テーマ:気管チューブ

気管内カフの膨張圧の改善:軍事医療センターにおけるエビデンスに基づくプロジェクト

・気管チューブカフ圧の管理不良は、全全身麻酔薬の 50% 以上で発生し、気管虚血、気管破裂、喉頭痛、反回神経麻痺、気管狭窄、微小誤嚥、および/または不十分な換気につながる。気管内麻酔による全身麻酔は、世界中でよく見られる方法である。 ・気管チューブのカフには、20〜30 cm H2O の安全で適切な圧まで流体(気体または液体)が充…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児麻酔における適切な気管チューブサイズの推定のための声門下領域の超音波評価

・小児患者における気管チューブ(ETT)の選択は、主に年齢、身長、あるいは体重に基づいた公式によって行われる。著者らは、ETT の外径を予測するための声門下領域の超音波評価を、修正 Cole の式の外径比較した。本研究の目的は、全身麻酔下で外科的処置を受ける小児で、修正 Cole の式に基づくカフなし ETT 選択の妥当性と、声門下径の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児集団での適切サイズのカフなし気管チューブと超音波検査で決定された声門下径との相関

・従来の年齢に基づく公式では、気管チューブ(ETT)の正しいサイズを予測できないことがよくある。本研究では、適切なチューブサイズを調査する際の超音波の有用性を評価し、適切なチューブサイズを予測できる式を導出した。 ・合計 41 人の年齢 2〜6 歳、ASA--PS 1/2、カフなし ETT で全身麻酔下に待機手術を受ける小児が対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術における i-gel vs カフ付き気管チューブ:臨床比較研究

・本研究は、気管チューブと i-gel を以下の点での検証と比較を目的としている。有効性:異なる一回換気量での気腹前後の両器具間のリーク率の差と口咽頭リーク圧の比較:挿入の容易さ:最適な位置決めに必要な試行回数。 ・60人 の患者、ASA I?II が研究に無作為に選択された。全患者に標準的な麻酔法が使用された。次に、i-gel …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブートストラップリサンプリング法を用いた小児気管チューブサイズ公式の導出と検証

・小児のカフなし気管チューブ(TT)の最適サイズを予測するための年齢、身長、体重に基づく公式の正確性は大きく異なっている。インド人小児の TT サイズを予測する際の年齢、身長、体重の正確さを決定し、最良の予測因子を使った式を導出し検証した。 ・導出段階では、全身麻酔とカフなし気管チューブで気管挿管を受ける年齢 1 〜 8 歳の 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児気管チューブサイズの予測:超音波検査測定を使用した声門下径予測 vs 伝統的公式

・小児気道評価は麻酔科医に出された最も挑戦的な課題のままである。超音波検査法の最近の進歩は今や小児気道の正確で記述的な評価を可能にするはずである。研究の目的は、身体指標から気管チューブの外径を計算する伝統的公式と、超音波によって予め決定された外径を比較することであった。 ・気管挿管を必要とする全身麻酔下で様々な待機的手術を受ける、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡手術を受ける患者における LM-Supreme と気管チューブの比較

・一部の国ではラリンジアルマスクが腹腔鏡下手術に広く使用されているが、誤嚥や不適切な換気に関して懸念がある。腹腔鏡下婦人科手術で、LM-Supreme(LM-S)と気管チューブ(ETT)を換気パラメータと胃拡張の観点から比較した。 ・本前向き無作為化二重盲式試験で、患者は 2 群に分けられた:ETT(n=50)と LM-S 群(n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブまたはフェイスマスクに対する LMA の利点:メタ分析

LMA が気管チューブ(TT)またはフェイスマスク(FM)を超える利点を提供するかどうかを判断するために、ラリンジアルマスク(LMA)を他の形態の気道管理と比較する無作為化前向き試験でメタ分析を行った。1994 年 12 月までに確認された 858 件の LMA 出版物のうち、52 件が分析基準を満たしていた。P 値を組み合わせるため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管に適したチューブの深さを推定するための式

・固定に際してのの適切なチューブの深さの推定は、不注意による気管支内挿管や声帯からのカフの脱出を防ぐのに役立つ。妥当な推定式を確立する必要がある。頭部 X 線写真を用いて、上気道の解剖学的長さを口腔経路と鼻経路で測定し、患者の身長から推定式を確立することを試みた。 ・口腔上気道を切歯先端から声帯まで測定した。経鼻上気道は鼻孔の先端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児における頭頸部運動に伴う気管チューブの深さの変化

・気管チューブは、しばしば歯科手術に際しては経鼻的に挿入される。手術中に頭位が時々変化するので、チューブ先端の位置は重要である。頭部の動きは、気管の長さ(t-長)および/または鼻孔と声帯の距離(n-v 距離)の変化を誘発する。本研究では、経鼻気管挿管を行っている小児で、t-長と n-v 距離の変化を調べた。 ・歯科手術を受ける年齢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管を受ける成人の術後咽頭痛を防ぐための気管チューブへのコルチコステロイドの局所適用

