テーマ:大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査に対する各種鎮静薬の評価

・鎮静と鎮痛は、患者を鎮静させ、患者と内視鏡医が快適に感じるのを助けるために、内視鏡検査の重要な要素である。さまざまな鎮静剤が使用されている。これらは慎重に投与されるべきであり、そして患者は処置中継続的に監視されるべきである。本研究の目的は、大腸内視鏡検査で使用されるさまざまな鎮静薬を評価および比較することであった。 ・大腸内視鏡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸内視鏡検査のための脳波モニタリング下プロポフォール鎮静後、女性の方が男性よりも早く覚醒する

・静脈内プロポフォールを用いた大腸内視鏡検査の鎮静は、多くの西洋諸国で標準となっている。歯科全身麻酔に際して性別に差が示されているが、消化管内視鏡検査に際してのデータは存在しなかった。 ・大腸内視鏡検査を予定された患者総数 219 人(108 人の女性と 111 人の男性)を対象としたハノーバー医科大学の大学教育病院前向き観察研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more