テーマ:クモ膜下投与

心疾患患者と非心疾患患者におけるブピバカインとブトルファノールのクモ膜下投与による血行動態への影響の比較検討

・クモ膜下オピオイドと低用量局所麻酔薬の相乗効果により、低血圧を最小限に抑えた信頼性の高い脊椎麻酔(SA)を実現することが可能である。本研究の目的は、心疾患患者と非心疾患患者において、ブトルファノール 25μg を添加した 0.5% ブピバカイン(2mL)の低用量クモ膜下投与による血行動態効果を比較することである。 ・本研究では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下肢手術を受ける患者でクモ膜下フェンタニルの鎮痛作用増強におけるクモ膜下ミダゾラムの有効性

・くも膜下への薬の併用投与はくも膜下ブロックの特性に相乗効果がある。本研究は、フェンタニルの長時間の知覚運動遮断と共に鎮痛持続時間を増強する上でのクモ膜下ミダゾラムの有効性を研究するために計画された。 ・二重盲式試験デザインで、75 人の成人患者を無作為に 3 群に分けた:B 群では 0.5% 高比重ブピバカイン 3 ml、 BF…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more