テーマ:THA

寛骨臼周囲骨切り術後の疼痛、オピオイド使用、在院期間に及ぼす早期硬膜外中止の影響

・寛骨臼骨切り術(PAO)は症候性寛骨臼異形成の治療の標準治療である。寛骨臼異形成のために PAO を受ける患者は、硬膜外鎮痛で管理できる術後疼痛がある。本研究の目的は、硬膜外鎮痛の中止のタイミングが疼痛、オピオイド使用、入院期間(LOS)に及ぼす影響を評価することであった。研究の仮説は、術後 1 日目(POD1)での硬膜外カテーテル抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腿骨頸部骨折に対する半関節形成術と人工股関節全置換術:2010~2017 年の合併症率の傾向

・大腿骨頸部骨折(FNF)の最適な治療には依然として議論がある。最近のデータでは、活動的な患者では、人工股関節全置換術(THA)の方が、半関節形成術(HA)と比較して機能的転帰の改善をもたらすことが示唆されている。ただし、これらの治療間の合併症率の経時的傾向は研究されていない。 ・米国外科学会手術の質改善プログラムデータベースを後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回股関節全置換術後の術後尿路感染症に及ぼす膀胱カテーテル法の効果

・膀胱カテーテルは股関節全置換術(THA)後の潜在的な感染源である。そこで、本研究の目標は、THA 患者で、間欠的カテーテル挿入が 留置カテーテル挿入と比較して、術後尿路感染症(UTI)のリスクを低下させるかどうかを調査することであった。 ・大規模医療システム内の 15 病院で THA を受けた患者は、2017 年から 2019 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術を受ける高齢患者におけるクモ膜下ブピバカインおよびブピバカイン+フェンタニルの効果

・研究の目的は、人工股関節全置換術(THA)を予定している高齢患者で、フェンタニルを併用したブピバカインとブピバカイン単独を用いた脊椎麻酔の臨床効果を調査および比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 4 月まで、中国湖北省武漢にある武漢大学人民病院麻酔科での実験的研究で、65 人の高齢患者を無作為に 2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前方股関節全置換術後の回復の質に及ぼす局所浸潤鎮痛の影響:無作為化三重盲式プラセボ対照試験

・局所浸潤鎮痛(LIA)は、一般的に前方全股関節形成(THA)手術で使用される。しかし、その有効性のエビデンスは不足している。プラセボ(0.9% 生食)の注射と比較した場合、0.2% ロピバカインを含む LIA は、Quality of Recovery-15(QoR-15)スコアで測定した、術後日(POD)第 1 日目の患者の回復の質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節形成術を受けた患者の血液流動性に及ぼす術後患者管理鎮痛の影響

・研究の目的は、患者管理鎮痛(PCA)が股関節形成術を受けた患者の血液流動性の改善に寄与するという仮説を検証することであった。 ・脊椎麻酔下に股関節形成術を受けた年齢 60〜75 歳の 120 人の患者を、無作為に PCA 群(n=60)と対照群(n=60)に分けた。PCA 群の患者は、術後 3 日間 PCA を受けた。正中肘静脈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国における人工股関節全置換術後せん妄の発生率に及ぼす麻酔法の影響:国民健康保険請求データを使用した地域住民ベース…

・神経学的合併症に及ぼす麻酔法の効果に関するさまざまな報告がある。韓国で人工股関節全置換術を受けた患者の術後せん妄の発生率に及ぼす麻酔法の効果を推定するために、地域住民ベースの研究が実施された。 ・韓国国民健康保険請求データベースを使用して、2008 年 1 月から 2017 年 12 月までに手術コード「N0711」の請求記録を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の人工股関節全置換術における強化回復プログラムの利害:系統的レビュー

・術後回復機能強化(ERAS)は、患者管理における明らかな進歩である。その実現可能性とその有効性は、高齢者の整形外科ではほとんど分析されていない。この系統的な文献レビューの目的は、関節全置換術中の高齢者における ERAS の実現可能性(従来の ERAS 項目の実現)および効率性(在院日数、合併症率と死亡率)を分析することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前方股関節全置換術後の回復の質に及ぼす局所浸潤鎮痛の影響:無作為化三重盲式プラセボ対照試験

・局所浸潤鎮痛(LIA)は一般的に前方人工股関節置換術(THA)で使用される。しかし、その有効性に関するエビデンスは欠けている。QoR-15 スコアによって測定した、プラセボ(0.9% 生食)注入と比較した場合、0.2% ロピバカインによる LIA は術後 1 日目(POD 1)の患者の回復の質を改善すると仮定した。 ・三次レベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸使用の費用便益分析

