テーマ:生存率

周術期輸血は、股関節骨折手術を受ける高齢患者の全生存率とは関連していない

・周術期輸血が長期的転帰と関連しているかどうかについては議論の余地がある。本研究は、股関節骨折患者の全生存に及ぼす輸血の効果を評価することを目的とした。 ・この後ろ向き調査は医療センター単施設で実施され、2013 年から 2015 年までに股関節骨折手術を受けた年齢 70 歳以上の患者を登録した。さらに、輸血を受けた患者は、患者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心肺蘇生、除細動、エピネフリン投与の遅延はすべて院内心停止における生存率を低下させる

<このトピックについてすでに知っていること>:目撃された無脈心停止に対する迅速な反応は生存率の増加と関連している。 <この記事が教えてくれる新しいこと>:9 年間で 538 の病院で発生した目撃された無脈心停止の評価は、即時開始のガイドラインにもかかわらず、5.7% の患者で 0 分後に CPR がすぐには行われなかったことを示し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院外心停止後の生存率と長期的予後に及ぼす合併症の影響

・併存疾患の状態は、幅広い疾患を有する患者の罹患率、機能状態ん、生活の質に関連付けられてきた。これまでの研究では、院外心停止(OHCA)前の併存疾患が、心停止後の生存と神経学的回復に及ぼす影響を解明しようと試みたが、その知見は相いれないものである。 ・非外傷性 OHCA 成人患者(年齢 16 歳以上)のビクトリア救急心臓蘇生登録か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more