テーマ:触診

産科患者の輪状軟骨の同定のための体表ランドマーク触診の有効性:前向き観察研究

・輪状軟骨圧迫を併用した迅速導入は、誤嚥を防ぐために妊娠患者の全身麻酔を導入する際に受け入れられている処置である。専門的介護者による輪状軟骨の位置を特定する精度を評価した先行研究は見つからなかったため、妊婦の輪状軟骨を正しく同定するため、分娩室で、麻酔科上級医師、麻酔レジデント、呼吸療法士(RT)、看護師など、さまざまな介護者の能力を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

触診された腸骨稜間(Tuffier)線の脊髄レベルの超音波評価

・臨床的ランドマークの触診による特定の椎骨レベルの同定は不正確である。本研究では超音波像を使用して、脊柱管技術を受けるように臨床的に体位を取った被験者で、触診された腸骨稜間線が通る椎骨レベルを評価する。 ・研究倫理委員会の承認と書面による同意の後、114 人の成人被験者が、脊柱管ブロック留置するために臨床的体位に座らされた。 1 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

触診を用いた小児の輪状甲状膜の同定精度

・「挿管できない、酸素化できない」というシナリオでは、輪状甲状膜(CTM)の正確な同定が非常に重要である。著者らは、肥満および非肥満の小児で CTM を正確に同定する麻酔科医の能力を調査しようとした。 ・麻酔科医は、年齢 7~12 歳の肥満・非肥満(年齢と性別に対する BMI<95 パーセンタイル)の小児に、紫外線視認不可能なペン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

椎間レベル特定のための超音波イメージング vs 手による触診の精度

・硬膜外鎮痛の有効性は、適切なレベルで硬膜外カテーテルの留置に依存する。所望の椎間レベルを識別するために表面ランドマークを使用する手による触診は、信頼できる方法ではない可能性がある。超音波検査(USG)は別の代替法であるが、訓練を必要とし、処置に要する時間を延長させる可能性がある。本研究の目的は、椎間板レベルを特定する際に超音波(US)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more