テーマ:死亡率

C 反応性タンパク質とアルブミンの比率は、股関節骨折による骨頭置換術を受けた高齢者の死亡率を予測する可能性がある

・術前の C 反応性タンパク質(CRP)とアルブミン値の股関節骨折による手術を受けた高齢患者の死亡率との関係は以前に調査されているが、CRP とアルブミンの比率(CAR)は調査されていない。本研究は、術前の CAR と死亡率との関係を調査することを目的とした。 ・合計 254 人の患者(平均年齢 78.74 歳)を、次のデータを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア、ロンバルディア州の集中治療室における COVID-19 患者の死亡率に関連する危険因子

・COVID-19 の多くは重症であり、集中治療室(ICU)でのケアが必要である。本研究の目的は、イタリアのロンバルディア地域の ICU での治療を必要とした COVID-19 患者の死亡に関連する独立危険因子を評価することであった。 ・この後ろ向き観察コホート研究には、2020 年 2 月から 2020年 4 月 22 日までに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の COVID-19 の重症患者の死亡に関連する要因

・米国は現在、コロナウイルス疾患 2019(COVID-19)の流行の震源地であるが、患者の特徴、治療、COVID-19 ひよる重症疾患の転帰に関する入手可能な国内データはほとんどない。本研究の目的は、死亡に関連する要因を評価し、COVID-19 患者の治療における病院間変動と転帰を調査することでる。 ・この多施設コホート研究では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスとネオスチグミンによる筋弛緩拮抗と非心臓手術後の 90日死亡率との関連

・スガマデクスによる筋弛緩薬の拮抗は、術後残存筋弛緩を減少させることにより術後合併症を軽減することが知られている。ただし、90 日死亡率への影響は不明である。そこで、本研究の目的は、非心臓手術後の 90 日死亡率に関して、スガマデクスとネオスチグミンの効果を比較することであった。 ・本後ろ向きコホート研究は、2011 年から 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢の股関節骨折患者の術後短期および長期死亡率に及ぼす心不全の影響

<ハイライト> ・術後 30 日、60 日、3 ??ヶ月、6 ヶ月、1 年の累積死亡率は、非 HF群でそれぞれ 1.6%、3.6%、5.1%、8.4%、12.9% であり、HF 群では 5.7%、9.5%、12.4%、17.1%、25.2% であった(p≦0.001)。 ・1 年死亡率に影響を与えた要因は、性別(OR、2.10; 9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急手術における死亡率を予測し、患者のケアを改善するための緊急手術死亡率(ESM)スコア

・緊急手術は、高い死亡率と有害転帰を有している。多くの研究が、リスクを層別化し、周術期ケアを改善するために、術後死亡の危険因子を報告している。にもかかわらず、これらのリスク要因に基づく予測モデルが欠落している。著者らは、術後死亡の危険因子を特定し、死亡率を予測し、患者のケアを改善するための新しいモデルを構築することを目指した。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷による死亡率と転帰の予測における米国麻酔学会身体状態分類(ASA-PS)の役割

・改訂外傷スコア(RTS)や外傷傷害重症度スコア(TRISS)などの外傷予測スコアは、死亡率を予測するために使用されるが、併存疾患は含まれない。著者らは、外科手術を受けた外傷患者の死亡率を予測するために、米国麻酔学会身体状態分類(ASA PS)を分析した。 ・この多施設後ろ向き研究では、混合効果ロジスティック回帰を用いた完全な症例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の周術期死亡率に及ぼす術前低ナトリウム血症の影響

・術前低ナトリウム血症は、成人の術後死亡の独立危険因子である。著者らの知る限り、これは小児では調査されていない。 ・2014 年から 2015 年の米国外科学会手術の質改善プログラム-小児(NYSQIP-P)のデータセットから得たデータを使用して、手術を受けた小児の後ろ向き研究を実施した。主要評価項目は、30 日全死因死亡であった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後せん妄は、長期的な日常生活動作の低下と関連している

<このトピックについてすでに知っていること>:術後せん妄はよく見られるが、その長期的転帰についてはは不明のままである <この記事が教えてくれる新しいこと>:登録された患者の約 4 分の 1、平均年齢 80 歳は、主要な待機的かつ緊急の主要な整形外科手術後にせん妄を発症した。2〜3 年後の日常生活動作と 3 年後の死亡率は、ともに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASA の身体状態と 48 時間後の術後死亡率との関連:過去のコホートと比較した現代のデータセット分析

・本研究では、ASA-身体状態(ASA PS)分類と待機的手術および緊急手術の両方について 48 時間死亡率との関連性を大規模現代データセット(2009〜2014 年の患者)で調べ、この関連性を、1970 年に Vacanti らによって発表された画期的な研究からのデータを使って比較した。 ・2009 年 1 月 1 日から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室および院内死亡率との静脈内インスリンとブドウ糖注入の関連:後向き研究

・インスリンとブドウ糖の静脈内注入と集中治療室(ICU)および院内死亡率との関連性を評価した。 ・この後ろ向き的関連研究では、2012 年 1 月から 2017 年 9 月までに内科 ICU に入室した全患者のデータを使用した。24 時間未満、糖尿病性ケトアシドーシス患者、ICU 入室時に治療制限のある患者、再入院は除外した。多変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室に入室した主要な非心臓手術患者における短期と長期死亡率

・この登録簿ベースのコホート研究の目的は、非心臓術後に集中治療室(ICU)に入室した患者を特徴付け、ICU 入室後 30 日、90 日、1 年死亡率に関連する危険因子を特定することであった。 ・2005 年 1 月から 2014 年 12 月までにデンマークの 4 つの首都圏の病院で心臓手術以外の手術から 30 日以内に集中治療室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術中の長期間の昇圧薬のサポートは、死亡率増加の危険因子である

・股関節骨折は、高齢者集団によく見られる外傷であり、高い合併症率と死亡率に関連する。術中低血圧はよく認められ、しばしば昇圧剤(VP)で治療されるが、その程度は不明である。著者らは、股関節部骨折患者の何人が周術期に VP を受けたかと、さらに VP 治療が死亡率増加に関連しているかどうかを調査するために、後ろ向き的に検討することにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高用量の輸血後の罹患率と死亡率

Morbidity and Mortality after High-dose Transfusion. Anesthesiology. 2016 Feb;124(2):387-95. doi: 10.1097/ALN.0000000000000945. ・輸血量の増加は、罹患率と死亡率の増加と関連していることは、十分に認識され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神疾患が術後死亡に及ぼす影響

Influence of Psychiatric Comorbidity on Surgical Mortality Arch Surg. 2010;145(10):947-953. doi:10.1001/archsurg.2010.190 ・5つの既存精神合併症が術後死亡率に与える潜在的影響を調べた。2003年10月1日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more