テーマ:プロポフォール

根治的胃切除術後の術後疼痛に及ぼすプロポフォール麻酔とセボフルラン麻酔の効果:無作為化比較試験

・根治的胃切除術後、患者は重度の痛みを経験することがある。いくつかの研究では、プロポフォールの使用が術後疼痛を有意に減少させたと報告されており、他の研究者はこの効果は有意ではないと主張している。そこで、著者らは、プロポフォールによる麻酔が、開腹根治的胃切除術後に疼痛を軽減するのに役立つかどうかを評価することを目的とした。 ・開腹根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールの標的制御注入による麻酔導入の 2 つの方法の比較

・プロポフォールの目標制御注入法による麻酔導入は、患者が意識を失うまで効果部位濃度の段階的増加させる(滴定法)か、または高い効果部位濃度目標を設定し、意識消失時の計算された効果部位濃度を観察すること(標準法)によって達成され得る。意識消失時の推定効果部位濃度が正確である場合、意識消失時の効果部位濃度と意識回復時の効果部位濃度の差は小さく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児口蓋裂手術における筋弛緩を使用しない気管挿管に及ぼすセボフルランとプロポフォールの比較評価

・気管挿管は、全身麻酔の管理中に最も重要かつ不可欠なステップである。口唇裂、口蓋裂、歯槽裂といった変形を伴う小児患者ではなおさらそうである。静脈内(i.v.)導入剤であるプロポフォールは、気道反射に対する強い抑制作用を有し、迅速かつ円滑な導入が可能である。同様に、吸入剤であるセボフルランは、比較的快い匂い、気道過敏性が低く、心臓安定性の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールによる全静脈麻酔とセボフルラン麻酔の回復特性:前向き無作為臨床試験

・歯科医院では、小児歯科処置は、幼い年齢のために非協力的であり得るため麻酔下で行われる。覚醒せん妄(ED)は、全身麻酔からの覚醒後に小児に頻繁に観察される様々な行動障害を伴うが、依然として不明確な現象である。本無作為化比較試験の目的は、セボフルラン(SEVO)麻酔下またはプロポフォールベースの全静脈麻酔(TIVA)のいずれかで全口腔歯科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古典的ラリンジアルマスクの挿入特性に及ぼすセボフルラン、プロポフォール、それら併用の比較評価

・LMA をうまく留置するためには、十分な深度の麻酔が必要である。麻酔が浅いと、開口が不十分、咳込み、体動などのために LMA の拒絶につながり、息止めや気管支痙攣を伴う可能性がある。適切な下顎の弛緩が得られ、LMA に対する患者の反応を防止する用量のプロポフォールの使用は、一般的に低血圧と長時間の無呼吸をきたす。わずかな呼吸器刺激作用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根治的胃切除後の術後痛に及ぼすプロポフォール麻酔とセボフルラン麻酔の効果:無作為化比較試験

・根治的胃切除術後、患者は重度の痛みを経験することがある。いくつかの研究では、プロポフォールの使用が術後疼痛を有意に減少させたと報告されており、他の研究者はこの効果は有意ではないと主張している。そこで、著者らは、プロポフォールによる麻酔が、開腹根治的胃切除術後に疼痛を軽減するのに役立つかどうかを評価することを目的とした。 ・根治的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入をガイドするためのバイスペクトル指数:無作為化対照研究

・全身麻酔導入に際してプロポフォール投与後に頻繁に観察される低血圧が、どの程度プロポフォールの過剰投与によって引き起こされるのかは知られていない。臨床徴候とは異なり、脳波ベースの脳波モニタリングは、催眠薬過量投与を検出し定量化する可能性がある。そこで、著者らは、脳波ベースの脳モニタリングの使用が、プロポフォールによる導入後の低血圧を減少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二酸化炭素補充は、プロポフォールで麻酔をかけたボランティアの上気道を安定化させる

