テーマ:超音波スキャン

股関節または膝関節置換手術を受ける患者の硬膜外麻酔に及ぼす従来型盲目法の補助としての術前超音波:無作為化対照試験

・膝関節置換術および股関節全置換術を受ける患者はほとんどが肥満であり、年齢 50 歳以上で脊椎骨棘形成や脊椎変形があるため、区域麻酔の従来の盲式法はより困難になる。本研究の目的は、膝関節または股関節全置換手術を受ける骨棘のある肥満患者で、技術的な難易度、臨床的有効性、安全性、患者の快適性の観点から、術前超音波スキャンの役割を従来の盲式法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more