テーマ:認知症

全身麻酔下の手術と認知症の発症との関係:系統的レビューとメタ分析

・研究の目的は、これまでに発表された疫学研究からのエビデンスを確認および統合することにより、全身麻酔への曝露とアルツハイマー病(AD)および認知症の発症との関連を調査することである。 ・MEDLINE、EMBASE、Google Scholar を検索して、2018 年 4 月までに全身麻酔への暴露後に AD/認知症のリスクを報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮摘出術後の認知症のリスク評価:台湾の国民健康保険研究データベースからの 14年間のデータの分析

・麻酔と手術は高齢者の認知症のリスクを高める可能性があるが、女性の認知症の有病率が高いことやその他のエビデンスは、子宮摘出術を受ける若い女性の認知症のリスクが増加することを示唆している。本研究では、子宮摘出後の認知症のリスクを評価した。 ・2000 年から 2013 年までに国民健康保険研究データベースに登録された子宮摘出術は、後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症とアルツハイマー病の CSF バイオマーカーは、急性股関節骨折後の死亡率を予測する

・急性股関節骨折(AHF)術後の死亡率は高い。認知障害および/または、脳脊髄液(CSF)中のアルツハイマー病(AD)バイオマーカー値の変化は、後向き研究が示すように、AHF 患者の死亡の予測因子となるのか? ・脊椎麻酔で手術を行った 373 人の AHF 患者を含む前向き単施設試験である。認知状態は、臨床認知症評価(CDR)によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における全身麻酔下での手術への曝露と脳磁気共鳴画像の変化

・前臨床研究は、全身麻酔(GA)への暴露がアルツハイマー病(AD)の病理に一致する神経変性を引き起こす可能性があることを示唆している。脳の磁気共鳴画像(MRI)は、脳の構造変化を研究するのに役立つ。GA 下の手術(手術/GA)への曝露は、皮質の浅薄化増長と白質病変の頻度増加に関連しているという仮説を検証した。 ・これは、ベースライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔と認知症の間に関係はあるか?

・長期的な認知能の問題は術後高齢患者によく見られ、吸入麻酔薬が認知症の発症に関与していることが示唆されている。本研究は、認知症患者が認知症のない患者よりも、手術や吸入麻酔薬に多くさらされているという仮説を調査することを目的としている。 ・認知症登録の 457 例と認知症のない対照患者 420 例を用いて、後ろ向き的症例対照研究を実…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麻酔と手術後の認知症のリスク

Risk of dementia after anaesthesia and surgery The British Journal of Psychiatry March 2014 204:248; doi:10.1192/bjp.204.3.248 Chen PL, et al. ・麻酔や手術と認知症の発症との間の関係の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more