テーマ:経皮的二酸化炭素

帝王切開分娩に際しクモ膜下モルヒネを投与される女性での経皮的二酸化炭素測定:前向き観察研究

・脊柱管モルヒネは、帝王切開後に最もよく使用される鎮痛法である。呼吸抑制の発生率は、パルスオキシメトリや呼吸数で測定したこの患者集団では非常に低い(0%~1.2%)と報告されている。しかしながら、高炭酸ガス血症は、呼吸抑制のより敏感な尺度である可能性がある。本研究では、帝王切開分娩後鎮痛のためにクモ膜下モルヒネを投与された女性で、2 分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more