テーマ:ラリンジアルマスク

「ラリンジアルマスク」についての MCQ 問題

【問題】 ラリンジアルマスクについての記述で、間違っているのはどれか? a.ラリンジアルマスクの最適カフ圧は 60cmH2O である。 b.ラリンジアルマスクに塗布する潤滑剤としてはリドカインゼリーが推奨されている。 c.ラリンジアルマスクのカフ圧は高いほど、口腔咽頭リーク圧が高くなる。 d.亜酸化窒素を使用した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低侵襲甲状腺副甲状腺手術のための Protector ラリンジアルマスクと気管チューブの比較

・咽頭喉頭症状は、頚部手術後の主な関心事である。Protector LMAは、新しい声門上気道器具である。本研究の主な目的は、LMA Protector の適用により、低侵襲甲状腺全摘術と副甲状腺摘出術後の気管チューブの使用よりも咽頭症状が少ないかどうかを評価することであった。 ・本前向き無作為化比較試験では、2017 年 1 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧に関する研究

・研究の目的は、手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧を調査することであった。 ・2014 年 6 月から 2017 年 5 月までに著者ら施設で全身麻酔を受けた 138 人の小児が登録され、2014 年 6 月から 2014 年 9 月までの 46 人の小児が A 群(20cmH2O 圧群)として選択さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるラリンジアルマスクと気管チューブとの間で術後早期回復を比較:無作為化試験

・ラリンジアルマスク(LMA)挿入は、気管挿管よりも誘発するストレス反応が少ない。腹腔鏡下胆嚢摘出術で、気管挿管と比較して、LMA Protector が術中血行動態の安定性を改善し、術後不快感を軽減するか評価することを目的とした。 ・セボフルランベースの全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた 56 人の患者を LMA(LMA 群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自発呼吸成人手術患者における術後咽喉頭痛に及ぼすラリンジアルマスク内圧測定の効果

・ラリンジアルマスク(LMA)は麻酔に広く使用されており、一般に安全であると考えられている。術後咽喉頭痛(POST)は、LMA の使用後に頻繁に起こる合併症であり、患者にとって非常に苦痛となる。術後咽喉頭痛を軽減する上で 30~32cmH2O の LMA カフ圧を使用することは研究されていない。研究の目的は、LMA カフ圧を 30~32…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ambu AuraGain ラリンジアルマスクによる盲目的挿管の成功率に及ぼす頸部伸展の効果

・声門上気道器具を介した気管挿管には、ファイバーガイドの使用をお勧めするが、盲目的に行うこともできる。声帯のファイバー視野は中立位よりも頚部伸展位の方が優れていたという以前の知見に基づいて、頚部伸展は中立位よりも Ambu AuraGain ラリンジアルマスクを介した盲目的挿管を容易にする可能性があると仮定した。 ・全身麻酔を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブまたはフェイスマスクに対する LMA の利点:メタ分析

LMA が気管チューブ(TT)またはフェイスマスク(FM)を超える利点を提供するかどうかを判断するために、ラリンジアルマスク(LMA)を他の形態の気道管理と比較する無作為化前向き試験でメタ分析を行った。1994 年 12 月までに確認された 858 件の LMA 出版物のうち、52 件が分析基準を満たしていた。P 値を組み合わせるため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスク挿入後の術後咽頭痛頻度低下におけるリドカイン吸入と静脈内デキサメタゾンとの比較

・ラリンジアルマスク挿入(LMA)後の術後咽頭痛(POST)の頻度は比較的高かった。リドカインは疼痛と炎症反応を軽減する可能性がある。さらに、吸入形式は、良好な分布をもたらす可能性があり、し、より良い気道鎮痛と全身効果を最小限とすることができる。研究の目的は、リドカイン吸入 1.5 mg/kg とデキサメタゾン静注 10 mg 後の L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルとラリンジアルマスクを用いた全身麻酔時の覚醒時間と気道反応:多施設無作為化比較試験

・ラリンジアルマスク(LMA)の使用には、気道合併症の回避と麻酔からの迅速な覚醒が不可欠である。この麻酔状況における最適な麻酔薬についてのバイアスリスクが低く、十分に証明能力のある無作為化研究から得られたエビデンスは限られている。レミフェンタニル・ベースの術中鎮痛を使用する場合、デスフルランがセボフルランやプロポフォールと比較して、上気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古典的ラリンジアルマスクの挿入特性に及ぼすセボフルラン、プロポフォール、それら併用の比較評価

・LMA をうまく留置するためには、十分な深度の麻酔が必要である。麻酔が浅いと、開口が不十分、咳込み、体動などのために LMA の拒絶につながり、息止めや気管支痙攣を伴う可能性がある。適切な下顎の弛緩が得られ、LMA に対する患者の反応を防止する用量のプロポフォールの使用は、一般的に低血圧と長時間の無呼吸をきたす。わずかな呼吸器刺激作用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリンジ固有の反動を利用したラリンジアルマスクカフ圧制限の臨床応用