・研究の目的は、人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸(TXA)の最適投与計画を確立することであった。 ・スペインの 2 病院での、片側人工股関節全置換術を受ける連続成人を対象とした、多施設二重盲式無作為化臨床試験から得たデータに基づく二次分析で、TXA(2 回投与) vs プラセボを比較した。著者らは TXA の使用(消耗品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術を受けた患者に対する全身麻酔と脊椎麻酔:メタ分析

・人工股関節全置換術(THA)を受ける患者で最適な麻酔法はまだ議論されている。このメタ分析の目的は、THA を受ける患者に対する全身麻酔と脊椎麻酔の有効性を検証することであった。 ・2018 年 1 月に、PubMed、Embase、Web of Science、Cochrane Database of Systematic Re…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術後のマルチモーダル鎮痛の一環としての静脈内 vs 経口アセトアミノフェン

・アセトアミノフェンを含むマルチモーダル鎮痛は、人工股関節全置換術(THA)後の鎮痛にますます普及している。アセトアミノフェンの静脈内(IV)投与は薬物動態学的利点を有するが、臨床上の利点は不明である。著者らは、IV アセトアミノフェンは経口アセトアミノフェンと比較して、運動時疼痛、オピオイド使用量、オピオイド関連の副作用を軽減すると仮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《レビュー》 トラネキサム酸と全人工股関節置換術

これまで当ブログで紹介した記事から、全人工股関節置換術とトラネキサム酸に関連した文献をまとめて紹介する。 米国の THA/TKA を受ける患者におけるトラネキサム酸使用と術後転帰; 有効性と安全性の後ろ向 米国の病院 510 施設で、人工股関節または膝関節置換術を受けた 872416 人の患者を対象とした。トラネキサム酸非投与群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全股関節置換術後の患者管理硬膜外鎮痛 vs 従来型硬膜外鎮痛 - 無作為化試験

・患者管理鎮痛(PCA)は、通常、従来型鎮痛と比較して疼痛管理のためのより良い選択肢と考えられている。 PCA の有益な効果は、多くの研究で評価されている。ただし、結果には一貫性がない。本研究の目的は、全股関節置換(THR)後の患者管理硬膜外鎮痛(PCEA)と、従来型硬膜外鎮痛とを比較することであった。 ・本前向き研究は、三次大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節形成術を受ける高齢患者にとってデキスメトミジンによる術中鎮静効果はプロポフォールよりも優れる

・末梢神経ブロックは、股関節形成術を受ける高齢患者にとって好ましい方法である。デキスメデトミジンによる鎮静は、術後の譫妄(POD)を減少させる可能性がある。本研究の目的は、股関節全置換術を受ける高齢者の末梢神経ブロックの補助療法として、デキスメデトミジンによる術中鎮静作用が POD の有病率を低下させるかどうかを検討することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全股関節形成術を受ける高齢患者の軽いまたは深い全身麻酔の補助としての末梢神経ブロック:無作為無作為化

・全身麻酔と併用した末梢神経ブロックは、股関節形成術を受ける高齢者にとって好ましい麻酔法である。鎮静の深さは患者の回復に影響する可能性がある。そこで、著者らは全股関節置換術を受けた高齢者の短期的回復に及ぼす末梢神経ブロックと術中鎮静の程度の影響について検討した。 ・全股関節形成術を受けた年齢 65 歳以上の患者を、3 群に無作為化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回股関節形成術における経口 vs 静脈内 vs 局所トラネキサム酸投与の比較:前向き無作為化二重盲

・トラネキサム酸(TXA)は、初回全人工股関節形成術(THA)における出血量、ヘモグロビンの減少、輸血の必要性を軽減する効果が実証されている。初回 THA を受ける患者の TXA 投与の最適経路は不明である。本無作為化比較試験の目的は、TXA の経口投与がこれらの患者の静脈内経路または局所経路よりも優れているかどうかを調査することであっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全股関節形成術におけるトラネキサム酸の 2 つの異なる処方の臨床的および機器による評価

・人工股関節形成術(THA)におけるトラネキサム酸(TXA)の使用は、出血量を有意に減少させることができ、多くの臨床的および経済的利点がある。しかしながら、TXA 投与の最適処方に関して合意は得られていない。本研究の目的は、TXA の 2 種類の異なる静脈内(IV)投与法の止血効果を分析し、比較することである。 ・著者らは、股関節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

局所浸潤鎮痛:全人工股関節形成術を受けた患者の 2 年間の追跡調査

・全股関節形成術(THA)後の術後疼痛管理に局所浸潤鎮痛(LIA)が一般的に用いられている。しかしながら、成分薬物の長期的効果は不明である。本研究の目的は、2 年以内に THA を受けた患者で、機能的転帰、生活の質、術後慢性疼痛、有害事象を調査することであった。 ・本研究は以前のより大規模な研究から得たデータの二次分析であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

