テーマ:CRP

全身麻酔下での非心臓手術後の早期 C反応性タンパク質値の予測

・C 反応性タンパク質(CRP)の術後増加の早期検出は術後合併症と相関する。本研究では、全身麻酔下に手術を受ける患者で、術前/術中因子と術後 CRP 値の関係を調査し、術後合併症の予防的管理のために、術後早期 CRP 値の予測モデルの開発と検証を行った。 ・多変量回帰分析を後ろ向き的に実施して、術後日(POD) 1 日目の CRP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症疾患後の高 CRP 値は再入院リスクの増加と関連している

・慢性炎症は、無症状のレベルであっても、長期的な有害事象に関連している。 ・本前向き観察研究では、生存退院時した重症疾患患者 66 名が含まれた。C 反応性タンパク質(CRP)値は、退院時、退院後 1、2、6 週間に測定された。1.5 年間にわたって全患者は、再入院または死亡に至る有害事象が繰り返しスクリーニングされた。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症免疫抑制患者における細菌感染マーカーとしての C-反応性タンパク質の正確性:系統的レビューとメタ

・重症免疫抑制患者における細菌感染を検出するのための有効なマーカーとして C 反応性タンパク質(CRP)の役割をよりよく理解する必要がある。 CRP の高い陰性予測値はまた、免疫能の正常な患者で、敗血症および細菌感染を除外するためにも必要である。しかしながら、免疫無防備状態の宿主における CRP の性能を評価した研究はほとんどない。本研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手術後の CRP の動態

C-Reactive Protein Kinetics After Major Surgery Anesth Analg. 2014 Sep;119(3):624-9. doi: 10.1213/ANE.0000000000000263. ・術後期の敗血症の診断は困難な課題である。C-反応性タンパク質(CRP)などのようなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more