テーマ:抗凝固療法

直接経口抗凝固薬を受けている心房細動患者の周術期管理

・意義:直接経口抗凝固薬(DOAC)を使用し、待機的手術や処置を必要とする心房細動(AF)の患者は、よく見られる臨床状況であるが、周術期投与は不明である。 ・研究の目的は、標準化周術期 DOAC 管理戦略の安全性を調査することであった。 ・2014 年 8 月 1 日から 2018 年 7 月 31 日まで、カナダ、米国、ヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母体抗凝固療法における帝王切開術に際しての低侵襲性脊椎麻酔:無作為化対照試験

・妊娠中の抗凝固療法は、母体の凝固亢進に対する意識が高まっているため広く使用されている。これらの分娩における低侵襲性脊椎麻酔の使用を報告した研究はほとんどない。本研究の目的は、帝王切開を受ける抗凝固療法中の妊婦で、低侵襲性脊椎麻酔の安全性と妥当性を評価することであった。 ・これは、抗凝固剤を使用し、待機的帝王切開術を受ける 239…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢動脈疾患における下肢切断には脊椎麻酔か全身麻酔か - 後ろ向きコホート研究

・本研究は、下肢虚血に際して四肢切断術を受ける患者で、麻酔法(脊椎麻酔か、または全身麻酔)が術後鎮痛薬の必要性を低減するのに優れているかどうかを調査することを目的とした。別の目的は、凝固能が異常な場合や、抗凝固剤を使用しているにもかかわらず、麻酔科医が高リスク患者で脊柱管麻酔を使用するかどうかを調査することであった。 ・本研究は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more