・ラリンジアルマスク(LMA)カフの過膨張は、LMA の使用に関連する多くの合併症を引き起こす可能性がある。カフ圧が 60 cmH2O(44 mmHg)の推奨最大値以下に維持されることを確実にする臨床的に許容可能な(費用効果が高くかつ実用的な)方法はない。著者らは、カフ圧を製造元の推奨値以下に抑える効果的で実用的な方法として、LMA 膨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過体重と肥満患者で ProSeal ラリンジアルマスクの適切サイズ選択のための実体重と理想体重の比較

・ProSeal(R)ラリンジアルマスク(PLMA)は、より良好なカフシールおよび胃排液チューブの存在を提供するという利点を有する。メーカーは、サイズ選択に実体重(ABW)を推奨している。咽頭面積は、肥満指数(BMI)の増加とともに減少する。したがって、肥満患者では、ABW で選択された PLMA はうまく適合しない可能性がある。著者ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスク挿入初回試行に失敗する予測危険因子

・ラリンジアルマスク(LMA)挿入に失敗した場合、喉頭痙攣、低酸素血症、術後咽頭痛のリスクが増加する可能性がある。本研究は、LMA 留置初回試行失敗の危険因子を調査するために実施された。 ・Supreme LMA(Teleflex Medical、上海、中国)を用いた全身麻酔を受ける ASA-PS I~III の合計 461 人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプリームラリンジアルマスクエアウェイで異なるカフ圧の使用を、血圧、シーリング圧、術後有害事象で比較

・Supreme ラリンジアルマスク(SLMA)は、気管チューブの代替物として使用される声門上気道器具(SGA)である。本研究では、主に循環動態反応を見るため、正常カフ圧の SLMA の使用を低カフ圧と比較することを目的とした。 ・本試験では、高血圧と診断され、静脈瘤または鼡径ヘルニア手術が予定されてた 120 人の患者が登録され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困難気道患者の気管挿管:ラリンジアルマスクとブジー vs ビデオ喉頭鏡の使用

・気道管理は安全な麻酔のために不可欠であり、気管挿管は、特に迅速かつ成功裏に行われた場合に、重症疾患患者をよりよく管理できる最も重要な処置である。本研究では、困難気道の患者で、気管挿管成功と挿管指数の質に関して、ブジーを使用したラリンジアルマスク(LMA)経由の挿管法 vs ビデオ喉頭鏡(VL)を比較することを目的とした。 ・本無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルラン、プロポフォール麻酔中のラリンジアルマスク(LMA)挿入麻酔深度の指標としてのエントピー

・麻酔深度の評価は、麻酔診療の基本である。エントロピー測定は、客観的なモニタリングであり、全身麻酔中の鎮痛と催眠レベルを示す反応エントロピー(RE)および状態エントロピー(SE)の 2 種類がある。本研究の目的は、エントロピーをツールとして LMA 留置時の麻酔深度を評価することであった。麻酔深度の指標としてのエントロピーの評価は、循環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扁桃摘出術を受ける呼吸器有害事象リスクのある小児でラリンジアルマスクの深抜去 vs 覚醒抜去

・ラリンジアルマスク(LMA)は、扁桃腺摘出時に広く使用されている。除去時期と周術期呼吸器有害事象のリスクに関しては対照的なエビデンスが存在する。著者らは、周術期呼吸器有害事象のリスクが少なくとも 1 つ以上ある小児で、これらの事象の可能性が、LMA 除去のタイミングに影響されるかどうかを評価した。 ・参加者(n=290、年齢 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔下小児でラリンジアルマスク除去のためのフェンタニル併用デスフルランの最小肺胞濃度

・デスフルランは、麻酔から急速に覚醒する。したがって、麻酔小児のラリンジアルマスクを除去するのに使用できる。著者らは本研究を行って、小児で気道合併症をきたすことなくラリンジアルマスクの除去を可能にするフェンタニル併用デスフルランの最適呼気終末濃度を調査した。 ・眼科手術を受ける年齢 1 歳から 10 歳で、ASA-PS I の 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔下小児におけるラリンジアルマスク除去のための仙骨鎮痛併用デスフルランの最小肺胞濃度

・区域ブロックは、麻酔薬の必要量を減少させることが示されている。本研究は、仙骨ブロックの存在下で小児のラリンジアルマスクを除去するためのデスフルランの最適呼気終末濃度を調査するために行った。 ・臍下手術を受ける年齢 2~10 歳の年齢層で、ASA 分類 I/II の小児22 人本研究に登録された。セボフルランと酸素をマスクで投与し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼球鞘下ブロックによる白内障手術で麻酔小児のラリンジアルマスク除去のためのデスフルランED50

・小児におけるラリンジアルマスク(LMA)の除去に必要なデスフルラン麻酔深度の定量化は、静脈内フェンタニルや仙骨麻酔の併用で行われてきた。本研究は、待機的白内障手術を受ける小児で、仙骨部ロックやオピオイド鎮痛薬を使用しないで、LMA 除去に必要なデスフルランの呼気終末濃度を調査することを目的とした。 ・著者らの研究では、待機的白内…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻酔成人でのラリンジアルマスク除去のためのデスフルランの ED50

