テーマ:吸入麻酔

小児麻酔における静脈内導入と吸入導入における呼吸器および循環動態周術期有害事象:系統的レビューとメタ分析

・周術期の呼吸および血行動態の有害事象は、依然として小児麻酔における合併症と死亡の原因である。揮発性麻酔薬は、静脈麻酔薬(例えば、プロポフォール)より呼吸器有害事象が多い可能性があることが示唆されている一方、静脈麻酔薬は揮発性麻酔薬と比較して徐脈のリスクが高いと関連づけられている。著者らは、小児麻酔において、周術期の血行動態および呼吸器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前に肝トランスアミナーゼ値が上昇した患者における全静脈内麻酔と吸入麻酔間の術後肝機能の比較:後ろ向きコホート研究

・肝臓の酵素値が上昇している患者では、麻酔と手術により肝機能が低下する可能性がある。そこで、これらの患者では、肝毒性の少ない麻酔薬を選択することが重要である。 ・この後ろ向き的研究では、術前に肝酵素値が上昇している患者(アスパラギン酸トランスアミナーゼ[AST]またはアラニントランスアミナーゼ[ALT]>40 U/L の患者で、全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植を受ける患者の死亡率と臨床転帰に及ぼす揮発性麻酔薬の影響:無作為化臨床試験のメタ分析

・揮発性麻酔薬の術中使用が冠動脈バイパス術(CABG)を受ける患者の術後臨床転帰にプラスの効果をもたらすかどうかは不明のままである。そこで、CABG を受ける患者で揮発性麻酔の長期的および短期的死亡率と臨床転帰、全身静脈麻酔(TIVA)のそれと比較して体系的に分析することを目的とした。 ・著者らは、CABG を受ける患者で揮発性麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腎癌に対する硬膜外鎮痛併用の揮発性麻酔 vs 静脈麻酔の免疫抑制効果:予備的無作為化対照試験

・本研究の目的は、低位胸部硬膜外鎮痛併用全身麻酔下に腎癌手術を受ける患者において、細胞性免疫の抑制が全静脈麻酔と比較して吸入麻酔の使用下で強いという仮説を検証することであった麻酔。 ・患者はプロポフォールベース(静脈内麻酔)か、またはセボフルランベース(揮発性麻酔)麻酔群に無作為に割り当てられ、各群に 10 人の患者が、両群に硬膜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術に際しての麻酔維持法と全静脈麻酔に関する麻酔科医の調査

・吸入麻酔と全静脈麻酔(TIVA)は、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)の全身麻酔の維持に使用される方法である。TIVA は出血量の減少と術野の改善に関連する可能性があるというエビデンスが増えているが、データは少数の副鼻腔手術症例でしか使用されていないことを示唆している。本研究の目的は、麻酔担当者の間で ESS の麻酔維持法に対する認識とアプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急開頭術を受ける急性硬膜下血腫患者の脳弛緩、頭蓋内圧、血行動態に関する全静脈麻酔 vs 吸入麻酔の比較:無作為化…

・重症外傷性脳損傷(TBI)患者の麻酔の主な目標は、血行動態の安定性、最適な脳灌流圧の維持、ICP の低下、弛緩した脳の提供である。吸入麻酔薬と静脈麻酔薬の両方が一般的に使用されているが、重症 TBI の麻酔管理にいずれの麻酔法が優れているかについて明確な合意はない。 ・性別を問わず、GCS<8、急性硬膜下血腫の緊急手術に挙げられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植術を受ける患者の揮発性麻酔薬と全静脈麻酔の比較:無作為化比較試験の最新のメタ分析と試験逐次分析

・冠動脈バイパス術(CABG)患者における揮発性麻酔薬の利点については議論の余地がある。最新のメタ分析を実施して、CABG 中の揮発性麻酔薬の使用が死亡率やその他の転帰を改善するかどうかを評価することを目指した。 ・創始から 2019 年 6 月までの 8 つのデータベースを検索し、CABG 患者で揮発性麻酔薬と全静脈麻酔(TIV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吸入麻酔と全静脈麻酔による癌手術後の長期予後:系統的レビューとメタ分析

・多くのチームが麻酔の種類と癌手術後の長期転帰との間の関連性を調査してきたが、その結論には一貫性がない。揮発性麻酔薬(VA)による吸入麻酔下とプロポフォールによる全静脈麻酔(TIVA)による癌手術後の長期転帰に関する臨床研究の現在利用可能な知見を要約するために、本系統的レビューとメタ分析を行った。 ・著者らは、VA と TIVA …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃癌手術後の 1 年死亡率の後ろ向き的分析:全静脈麻酔と揮発性麻酔の比較

・プロポフォールベースの全静脈麻酔(TIVA)か、または吸入麻酔が癌手術後の良好ない転帰と関連しているかどうかには議論がある。著者らは、胃癌手術を受けた患者において、プロポフォールベースの TIVA と吸入麻酔との間に、1 年全死因死亡率または癌関連死亡率に差があるかどうかを調べた。 ・この後ろ向きコホート研究は、2005 年 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術における全静脈麻酔と吸入麻酔の比較メタ分析