εアミノカプロン酸は、全股関節および全膝関節形成術後の出血量と輸血両を減少させる

・全股関節および膝関節形成術(THA と TKA)は相当な出血量を伴い、患者はしばしば 1 単位以上の術後輸血を必要とする。この患者集団ではトラネキサム酸が広く研究されてきたが、著者らは、εアミノカプロン酸(EACA)が関節形成術後の出血と輸血を減少させるという仮説を検証した。 ・2014 年 4 月、著者らの退役軍人医療センター…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下で行われた股関節形成術における術後尿貯留の発生率と危険因子

・本研究の目的は、脊椎麻酔下での全股関節形成術(THA)後の術後尿貯留(POUR)の危険因子を調査することであった。 ・脊椎麻酔下に術前導尿カテーテルを行わずに初回の THA を受けた連続患者を、前向きに収集したた施設患者データベースで同定した。全患者を、術後に、症状に基づいた尿貯留と病院技術者が行った膀胱超音波スキャンの使用をモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全股関節形成術のための持続腰部神経叢ブロック後の合併症:後ろ向きコホート研究

・全股関節形成術(THA)における局所麻酔の利点は十分に明らかにされているが、THA に際しての腰部神経叢ブロックの使用に関連する合併症の発生率を示すデータは限られている。著者らの主な目的は、待機的 THA に際しての持続腰部叢ブロックの使用に特に関連した、感染性、出血性、、神経学的合併症の発生率を評価することであった。 ・200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全人工股関節形成術後の痛みに対する外側大腿皮神経ブロックの効果:無作為化盲式プラセボ対照試験

・全股関節形成術(THA)は、よくある手術で、中等度の術後疼痛を伴う。THA に際して、運動機能を損なわない神経ブロックはこれまで明らかにされていない。著者らは、マルチモーダル術後疼痛処方に追加された超音波ガイド下の外側大腿骨皮神経(LFCN)ブロックが、THA 後の術後疼痛を軽減させると仮定した。 ・後方アプローチによる THA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全股関節形成術後鎮痛のための超音波ガイド下腸骨筋膜コンパートメントブロック:2 つのアプローチの比較

・研究の目的は、全股関節置換術後の術後鎮痛に対する超音波ガイド下腸骨筋膜コンパートメントブロック(FICB)の 2 つのアプローチの有効性を比較することであった。 ・北京大学第 3 病院倫理委員会によって承認され、2013 年 10 月から 2014 年 5 月に北京第 3 病院で待機的全股関節置換を受けた 60 例の患者が含まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全股関節形成術後の持続 3 in 1 大腿神経ブロックと関節周囲多剤浸潤との併用療法

・全膝関節全形成術に際しては、持続大腿神経ブロック(CFNB)、局所浸潤鎮痛(LIA)、併用療法を含む様々な術後疼痛緩和方が報告されている。しかしながら、全股関節形成術(THA)の CFNB と LIA との比較研究はない。本研究の目的は、THA 後の CFNB vs LIA の有効性を比較することであった。 ・93 名の THA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全人工股関節形成術後の外側大腿皮神経ブロック:無作為化試験

・末梢神経ブロックは、下肢手術後の疼痛管理のためによく使用されるが、運動ブロックは重大な懸念となり得る。外側大腿皮神経(LFCN)は、腰神経叢から出る純粋な知覚神経である。著者らは、中等度から重度の痛みを伴う患者で、全股関節形成術(THA)後の LFCN ブロックが運動関連疼痛を軽減すると仮定した。 ・THA 後の術後 1 日目、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

全股関節形成術のための低比重 vs 等比重脊椎レボブピバカイン

・股関節形成術(THA)を行うには、側臥位の脊椎麻酔(SA)がしばしば用いられる。低比重局所麻酔薬は、関与する側で増強された長時間の知覚と運動遮断を保証する。本研究の目的は、THA に際し低比重レボブピバカイン溶液を等比重液による術中麻酔有効性を比較することであった。 ・待機的 THA の予定の 40 人の患者を、等比重レボブピバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の股関節形成術を受ける高齢患者に HES 投与は、腎障害の増加と関連していない

・ヒドロキシエチルデンプン(HES)は、手術中の体液量増加を達成するために適用される。しかし、敗血症患者では腎毒性が誘発される可能性がある。同時に、好中球ゼラチナーゼ関連リポカリン(NGAL)と IL-18 は、急性腎障害(AKI)を早期に診断するための重要な指標として示されている。この多施設無作為化二重盲式プラセボ対照試験では、脊椎麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more