・麻酔下成人の 50% でラリンジアルマスクの除去を可能にするデスフルランの呼気終末濃度のこれまでの推定値(ED50)は、2.1%~5.3% の範囲であった。どの値が正しいかを評価するために、著者らは、全身麻酔下で子宮頸癌のために子宮腔内セシウムインプラントを受けた 32 人の女性患者(年齢 30~50 歳)を研究した。 ・プロポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔成人で ProSeal ラリンジアルマスク除去のためのセボフルランとデスフルランの呼気終末濃度

・前投薬されていない麻酔下成人で ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)除去を成功させるための最適呼気終末セボフルランとデスフルラン濃度は決定されていない。著者らは、麻酔下成人の 50% で PLMA をスムーズに抜去するための呼気終末セボフルランとデスフルラン濃度(EC50:患者が「体動」反応を示さない確率が 50% の濃度)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスク Supreme 挿入のための予測呼気終末セボフルラン濃度:前向き観察研究

・単回使用のラリンジアルマスク(LMA) Supreme は新しい声門上気道器具である。臨床現場では信頼性が高く使いやすいとされている。しかし、その挿入に際しての麻酔法は標準化されていない。本研究の目的は、筋弛緩薬を使用せずに LMA Supreme 挿入を成功させるための、呼気終末セボフルラン濃度の ED50 を調査することであった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2 種類のラリンジアルマスクエアウェイの比較研究:Proseal vs Supreme

・施文上気道器具は、正常気道および困難気道の両方において、気管挿管の代替物として機能しうる。LMA Proseal(P-LMA)と LMA Supreme(S-LMA)は、有効な換気器具として機能し、胃排液ポートを提供する。本研究の目的は、効果的な換気と合併症について 2 種類の器具を比較することであった。 ・大学関連の 3 次医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスクを介した揮発性麻酔薬吸入は、非重症疾患患者における術中覚醒の発生率の低下と関連して

・大手術中、特に全静脈麻酔(TIVA)か、または気管挿管による全身麻酔(ETGA)で、重症患者に術中覚醒の発生率増加が報告された。しかしながら、手術中の一般的に健康で非重症疾患患者で、術中覚醒の発生率や、麻酔法が発生率及ぼす効果については、まだ十分な注目がなされていない。 ・2009 年 1 月から 2014 年 12 月にかけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスク挿入を容易にするための低用量ロクロニウムの使用

・この 2 相試験では、ラリンジアルマスク(LMA)挿入を容易にする低用量ロクロニウムの有効性を評価した。 ・第 1 相では、プロポフォール+フェンタニル+亜酸素化窒素で麻酔した 3 群の患者(それぞれ n=10)において、ロクロニウム 100、150、300μg/kg の効果発現時間を決定した。第 2 部では、ロクロニウム 10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスク挿入条件に及ぼす低用量アトラクリウムの効果:無作為化二重盲式臨床試験

・鎮静剤の両や、下顎筋弛緩は、ラリンジアルマスク(LMA)によって引き起こされる合併症に影響を及ぼす可能性がある。本研究の目的は、白内障手術を受ける患者において、プロポフォールによる麻酔導入後の LMA 挿入条件、合併症、LMA 挿入に対する循環動態反応に及ぼす低用量アトラクリウムの効果を評価することであった。 ・本二重盲式無作為…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻酔患者におけるラリンジアルマスク ProSeal の挿入効率に及ぼす筋弛緩薬の効果

・麻酔科医は、しばしばカフサイズが大きいため LMA-ProSealTM(ProSeal)挿入困難に遭遇する。著者らは無作為化臨床試験を行って、麻酔患者で筋弛緩剤投与が ProSeal の挿入効率とシーリング圧にどのように影響を及ぼすかを調べた。 ・成人患者は、筋弛緩薬としてロクロニウム(0.9 mg/kg)を投与されるか(R 群…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩しない麻酔下の患者で指口腔内操作ありとなしの場合の LMA Classic の挿入

・LMA Classic? の標準的な推奨挿入法は、示指を口腔内に挿入する必要がある。麻酔科医によってはこれをやるのを嫌うものもいる。著者らは LMA Classic の標準的な示指挿入法に対して、変法(患者の口に指を挿入する必要がない)を評価するために本研究を行った。 ・本前向き無作為化比較研究は、同意した 200 人の患者につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人における LMA-Unique を用いた 3 種類の異なる挿入法の比較:無作為化試験の結果

・3 つの気道操作挿入法は、LMA のより速い挿入を可能にした。本研究では、ラリンジアルマスク Unique で 3 種類の異なる挿入法を比較した。 ・年齢18~65 歳、ASA I-II患者 182 名を試験に含めた。患者は、標準群、回転群、3 つの気道操作(トリプル)群に無作為に割り振られた。標準群(n=60)では、LMA(ラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more