・術後咽頭痛は、患者の満足度と回復に悪影響を与える。多数の無作為化試験が、術後咽頭痛を予防するべく気管チューブに塗布されたコルチコステロイドの有効性を検証してきた。 ・著者らは、PubMed、EMBASE、Cochrane Central Controlled Trials、Wanfang Database、China Acade…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフの潤滑化が術後咽頭痛および嗄声に及ぼす影響

・気管挿管を受けた患者では、咽頭痛や嗄声がよくある術後合併症である。本研究では、気管挿管後の 60 人の患者の術後咽頭痛の程度と嗄声の発生率を評価した。 ・全身麻酔と気管挿管を予定された 60 人の患者(ASA PS 1,2)、29 人の男性と 31 人の女性を本研究に登録した。彼らは 3 群に分けられた。噴霧群(n=20)ではリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部での気管挿管患者の適切なカフ圧を得るための LOR シリンジの応用

・気管チューブカフ圧は最適範囲内に保たなければならない。本研究は、救急部の気管挿管患者の適切なカフ内圧を得る際に、10cc の使い捨てシリンジを使用する従来のパイロットバルーン触診法と、Loss of Resistance(LOR)シリンジを使用した受動開放法の有用性を比較した。 ・これは、大学付属教育病院の救急部で行われた、前向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフ膨張に際し受動開放法と最少閉塞量法の比較

・適切な圧での気管チューブカフの膨張は重要な処置である。受動開放法(PRT)は、カフを膨張させるための有用で便利な方法である。今日まで、この方法を、カフ膨張のための最も一般的に使用される方法の 1 つである最少閉塞量法(MOVT)と比較した研究は報告されていない。2 つの方法の有効性、難易度、嗜好性の比較のために本調査を行った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブの適正カフ圧を得るための Perifix LOR(抵抗消失)シリンジの応用

・カフ付き気管チューブ(ET)の管理は、救急医の日常的な診療である。様々なカフ膨張法が使用されているが、カフ膨張またはカフ内圧(ICP)のための方法として文献で確認された標準的な方法はない。抵抗消失(LOR)シリンジは長年使用されており、硬膜外腔に接続される。本研究の目的は、新しい推定法によって得られた実際の ICP を測定することであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフ膨張のためのシリンジを用いた受動開放法の有効性、嗜好度、容易さ

・不適切なカフ膨張は、多くの合併症を引き起こす。従来のパイロットバルーン触診法は、高いカフ圧を検出するには不十分であるが、依然として好まれている。そこで本研究では、気管チューブカフの膨張のための「受動的開放法」と呼ばれる新たな推定法の有効性、嗜好度、使い易さを確認するために本研究を行った。 ・29 人の看護師が、7.5 mm の気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブの推奨カフ圧達成:抵抗消失シリンジをパイロットバルーン触診と比較する無作為化対照研究

・気管チューブカフの膨張不足と過膨張は、患者に重大な害をもたらす可能性がある。安全なカフ圧(20~30 cmH2O)を確立し、維持するための最適な技術は、カフ圧測定器であるが、特に、入手コストと保守によってその使用が制限されている医療資源の限られている場合には、これは広く利用できない。そこで、麻酔担当者は、一般に、安全な気管チューブカフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術を受ける患者における声門上気道器具と気管チューブの比較:系統的レビューとメタ分析

・腹腔鏡手術を受ける患者で、声門上気道器具(SGA)と気管チューブ(ETT)の有効性の比較は、相反する結果をもたらした。そこで、本メタ分析で、著者らは腹腔鏡手術における SGA と ETT 挿入の間で、臨床成績と合併症の発生率を比較した。 ・MEDLINE、EMBASE、Controlled Trials Cochrane中央登録…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

インド成人患者における適切な経口気管チューブの留置長とその可能性のある決定要因

・気管チューブ(ET)の最適な留置長は、その位置異常に伴う合併症のために深刻な懸念事項となっている。研究の目的は、インド成人患者における経口気管チューブの最適留置長とその可能な決定因子、すなわち、身長、体重、前腕長、脊柱長を見出すことであった。。 ・本研究は、全身麻酔と経口気管挿管を必要とする 200 人の ASA I/II の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人における気管チューブ最適挿入長の推定

・気管チューブの最適挿入長を正確に評価することで、気管支内挿管、気道外傷、偶発的抜管などの合併症を予防することができ、患者の安全性に悪影響を及ぼし、合併症率と死亡率の増加につながる。 ・研究の目的は、女性と男性の成人で、身長に応じて気管チューブの最適挿入長を調査することであった。 ・気管挿管を必要とするいろいろな外科手術を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チュウラー公式による気管挿管の適切な留置長の推定

