テーマ:肝移植

肝移植を受ける患者におけるロクロニウム持続注入後のスガマデクス vs ネオスチグミン

・術後の残存筋弛緩を回避するために、大きな腹部手術の終了時に筋弛緩を急速に拮抗させることが推奨される。これまでのところ、肝移植を受ける患者にロクロニウムを投与した後のスガマデクスの性能を評価した研究はない。これは、同所移植片肝移植を受ける患者のロクロニウム誘発筋弛緩後に、スガマデクス vs ネオスチグミンで得られた神経筋伝達回復時間を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more