テーマ:人工心肺

オンポンプ心臓手術後の術後肺合併症に及ぼす肺開存 vs 従来型周術期換気戦略の効果:PROVECS 無作為化臨床試験

・研究の目的は、周術期の肺開存換気戦略が、待機的オンポンプ心臓手術後の術後肺合併症を予防するかどうかを評価することであった。 ・無作為化多施設共同対照試験で、オンポンプ心臓手術予定の患者を、人工心肺(CPB)時に換気せず、低い周術期呼気終末陽圧(PEEP)レベル(2 cm H2O)を使用する従来型換気戦略か、または CPB 中に換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症低酸素供給の持続時間は、心臓手術後の急性腎障害に関連している

・急性腎障害は、死亡率に関連した心臓手術後の重症合併症である。酸素供給の制限は、急性腎障害の潜在的な危険因子である。本研究の目的は、腎機能に及ぼす人工心肺中の低酸素供給持続時間(<272 mL/min/m2)の影響を調査することであった。 ・冠動脈バイパス移植手術±弁修復術を受ける患者が含まれた(n=1968)。人工心肺中に酸素供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔中の鎮痛と催眠を評価する 3 種類の脳波指数に及ぼす人工心肺下低体温の影響:意識指数、侵害受容指数、バイスペク…

・麻酔深度は、臨床診療では患者の臨床徴候によって一般に評価される。ただし、人工心肺と低体温中には、頻脈、高血圧、発汗、運動といった一般的な侵害受容徴候は、特に侵害刺激を検出する上で、患者の侵害受容と催眠を説明するには感度と特異度が低くなる。人工心肺下低体温中の鎮痛深度のより良いモニタリングは、鎮痛剤、特にオピオイドの過少投与や過量投与を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺心臓手術を受けた患者に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果の比較

・研究の目的は、人工心肺(CPB)による心臓手術を受ける患者の転帰に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果を比較することであった。 ・2015 年 1 月から 2017 年 6 月までに当院で CPB による心臓手術を受ける合計 110 人の患者を無作為に 2 群(n=55)に分けた:A 群では麻酔をセボフルランで維持、B 群で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺回路充填液へのマンニトールの使用 -前向き無作為化二重盲式臨床試験

・成人心臓手術で人工心肺(CPB)回路の最適な充填液はまだ明らかではない。心臓手術におけるマンニトールの役割について明確なコンセンサスがないという事実にもかかわらず、マンニトールは、CPB の回路充填液として広く使用されている。本研究の目的は、CPB 回路充填液におけるマンニトールの効果を調査することであった。 ・本前向き無作為化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺中の異なる換気モードと術後肺機能障害へのその影響との比較研究

・術後肺機能障害は心臓手術後のよくある合併症である。手術自体、ガス交換の異常、あるいは肺メカニクスの変化の結果として、それは多くの考慮するべき要因が存在する。本研究の目的は、人工心肺術中の対照群として無換気群を設定して、従圧換気 vs 従量換気で、術後肺機能障害に及ぼす影響を比較することである。 ・開心術を受ける 66 人の患者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺手術を受けた患者の吸入麻酔と完全静脈麻酔の脳保護効果の比較:系統的レビューとメタ分析

・人工心肺(CPB)による心臓手術を受ける患者において、神経学的機能不全が依然として悲惨な術後合併症であり、これまでの研究では、吸入麻酔と完全静脈麻酔(TIVA)では、これらの患者において脳保護効果の程度が異なることが示されている。そこで、吸入麻酔と TIVA の神経保護効果を比較するために、系統的文献レビューとメタ分析を行った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルランは、人工心肺後の肺機能低下を緩和する

・研究の目的は、人工心肺(CPB)後の有害な肺変化を緩和するセボフルランの可能性を検討することであった。 ・大学病院での待機的心臓手術を受ける患者 190 人を対象とした前向き無作為化臨床試験。静脈麻酔下の 99 人の患者は CPB 離脱後にセボフルラン 1 最小肺胞濃度を 5 分間投与(SEV 群)され、他群の 91 人は、静脈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺中の平均動脈圧が脳合併症に及ぼす影響

・脳梗塞と術後認知機能障害は、心臓手術後のよくある合併症である。さらに、拡散強調磁気共鳴イメージング(DWI)によって検出された無症候性脳梗塞は、心臓手術患者の最大 50% で報告されている。これらの病変の大部分は塞栓に起因するようであるが、他のメカニズムが低灌流を誘発し、結果として組織虚血を引き起こす可能性がある。これまでにいくつかの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺下の心臓弁置換術を受ける患者における腎機能に及ぼすデキスメデトミジンの影響

<ハイライト> ・SOD 活性は、手術後 12 時間、24 時間で Dex 群で有意に減少した。 ・24 時間と 72 時間時点での術後 NGAL 値は、対照群よりも Dex 群の方が有意に低かった。 ・BUN と Cr 値は全患者で有意に増加した。 ・Dex 群の方が AKI 発生率がプラセボ群よりも有意に低かった。 <要旨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心肺バイパス中のセボフルランによる麻酔維持の可能性:予備薬物動態研究

・セボフルランだけを用いた手術麻酔中の催眠の適切な維持を調査した。さらに、人工心肺中のセボフルランの薬物動態を分析した。 ・これは、三次医療大学病院での予備薬物動態研究であった。本試験は、待機的僧帽弁手術を受ける年齢 18 歳から 75 歳の 10 人の患者から成った。人工心肺を含む心臓手術中を通じて、セボフルランの呼気終末および…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術を受ける患者における腎灌流、濾過、酸素化に及ぼす人工心肺の影響

・急性腎障害は、人工心肺による心臓手術後のよく見られる合併症である。著者らは、心臓手術を受ける患者で、腎血流、糸球体濾過率、腎臓酸素消費、腎臓酸素供給/需要関係、すなわち腎臓酸素化(主要評価項目)に及ぼす常温バイパスの効果を評価した。 ・正常な術前血清クレアチニンを有する 18 人の患者が、説明と同意の後に、人工心肺(2.5L分・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more