・ETT 先端から気管分岐部までの距離と ETT カフ上端から声帯までの距離が 2cm 以上であれば、理想的な ETT 留置位置であることが示された。 ・研究の目的は、チュウラー式が気管挿管の適切留置長を予測できるかどうかを評価することであった。 ・これは、気管挿管による全身麻酔を受けた 100 人の患者(男性 50 人と女…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小児での気管チューブ留置の適切な深さを決めるためのガイドラインの前向き評価

・研究の目的は、気管チューブ(ETT)の内径に 3 を乗ずる(ETT サイズの 3 倍)のは、小児集団で経口 ETT 留置の正確な深さを決める信頼できる方法であるかどうか調査することであった。 ・大学付属の 12 床の小児集中治療室での、年齢 12 歳未満の経口挿管された小児集中治療室患者を対象とした前向き観察研究である。人口統計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児カフ付き気管チューブの気密封止性能に及ぼす潤滑化の効果

・カフ付き気管チューブ(CTT)の潤滑剤塗布は液体漏れを減少させる。しかし、カフの潤滑剤塗布が空気漏れにどのように影響するかは明らかではない。著者らは、水溶性潤滑剤である K-Y ゼリーによる前処置が、モデル研究における小児 CTT の気密封止性能を改善するという仮説を検証することを目的とした。 ・内径 4.0 と 5.0 mm …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフのゲルによる潤滑化は、誤嚥を減少させる

・流体のリークは、膨張した大容量低圧カフの壁内の長軸方向の折り目に沿って生じる。理論的には、カフを水溶性ゲルで潤滑化すると、カフ壁のチャンネルを埋めることによって誤嚥を防止できる可能性がある。麻酔中の誤嚥は術後肺炎と関連しており、重症疾患時には人工呼吸器関連肺炎を引き起こす。 ・実験室モデル(n=5)と、麻酔患者の前向き二重盲式無…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻酔診療における質の改善 - 細い気管チューブ使用後の咽喉頭痛の発生率

・手術後の咽喉頭痛はよく見られ、多くの要因が原因である。咽喉頭痛の最も高い発生率は、気管挿管を受けた患者で起こる傾向がある。挿管された患者の 14.4% から 50% が、手術直後の時期に、咽喉頭痛と嗄声を訴え、その 3% は 1 週間後にまだ嗄声が続いていた。これは、術後合併症の増加とサービスに対する患者不満足の要因となる。細い気管チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管内チューブとラリンジアルマスクエアウェイのカフ圧の処置者モニタリングを増加させる介入の有効性

・これまでの研究は、気管チューブ(ET) 30cm H2O 以下、ラリンジアルマスク(LMAs)60cm H2O 以下の圧となるようモニターして調整することが、術後の咽頭咽頭合併症の割合を減らすことを示している。 ・このエビデンスベースの診療プロジェクトで、著者らは、多段階介入(部門別の教育と手術室の参照カードと電子麻酔記録へのカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の気管チューブサイズ選択における超音波の役割

・本前向き研究の目的は、小児患者で適正サイズのカフ付き気管チューブを調査する際の超音波の成功率を調査し、その結果を従来の身長を基にした(Broselow)テープと年齢に基づく式によるチューブサイズと比較することであった。 ・年齢 1-10 歳で、アデノイド扁桃摘出術に際し全身麻酔を受けた 152 人の小児を研究に登録した。全参加者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブのカフ注入用シリンジ、こんな製品があったとは!

 麻酔科医が日常的に使用する気道確保用器具として、ラリンジアルマスク(LM)と気管チューブ(TT)は非常に一般的で、使用しない日はないくらいのものだ。ともに空気を注入してカフを膨らませて使用する必要がある。  この時、いずれの器具も推奨されるカフ圧が存在する。ラリンジアルマスクでは、40~60cmH2O、気管チューブでは 20~3…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

最適シーリングのための気管チューブカフ膨張法 4 種類の比較:無作為試験

・研究の目的は、カフ内圧の最適値と挿管関連合併症の有無に基づいて気管チューブカフ(ETTc)膨張の 4 種類の方法の同等適用性を評価することであった。 ・二重盲式無作為化試験。亜酸素化窒素を含まない全身麻酔を受ける予定の成人手術患者 139 名を、ETTc 膨張に使用した方法に従って、4 群のうちの 1 群に割り当てた。各方法で適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最適カフシーリングの観点から見た気管チューブカフ膨張 4 種類の方法の評価

・研究の目的は、手術患者集団で、最適な ETTc シーリング手技を確定することを目的として、指の触診による推定、最小閉塞量、最小リーク法といった気管チューブカフ(ETTc)膨張の 3 種類の一般的な方法と、カフを過膨張させた後にシリンジへエアを逆流させるというあまり利用されていない方法の比較適用性を評価することであった。 ・N2O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more