テーマ:糖尿病

2 型糖尿病患者における冠動脈バイパス術後の術直後合併症:前向きコホート研究

・米国および欧州諸国の 2 型糖尿病(T2DM)患者におけるいくつかの研究は、T2DM なしの患者よりも、冠動脈バイパス術(CABG)後の 合併症と死亡のリスクが高いことを示している。インドの患者からのデータはほとんどない。そこで、本研究は、インド人患者における CABG 術直後の術後合併症に焦点を合わせて実施された。 ・待機的 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス移植の合併症率に及ぼす糖尿病の影響

・これまでの研究は、糖尿病(DM)が冠動脈バイパス術(CABG)術後合併症の危険因子であることを示している。DM 患者の血行再建の決定を指南するには、より現代的な研究が必要である。CABG を受けた患者の単施設研究を実施した。 ・非 DM 患者を DM 患者と比較し、入院前に DM をインスリン治療していたかどうかに応じてサブ群化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東南アジアの多民族コホートで心臓手術後の不良転帰に及ぼす民族性と糖尿病の新しい役割の解明

・糖尿病は民族性と心臓手術の不良転帰と関連しているが、東南アジアの多民族コホートで、心臓手術の転帰に及ぼす糖尿病と民族性の両方の影響を研究したは調査行われていない。そこで、本研究は東南アジアの多民族集団で、糖尿病患者の心臓手術後の転帰に及ぼす民族性の関連性を明らかにすることを目的とした。 ・2008 年から 2011 年にかけてシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東南アジアの多民族患者集団における心臓手術の転帰に及ぼす糖尿病の影響

・糖尿病はアジアで急速に増加しており、心臓手術の不良転帰と関連することが示されているが、東南アジアのコホートにおける心臓手術の転帰に及ぼす糖尿病の影響を研究した調査は行われていない。そこで、本研究は東南アジアの多民族からなるコホートで、心臓手術後の糖尿病の予測因子と影響を明らかにすることを目的としている。 ・シンガポールで 200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病のある集中治療室患者における院内合併症:従来型と制限のないブドウ糖投与プロトコルの前後研究

・糖尿病(DM)のある重症患者は院内合併症の危険性が高く、そのような患者に最適な血糖目標は不明のままである。最近、DM 患者に対してより自由度の高い血糖管理アプローチが提案されているが、その合併症への影響に関しては不確実性が残っている。 ・著者らは、DM を有する ICU 患者で、制限のない血糖目標の方が合併症がよく見られるだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前糖尿病管理が待機的手術後の血糖コントロールと臨床転帰に及ぼす影響

・本研究の目的は、術前糖尿病管理が待機手術後の血糖コントロールと臨床転帰を改善できるかどうかを評価することであった。待機手術前の糖尿病治療の重要性に関するデータが不足している。糖尿病はしばしば術前に無視され、後に積極的に治療される。 ・糖尿病患者を特定し、予定手術前に積極的に治療した。プログラム実施の 2 年前と 2年 後の全待機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下肢骨折における糖尿病と治癒転帰:系統的レビュー

・本研究の目的は、糖尿病患者と相応する対照患者群で下肢骨折の手術的固定術後の有害治癒転帰の率をレビューすることであった。 ・データベース創始から 2015 年 7 月 6 日までに公開された研究について、PubMed、MEDLINE、CINAHL、Embase で検索を実施した。各研究から、患者特性と有害治癒転帰事例(非癒合、変形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more