・最適な術中手術野の可視性を達成し、出血量を最小にすることは内視鏡下副鼻腔手術(ESS)における 2 つの重要なパラメータである。このメタ分析の目的は、無作為化対照試験(RCT)のみに基づいて、これらおよび他のパラメータの優れた結果が得られたかどうかを判断するために、全静脈麻酔(TIVA)と吸入麻酔(IA)を比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術に際しての揮発性麻酔薬 vs 全静脈麻酔

・揮発性(吸入)麻酔薬は冠状動脈バイパス移植術(CABG)を受ける患者の臨床転帰を改善する可能性のある心保護効果がある。 ・13 カ国 36 施設で、実際的な多施設共同盲式対照試験を実施した。待機的 CABG を受ける予定の患者は、揮発性麻酔薬(デスフルラン、イソフルラン、セボフルラン)を含む術中麻酔レジメンか、または全静脈麻酔に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工妊娠中絶中の術中出血量:麻酔薬の比較

・研究の目的は、妊娠第一期妊娠中絶に際して吸引拡張と掻爬を受ける患者に対する吸入麻酔剤 vs 非吸入性麻酔剤によって術中出血に差があるかどうかを判断することであった。 ・これは、ニューヨーク市保健病院/メトロポリタンで妊娠 5 0/7~ 14 0/7 週の在胎月齢に人工妊娠中絶を受けた患者の電子カルテの施設倫理委員会承認後ろ向き診…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻手術後の覚醒時興奮に及ぼす全静脈麻酔 vs 揮発性麻酔維持の効果:無作為臨床試験

・全身麻酔下の鼻手術後、覚醒時興奮がよく見られ、傷害、痛み、出血、自己抜管のリスク増加など、重大な結果を患者にもたらす可能性がある。何十年もの研究にもかかわらず、成人患者での発症率、危険因子、出血の予防に関する研究が進行中であり、吸入および静脈麻酔の異なる効果に関して意見が異なる。研究の目的は、麻酔法が鼻手術後の覚醒時興奮の発生に及ぼす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術時の術中視覚化のための全静脈麻酔 vs 吸入麻酔:二重盲式無作為化比較試験

・内視鏡的副鼻腔手術(ESS)中の出血は、術野視認を障害し、手術の進行を遅らせる可能性がある。麻酔法が ESS 中の術野の質に与える可能性のある役割は、以前に研究されてきた。しかし、メタ分析からは、現在の文献は決定的ではなく、方法論的な一貫性に欠けているようだ。本研究は、これらの批判を念頭に置いて、ESS 中の術野の質に及ぼす全静脈麻酔…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術に際しての全静脈麻酔 vs 吸入麻酔:後ろ向きコホート研究

・使用される麻酔の種類と癌再発との間の関連性は議論の余地がある。本後ろ向きコホート研究は、全静脈麻酔と吸入麻酔が主要評価項目としての乳癌手術後の無再発生存に及ぼす影響を比較した。 ・著者らは、2005 年 1 月から 2013 年 12 月までに、三次診療教育病院で、乳癌手術を受けた患者の電子カルテをレビューした。患者は、手術に際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吸入麻酔薬に職業上暴露されている医師の早期細胞損傷のモニタリング

・世界中で、手術室で働く数百万人の職員が、職業上で吸入麻酔薬にさらされている。したがって、手術室での吸入麻酔薬への持続的暴露が個人に及ぼす健康上の潜在的影響が議論の対象となっている。人間のバイオモニタリングは、暴露した職員の健康を評価するための有用なツールとなる可能性がある。職業上暴露された若い専門家に最もよく使用される吸入麻酔薬の細胞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来手術と入院手術で全身麻酔維持のためのプロポフォール vs 吸入麻酔剤:系統的レビューとメタ分析

・プロポフォールによる麻酔維持が吸入麻酔剤よりも有利、有益であるかどうかは不明である。本研究は、全身麻酔を維持する上で、プロポフォール vs 吸入剤が患者関連転帰と患者満足度に及ぼす効果を比較することを意図している。 ・1985 年 1 月 1 日~2016 年 1 月 8 日までの PubMed、EMBASE、Cochrane …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全静脈麻酔は、高度の慢性鼻副鼻腔炎手術中の術中視覚化を改善する:二重盲式無作為化比較試験

・全静脈麻酔(TIVA)は、内視鏡的副鼻腔手術(ESS)中の出血量を減少させる方法として提案されてきた。粘膜出血による副鼻腔視覚化障害は、高度の炎症疾患を有する慢性副鼻腔炎の症例では厄介である可能性があり、こういった疾患群での TIVA の役割を示唆している。 ・三次医療センターで ESS を受ける成人の二重盲式無作為化比較試験を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

