テーマ:腹腔鏡下胆嚢摘出術

腹腔鏡下胆嚢摘出術中の術中気胸の検出と管理

・全身麻酔中の術中気胸はまれであるが、致命的となる可能性のある合併症である。肺疾患の既往、圧外傷、腹腔鏡手術は、術中気胸を発症するリスクが高まる。徴候はしばしば非特異的であるため、手術中の診断は困難な場合がある。 ・著者らは、待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術中に右気胸を発症した中年男性の症例を報告している。患者には術前評価(ASA 1)時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆嚢摘出術を受ける女性の全身麻酔法と術後回復の質の認識:無作為化二重盲式臨床試験

・最もよく見られる全身麻酔法の 2 つは、全静脈麻酔(TIVA)と静脈/吸入バランス麻酔(BGA)である。これらの 2 つの手法のいずれかが、回復の質に関する患者の認識に影響するかどうかは不明である。本無作為化二重盲式臨床試験の目的は、全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける女性の術後回復の質を評価することであった。TIVA を受けた患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後鎮痛に及ぼす術中リドカイン vs エスモロール注入の効果:無作為化臨床試験

・腹腔鏡下胆嚢摘出術のマルチモーダル鎮痛の一環として、術中リドカインとエスモロールの両方が術後鎮痛を促進する。著者らの目的は、術中オピオイドの使用に挑戦するこれら 2 つの新たな戦略を比較することであった。腹腔鏡下胆嚢摘出術後のオピオイド消費に及ぼす術中エスモロール注入がリドカイン注入よりも劣っていないかどうかを評価することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術における i-gel vs カフ付き気管チューブ:臨床比較研究

・本研究は、気管チューブと i-gel を以下の点での検証と比較を目的としている。有効性:異なる一回換気量での気腹前後の両器具間のリーク率の差と口咽頭リーク圧の比較:挿入の容易さ:最適な位置決めに必要な試行回数。 ・60人 の患者、ASA I?II が研究に無作為に選択された。全患者に標準的な麻酔法が使用された。次に、i-gel …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるラリンジアルマスクと気管チューブとの間で術後早期回復を比較:無作為化試験

・ラリンジアルマスク(LMA)挿入は、気管挿管よりも誘発するストレス反応が少ない。腹腔鏡下胆嚢摘出術で、気管挿管と比較して、LMA Protector が術中血行動態の安定性を改善し、術後不快感を軽減するか評価することを目的とした。 ・セボフルランベースの全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた 56 人の患者を LMA(LMA 群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COPD 有りと無しの患者における腹腔鏡下胆嚢摘出術の転帰

・本研究の目的は腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)後の COPD 患者の転帰を調査することであった。 ・2000 年から 2010 年までに LC を受けた COPD 患者は全員、台湾国民健康保険研究データベースから特定された。COPD および非 COPD 患者集団で入院期間、集中治療室(ICU)在室期間、人工呼吸器と生命維持手段の使用と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術患者でデスフルランとセボフルランの早期回復経過を比較するための RCT

・デスフルランやセボフルランのような薬剤を使用した全身麻酔は、特に外来手術のための早期回復に有益である。本無作為化対照二重盲式試験の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者におけるセボフルランとデスフルランの早期回復経過を比較することであった。 ・腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける ASA I/II 患者を、BIS を用いて、デスフルラン(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者における循環動態変化とその合併症に及ぼす胸部硬膜外麻酔と全身麻酔の効果

・硬膜外麻酔(EA)は、今日、手術的処置と助産に関わる疼痛管理、慢性疼痛に広く使用されている。この種の麻酔は、さまざまなテクニック、生理学的方法、薬理学的方法で行える。本研究の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者で、血行動態変化とその合併症に及ぼす胸部 EA と全身麻酔(GA)の効果を比較することであった。 ・この臨床試験研究は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慢性閉塞性肺疾患患者で腹腔鏡下胆嚢摘出術を脊椎麻酔下と全身麻酔下で比較

・疫学的データは、慢性閉塞性肺疾患の世界的有病率が増加していることを示している。これらの患者は、死亡率および合併症率のリスクが高く、気流に一定の制限がある。慢性閉塞性肺疾患(COPD)のある患者で、腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)を脊椎麻酔下と全身麻酔(GA)下で比較した。 ・2016 年 1 月から 2018 年 1 月まで、全身麻酔…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術における鎮痛剤補助薬としてのデキスメデトミジン注入:無作為化比較試験

・デキスメデトミジン(DEX)は鎮静作用、交感神経遮断作用、鎮痛作用があり、鎮痛を改善し、挿管および気腹に対する循環動態反応を調節し、;オピオイド関連有害事象数を減少させるために補助薬として使用すると有益である可能性がある。本研究の目的は、待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)中に DEX 注入の有効性および安全性を評価することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPI ガイドの鎮痛は、腹腔鏡下胆嚢摘出術に対する術中交感神経反応を鈍くする

・外科性有害刺激は、交感神経活動の増加を伴うストレス反応を生じ、潜在的に周術期転帰に影響を及ぼす。脈波プレチスモグラムに由来する Surgical Pleth Index(SPI)は、疼痛-抗侵害受容バランスを評価するためのツールとして提案されている。全身麻酔中の SPI と自律神経系(ANS)との関係はあまり理解されておらず、SPI …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低圧気腹腹腔鏡下胆嚢摘出術における術野状態に及ぼす筋弛緩の深さの影響:無作為化盲式試験

・研究目的は、低圧気腹(8mmHg)腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)中の筋弛緩(NMB)が術野条件に及ぼす影響を評価し、中等度および高度 NMB を比較することであった。副次的な目的は、高度 NMB 下で実施された低圧気腹 LC の術野条件は、標準圧気腹(12mmHg)LC で提供された術野条件に匹敵するかどうかを評価することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術における術後痛に及ぼする麻酔深度の影響に関する研究:二重盲式臨床試験

・いくつかの研究では、深い麻酔は術後鎮痛に有効であり、鎮静薬の必要度が減少することが示されている。本研究では、腹腔鏡下胆嚢摘出術における術後痛に及ぼす麻酔深度の影響を検討した。 ・この二重盲式臨床試験では、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた 60 人の患者を、低 BIS 指数(L-BIS = 35-44)と高 BIS 指数(H-BIS =…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more