テーマ:マスク換気

正常気道患者におけるマスク換気チェック前後のロクロニウムの早期投与と後期投与を比較する無作為化試験

・全身麻酔導入中は、マスク換気を提供する能力が確認されるまで筋弛緩を遅らせることが一般的な方法である。ただし、このアプローチの利点は科学的に検証されていない。そこで、著者らは正常気道を有する患者で、マスク換気の効率と気管挿管までの時間を調査するためにマスク換気をチェックする前後でロクロニウムの早期と後期投与を比較した。 ・患者(n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩前のマスク換気の確認:麻酔科医の態度と思考に関する全国規模の調査

・筋弛緩薬を投与する前にマスク換気をチェックすることの意義は未だ議論されている。 ・スウェーデンで麻酔科医の診療の調査を行い、最初に挿管を伴う日常的的な導入の一部としてマスク換気試験(MVT)を使用するかどうかを尋ねた(迅速導入または困難気道が予想される場合ではない)。著者らは麻酔科医の態度を一般的な場合と、特別なシナリオで精査し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EO 法は、麻酔筋弛緩下の患者で、初心者による片手でのマスク保持中、EC クランプ法よりも優れている

・バッグマスク換気(BMV)は、確定気道が確保されるまで、および確定気道が困難/不可能であるときまで、患者の酸素化と換気を可能にする。本研究は、マスク保持の EO(拇指と示指がマスクの周りに O 字形を形成する)手法が、古典的な EC クランプ法(拇指と示指がマスクの周りに C 字形を形成する)と比較してより良いマスクシールを提供すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の麻酔導入に際し手動マスク換気時よりも従圧換気時の方が最高気道内圧が低い

・小児患者における全身麻酔導入中のフェイスマスク換気は、低酸素状態と胃への送気を引き起こし、その後の逆流と誤嚥を招く可能性があるため、依然として課題である。これまでのところ、従圧式か、または手動によるフェイスマスク換気のいずれが小児で望ましいかは不明である。著者らは、無呼吸小児で従圧式換気は、手動換気と比較して、同等の呼吸数と 1 回換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイスマスクを用いた陽圧換気中の空気の胃前庭への侵入に及ぼす左傍気管食道に加えられた力の効果

・陽圧換気時に誤嚥や胃前庭への空気吹送のリスクを減少させるために輪状軟骨圧迫が広く適用されているが、その有効性は依然として議論の余地がある。全身麻酔下で待機的手術が予定されている患者でフェイスマスクによる陽圧換気中に胃前庭への空気吹送予防のために、左下傍期間と輪状軟骨レベルでの手動食道圧迫の比較を行った。 ・書面による同意が得られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非脱分極筋弛緩剤は、フェイスマスク換気に影響を与えずに直接喉頭鏡検査を改善する

・麻酔導入中の挿管困難に合併したフェイスマスク換気困難/不可能は、成人麻酔症例の 0.4% で起こり、生命を脅かす合併症につながる可能性がある。このような大参事のために、筋弛緩剤は、この主義の確実な科学的検証なしに適切なフェイスマスク換気を確認した後に投与することが推奨されてきた。 ・本観察研究では、麻酔リスクがなく、挿管困難が予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯のない患者のフェイスマスク換気:下顎溝と下口唇での装着の比較

・歯のない患者では、エアリークによって密閉が不十分なため、フェイスマスク換気が困難になることがある。著者らの目的は、新しいフェイスマスク換気方法としての「下唇」フェイスマスク装着が、標準的なフェースマスク装着よりもエアリークを減らすのに有効かどうかを確かめることであった。 ・人工呼吸器回路システムを用いた両手陽圧換気中のシールとエ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

成人呼吸困難患者におけるマスク換気のための修正顎先拳上法と EC 法との比較

・マスク換気(MV)は基本的な救命処置スキルである。著者らは、MV のための顎先挙上操作を使用し、修正顎先挙上法(MCL)と命名した。EC 法は、MV に使用される最も一般的な方法である。本研究の目的は、呼気一回換気量(TV)の点で、MV に際しての両法の有効性を比較することである。二番目には、著者らはまた、これらの両法の実施に及ぼす経…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻酔下無呼吸成人のマスク換気の効率に及ぼす頭部回転の影響:前向き無作為化クロスオーバー試験

・上部気道閉塞は、全身麻酔導入後によく生じる。これはマスク換気困難の主な原因である。本研究の目的は、頭部回転が麻酔下無呼吸成人のマスク換気の効率を改善するかどうかを調査することであった。 ・大学教育病院単施設での前向きのクロスオーバー研究で、対象患者は、待機的手術に際して全身麻酔を必要とする BMI 18.5~35.0 kg/m2…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

フェイスマスク換気:3 つのテクニックの比較

・フェイスマスク(FM)換気には複数の手法がある。著者らの知る限り、片手 vs 両手の C-E 法を小児と成人で比較した研究はあるが、いろいろな両手法を比較した研究はない。研究の目的は、FM 換気困難をシミュレートし、換気性能を測定するよう意図したモデルで、3 種類の異なる FM 法を使用してマスクシールの有効性を比較するkとであった。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more