テーマ:覚醒時興奮

鼻骨骨折の徒手整復後の成人におけるサクシニルコリンとロクロニウム-スガマデクスの覚醒時興奮の比較:前向き無作為化対…

・スガマデクスは、ロクロニウムによる筋弛緩からの迅速な回復を可能にする。サクシニルコリンはしばしば短時間の手術に使用されるが、筋肉痛、頭痛、ヒスタミン放出、乳酸値の増加に関連している。そこで、サクシニルコリンが覚醒時興奮(EA)に影響を与える可能性があるという仮説を立て、全身麻酔下で鼻骨骨折の徒手整復を受けた患者の EA に及ぼすサクシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬物依存歴のある患者に重点を置いた全身麻酔後の不適切な覚醒の危険因子

・本研究の目的は、全身麻酔後の成人患者と薬物依存患者における覚醒時興奮と低活動性覚醒の両発生率と危険因子を明らかにし、危険因子と彼らのを適切な管理を考案することである。 ・本前向き観察研究では、全身麻酔下に待機手術を受けた成人患者 1136 人を募集した。不適切な覚醒は、Richmond Agitation-Sedation Sc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果:系統的レビューとメタ分析

・ケタミンは、手術や処置を受ける小児の覚醒時興奮の発生率を低下させると考えられている。しかし、最近の無作為化比較試験では、相反する結果が報告された。本研究の目的は、小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果を調査することであった。 ・MEDLINE、EMBASE、CENTRAL のデータベースを創始日から 2019 年 2 月まで体系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスフルラン麻酔は、セボフルラン麻酔と比較して、甲状腺手術を受ける成人患者の覚醒時興奮を悪化させる

・成人の覚醒時興奮に及ぼす揮発性麻酔薬の効果は不明である。甲状腺手術を受ける成人でデスフルラン麻酔とセボフルラン麻酔間で、覚醒字興奮の程度を比較した。 ・ASA-PS I/II の患者 166 人を、デスフルラン群(D 群)とセボフルラン群(S 群)の 2 群に無作為に分けた。フェンタニル(1~2μg/kg)とプロポフォール(1.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻手術後の覚醒時興奮に及ぼす全静脈麻酔 vs 揮発性麻酔維持の効果:無作為臨床試験

・全身麻酔下の鼻手術後、覚醒時興奮がよく見られ、傷害、痛み、出血、自己抜管のリスク増加など、重大な結果を患者にもたらす可能性がある。何十年もの研究にもかかわらず、成人患者での発症率、危険因子、出血の予防に関する研究が進行中であり、吸入および静脈麻酔の異なる効果に関して意見が異なる。研究の目的は、麻酔法が鼻手術後の覚醒時興奮の発生に及ぼす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルラン麻酔下の小児における覚醒時興奮に及ぼすフェンタニルの影響:無作為化比較試験のメタ分析

・このメタ分析研究の目的は、小児のセボフルラン麻酔下でのフェンタニルが覚醒時興奮(EA)に及ぼす影響を評価することであった。 ・著者らは 2014 年 12 月までに出版された論文を電子データベース(PubMed、Embase、Web of Science、Cochrane Central Register of Controll…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more