テーマ:再入院

重症疾患後の高 CRP 値は再入院リスクの増加と関連している

・慢性炎症は、無症状のレベルであっても、長期的な有害事象に関連している。 ・本前向き観察研究では、生存退院時した重症疾患患者 66 名が含まれた。C 反応性タンパク質(CRP)値は、退院時、退院後 1、2、6 週間に測定された。1.5 年間にわたって全患者は、再入院または死亡に至る有害事象が繰り返しスクリーニングされた。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後腹膜腹腔鏡下手術における予期せぬ 30 日再入院率に及ぼす高用量 vs 低用量筋弛緩剤投与の影響

・最近のデータは、高用量のロクロニウムを投与することによって誘発される筋弛緩(NMB)が、特定の処置において術野状態を改善することを示している。しかし、術後転帰に及ぼすそのような診療の効果に関するデータは限られている。著者らは、腹腔鏡下後腹腔内手術の全身麻酔時に高用量と低用量のロクロニウムを投与した患者における予定外 30 日以内再入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児における 30 日術後再入院の発生率と予測因子

・病院への再入院は、再入院に寄与する要因を明確に理解することなく、病院の払い戻しのための品質尺度として使用されている。本研究の目的は、小児における 30 日間の術後再入院の発生率を報告し、再入院の予測因子を特定し、高リスク小児を同定するためのアルゴリズムを作成することであった。 ・米国外科学会の手術の質改善プログラムの 2012-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中非脱分極性筋弛緩剤投与量と腹部手術後 30 日再入院との関連性

・著者らは、術中の非脱分極性筋弛緩薬(NMBA)の投与量は、30 日再入院と関連していると仮定した。 ・3 次医療施設で全身麻酔下に腹部手術を受けた 13122 人の成人患者のデータを、多変量回帰分析により、術中投与 NMBA 用量が、30 日再入院(主要評価項目)と病院の在院期間に及ぼす効果を調査した。 ・臨床医は、シスア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more