テーマ:ドプラム

ドキサプラムは、無痛性消化管内視鏡検査中にプロポフォールとフェンタニルの併用によって誘発される低 SpO2 を緩和…

・静脈内プロポフォール麻酔下の痛みのない消化管内視鏡検査は、臨床シナリオで広く適用される。プロポフォールが提供する良好な鎮静と不安の除去にもかかわらず、低 SpO2 も生じる可能性がある。ドキサプラムは、半減期が短い呼吸刺激薬である。本研究の主な目的は、無痛性消化管内視鏡検査中にプロポフォールとフェンタニルの併用によって誘発される低 S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more