予測するために、舌骨、甲状舌骨膜のレベルでの前頸部軟部組織の厚さと舌の厚さの超音波測定の有用性を調査し、気道評価のための臨床パラメーターと比較することであった。 ・310 人の成人手術患者で、中立位とスニッフィング位で、皮膚から舌骨ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査困難の仮説的予測因子としての術前音声評価

・修正 Mallampati テストによる予測と比較して、音声が困難気道を予測する可能性を調べた。 ・気管挿管による全身麻酔下の定時手術を予定している合計 453 人の患者を研究した。5 種類の音素が記録され、それらのフォルマントが分析された。喉頭鏡検査困難は、Cormack-Lehane グレード 3 または 4 と定義した。単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気道確保困難の評価における新しい道具としての超音波

・マスク換気困難(DMV)の予測は喉頭鏡検査困難と同じくらい挑戦的である。超音波は、これらの困難を予測するのに役立つツールになるであろう。本研究の目的は、気管挿管を必要とする待機的手術を受ける患者で、DMV と喉頭鏡検査困難を予測する上で、頸部解剖学の術前超音波評価の能力を評価することであった。 ・2018 年 4 月から 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人患者における喉頭鏡検査困難と挿管困難のための術前検査の予測値

・導入後の気管挿管困難または失敗の意義は、麻酔診療における合併症と死亡の広く認識されている原因である。にもかかわらず、潜在的な気管挿管困難を予測する必要性はあまり注目されていない。通常の麻酔中、気管挿管困難の発生率は全身麻酔の 1.5%~8% と推定されている。挿管困難は、特に挿管が失敗したときに、脳障害や死亡といった重症合併症と関連し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査困難を予測する際の修正 Mallampati、上唇咬合検査との身長甲状頤間距離比の比較

・本研究の目的は、以下の術前気道予測指標から、喉頭部視覚化の困難予測能を、単独および併用で比較することであった:修正 Mallampati テスト(MMT)、身長甲状頤間距離比(RHTMD)、上唇咬合試験(ULBT)。 ・全身麻酔下で気管挿管を必要とする定時手術を予定されている 603人 の連続患者に関するデータを収集し、その後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査困難の予測因子としての身長甲状頤間腺距離比:前向き観察研究

・さまざまな気道指標が、喉頭鏡検査困難を予測するために単独でまたは併用で使用される。最近導入された身長甲状頤間距離比(RHTMD)は、より優れた予測可能性を有すると報告されている。 RHTMD による喉頭鏡検査困難の予測を評価し、それを他の指標と比較することを目的とした。 ・本前向き単盲式比較観察研究では、全身麻酔を受ける予定の両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more