経蝶形骨洞腫瘍手術における静脈麻酔 vs 吸入麻酔

・内視鏡的経蝶形骨洞腫瘍手術中の患者の安全性には、術野の視覚化が不可欠である。全身麻酔下での内視鏡的経蝶形骨洞下垂体腫瘍切除を受ける患者のこの後ろ向き診療録レビューとデータ解析では、プロポフォールとレミフェンタニルによる全静脈麻酔が、セボフルランやデスフルランによる吸入麻酔と比較して、出血、手術所要時間、抜管までの時間や回復室在室時間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸部手術を受ける患者の術中心肺機能と術後合併症に及ぼす吸入麻酔と静脈麻酔の効果:系統的レビューとメ

・片肺換気(OLV)を伴う胸部手術後の術後心肺合併症の発生率は高いが、全身麻酔薬が術中心肺機能と術後合併症に及ぼす影響は依然として不明である。 ・著者らは、吸入麻酔と静脈麻酔を比較し、術中片肺換気(OLV)を伴う胸部手術を受けた患者で、術中の心肺機能と術後合併症を評価した無作為化比較試験(RCT)を、Embase、Pubmed、C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬効力評価のための吸入麻酔薬の最小肺胞濃度と BIS50 の比較

・バイスペクトル指数(BIS)は、麻酔のための鎮静と催眠の程度を客観的に測定するように設計されている。BIS が吸入麻酔薬の濃度と高度に相関することはよく知られているが、吸入麻酔薬で MAC として表される鎮痛効力が BIS50 として表現される催眠効力に匹敵するかどうかは不明である。本研究は、一般的に使用されている吸入麻酔薬のいろいろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Q:「どっちがいいの? 静脈麻酔 vs 吸入麻酔」

A:この質問には正解はないのかも。一長一短があるとしか言えないのかな。 静脈麻酔は中央配管やガス排除装置が無くても、シリンジポンプさえあれば使用できる点では吸入麻酔よりも優れているといえよう。全静脈麻酔は、患者の覚醒の質が良好で、患者満足度や麻酔科医の満足度も高いとされているが、吸入麻酔に比べると、気を付けないといけない点が多い、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラリンジアルマスクを介した揮発性麻酔薬吸入は、非重症疾患患者における術中覚醒の発生率の低下と関連して

・大手術中、特に全静脈麻酔(TIVA)か、または気管挿管による全身麻酔(ETGA)で、重症患者に術中覚醒の発生率増加が報告された。しかしながら、手術中の一般的に健康で非重症疾患患者で、術中覚醒の発生率や、麻酔法が発生率及ぼす効果については、まだ十分な注目がなされていない。 ・2009 年 1 月から 2014 年 12 月にかけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺手術を受けた患者の吸入麻酔と完全静脈麻酔の脳保護効果の比較:系統的レビューとメタ分析

・人工心肺(CPB)による心臓手術を受ける患者において、神経学的機能不全が依然として悲惨な術後合併症であり、これまでの研究では、吸入麻酔と完全静脈麻酔(TIVA)では、これらの患者において脳保護効果の程度が異なることが示されている。そこで、吸入麻酔と TIVA の神経保護効果を比較するために、系統的文献レビューとメタ分析を行った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吸入麻酔および静脈麻酔後の癌手術の転帰:系統的レビュー

・周術期の因子はおそらく、異なる腫瘍学的転帰に必須である。この系統的レビューでは、吸入麻酔(INHA)と完全静脈麻酔(TIVA)による癌手術後の全死亡率と術後合併症に関する文献を調査する。 ・PRISMA ガイドラインにしたがって、癌手術を受けた患者に関する研究で、TIVA を INHA と比較した研究を含む検索が行われた。2 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CABG を受ける成人で吸入 vs 静脈麻酔:RCT の系統的レビューとメタ分析

・研究目的は、:オンポンプ、またはオフポンプ冠動脈バイパス移植術を受ける成人で吸入 vs 静脈麻酔の使用を比較することであった。 ・大学病院での系統的レビュー。Coctrane Central Controlled Controlled Trials(CENTRAL 2016、Issue 10)、MEDLINE、EMBASE、、L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片肺換気中、吸入麻酔剤の呼気終末濃度は、血中濃度を正確に推定できるか?

・吸入麻酔薬の呼気終末濃度は、許容可能な精度で動脈血分圧を推定し、麻酔深度の非侵襲的モニタリングのための標準的ケアある。しかしながら、この関係が、片肺換気中に起こるかなりの生理的擾乱中にも成り立つかどうかは不明である。本研究の目的は、片肺と両肺換気中でイソフルランとセボフルランの呼気終末と血中濃度との関係を調査することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児の麻酔維持に使用される吸入麻酔剤用量の調査

・様々な動物研究は、現在使用されている麻酔薬は発達中の脳に有毒であることを示唆している。多くのレビューでは、麻酔薬の総暴露量を減らすべきであるとしているが、臨床診療で通常使用されているる用量は明らかにされたことがない。研究目的は、非心臓手術と診断処置に際して麻酔を受ける幼児で、麻酔維持時に臨床診療で現在使用されている用量範囲の概要を提供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more