テーマ:静脈血栓塞栓症

大腸癌手術患者における静脈血栓塞栓症の発生率に及ぼす血栓予防効果:メタ分析

・本研究では、結腸直腸癌(CRC)手術患者の静脈血栓塞栓症(VTE)発生率における血栓予防の役割を評価する。 ・電子データベースで文献検索を行い、あらゆる種類の開腹手術または腹腔鏡手術を受けた CRC 患者で VTE の発生率を報告している研究(無作為化比較試験、または前向き/後ろ向きコホート)を選択した。ランダム効果メタ分析を実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の脊柱管麻酔と術後静脈血栓塞栓症との関連 ACS‐NSQIP データベースの傾向適合分析

・脊柱管麻酔は Virchow の三徴の構成要素(凝固性亢進、静脈うっ滞、血管内皮傷害)を改善する。これらは手術患者の静脈血栓症の主要な発症要因である。しかし、脊柱管麻酔が静脈血栓塞栓症(VTE)の発生率を低下させるかどうかは依然として不明である。そこで、脊柱管麻酔が整形外科手術から回復中の成人で 30 日の VTE 発生率を低下させる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北アメリカ登録簿における周術期赤血球輸血と静脈血栓塞栓症との関連

・ますます多くのエビデンスが、生理的止血と病理学的血栓症における赤血球(RBC)の役割を支持している。周術期には通常赤血球が輸血される。しかし、術後血栓症との関連は不明である。本研究の目的は、手術 30 日以内の周術期 RBC 輸血と術後静脈血栓塞栓症(VTE)との関連について検討することであった。 ・この分析は、米国北米の 52…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北米登録簿における周術期赤血球輸血と静脈血栓塞栓症との関連

<キーポイント> ・手術 30 日以内に、周術期赤血球輸血と術後静脈血栓塞栓症との関連はあるか? ・手術を受けた 750937 人の本登録研究では、術前術中または術後の赤血球輸血は静脈血栓塞栓症のリスクが高いことと有意に関連していた。 この関連性の影響は用量依存性であり、関連性は傾向スコアマッチング後も依然として堅牢であった。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more