テーマ:婦人科手術

婦人科腹腔鏡検査後の急性術後痛の予測因子の特定

・婦人科腹腔鏡検査後の痛みは軽微であると想定されているが、多くの女性は麻酔回復室(PACU)で術後の予期しない痛みに苦しんでいる。これらの患者を事前に特定することは、効果的な鎮痛にとって重要である。そこで、婦人科腹腔鏡検査後の術後急性疼痛の予測因子を調査しようとした。 ・婦人科腹腔鏡検査を受ける 280 人の患者のデータを分析した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎硬膜外併用麻酔を受ける婦人科患者における術前炭水化物負荷

・術前炭水化物負荷(CHO)はインスリン感受性を改善し、全身麻酔下で術後回復を促進する可能性がある。本研究の目的は、婦人科患者に対する CHO の効果を調査することであった。 ・手術を受ける 58 人の女性患者群を、一晩の絶食(FAST 群)か、または前夜の 400ml と麻酔 2 時間前の 400ml の 800ml の CHO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科手術後の術後疼痛管理の実際とその有効性:三次医療病院での観察研究

・術後疼痛管理の進歩にもかかわらず、患者は中等度から重度の疼痛を経験し続けている。本研究は婦人科手術を受ける患者での術後疼痛管理の戦略、有効性、安全性を評価するために計画された。 ・この観察研究には、2016 年 2 月から 2016 年 7 月までに婦人科手術を受けた術後患者が含まれた。事前にデザインされたデータ収集シートに収集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科疾患のある病的肥満患者(BMI>40kg/m2)の術中術後管理と転帰

・この 20 年間、先進国と発展途上国の両方で肥満の割合が高まっており、この期間に肥満女性の数は約 2 倍になっている(Stevens et al。Popul Health Metr 10(1):33,2002)。肥満は 21 世紀最大の流行病の一つである。この後ろ向き研究の目的は、肥満指数(BMI)が 40kg/m2 を超える極めて肥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術 Apgar スコアは、非腹腔鏡下婦人科手術を受けた高齢患者の 30 日合併症率を予測する

<ハイライト> ・術後 30 日の重症合併症率は 8.6% の患者で観察された。 ・術後合併症に重大な影響を与える唯一の要因は SAS であった。 ・SAS≦6 点は術後 30 日の重症合併症率を予測した。 <要旨> ・本研究の目的は、婦人科疾患手術を受ける年齢 65 歳以上の女性で、術前健康状態指数や術中データが周術期の合併…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科癌患者の手術後の腸機能回復に及ぼすコーヒー摂取の影響:無作為化比較試験

・待機的手術後に発症する麻痺性イレウスは、よく見られる不快な合併症であり、腹腔内術後には避けられないものと考えられている。本研究の目的は、婦人科癌の完全な病期診断手術後のコーヒー摂取が腸管機能の回復を促進するかどうかを調査することであった。 ・本無作為化比較試験では、114 人の患者を術前に、コーヒー摂取 1 日 3 回(n=58…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

婦人科手術後の術後疼痛とオピオイド関連症状に対するパレコキシブの効果

・研究の目的は、主要な婦人科手術後のパレコキシブの鎮痛作用とオピオイド節約効果を調査することであった。 ・これは、術後疼痛に対するパレコキシブ/バルデコキシブ(PAR/VAL)についての多施設無作為化二重盲式プラセボ対照研究からの患者の大規模なサブセット分析である。疼痛の重症度、疼痛の機能との相互作用、オピオイドの使用、オピオイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more