・プロポフォールは、気道上部の拡張筋肉の緊張を損ない、上気道の虚脱を増加させる。前臨床試験は、二酸化炭素がプロポフォールによる呼吸抑制を減少させることを示している。著者らは、二酸化炭素吹送による呼気終末二酸化炭素(PETCO2)の上昇が、気道の虚脱性を拮抗させ(主要仮説)、プロポフォール麻酔に伴うオトガイ舌骨筋筋電図を障害するかどうかを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルラン、プロポフォール麻酔中のラリンジアルマスク(LMA)挿入麻酔深度の指標としてのエントピー

・麻酔深度の評価は、麻酔診療の基本である。エントロピー測定は、客観的なモニタリングであり、全身麻酔中の鎮痛と催眠レベルを示す反応エントロピー(RE)および状態エントロピー(SE)の 2 種類がある。本研究の目的は、エントロピーをツールとして LMA 留置時の麻酔深度を評価することであった。麻酔深度の指標としてのエントロピーの評価は、循環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高炭酸ガス血症はプロポフォール麻酔から覚醒時間を短縮しない:パイロット無作為化臨床試験

・麻酔薬の排泄は、全身麻酔からの覚醒において決定的な要因である。この予備研究では、高炭酸ガス血症は心拍出量と脳血流量を増加させることによってプロポフォール麻酔からの覚醒時間を短縮させると仮定した。 ・合計 32 人の患者を、呼気終末二酸化炭素値:30mmHg(低炭酸ガス血症群)とお 50mmHg(高炭酸ガス血症群)に基づいて無作為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満患者の自発呼吸を可能にするプロポフォール導入時の声門上気道器具挿入を促すセボフルラン最適終末呼気

・肥満患者は困難気道管理に遭遇する可能性が高く、気管挿管を容易にするために声門上部気道器具が採用されている。自発呼吸ありの肥満患者に声門上気道器具を挿入するための最適麻酔濃度は調査されていない。本研究は、筋弛緩せずに肥満患者で、プロポフォールによる導入時に声門上気道器具挿入の許容条件を提供するセボフルランの呼気終末濃度を調査するために計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性はデキスメデトミジン併用下の i-gel 挿入のためにプロポフォール効果部位濃度は女性より高い

・声門上気道器具(SAD)は、自発呼吸患者の気道管理に使用することができ、プロポフォールは、SAD 留置に一般的に適用される。本研究は、デキスメデトミジンと併用した場合の i-gel 留置のためのプロポフォールの標的効果部位濃度(Ce50)中央値に及ぼす性別の影響を評価するために考案された。 ・年齢 18~59 歳で待機的手術を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健常な筋弛緩患者に i-gel を挿入するための最適プロポフォール用量

・プロポフォールは、しばしば i-gel を用いた声門上気道器具の挿入に際して使用される。しかし、i-gel 挿入のためのプロポフォール必要量は、筋弛緩患者においては検討されていない。本研究は、健常筋弛緩患者で i-gel を挿入する際に、異なるプロポフォール用量での循環動態変化と鎮静度を調査するために行った。 ・泌尿器科手術を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動脈瘤性 SAH 手術を受けた患者で麻酔後合併症に及ぼすプロポフォール vs デスフルランの比較

・くも膜下出血(SAH)後の動脈瘤クリッピング手術は、独特の麻酔上の問題をもたらす。しかし、これらの患者における麻酔薬の影響に関するデータは欠けている。本研究は、動脈瘤性 SAH 手術を受ける患者で、麻酔後合併症について、デスフルランをしのぐプロポフォールの優位性を評価することを目的としている。 ・70 人の世界脳神経外科連合グレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール+レミフェンタニル TCI 下で標準化テタヌス刺激に対する瞳孔反応に及ぼす鎮静度の影響

・瞳孔測定は、侵害刺激に対する反応において瞳孔径変動を測定することができる。この技術は、鎮痛と侵害刺激のバランスをモニターするために使用されてきた。全身麻酔下では、瞳孔開大度は投与されたオピオイド量に関連する。本研究の目的は、オピオイドの定量注入で、瞳孔反応がバイスペクトル指数(BIS)によって評価される催眠の深さによって影響を受けるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来婦人科手術患者における術後回復の質に及ぼすプロポフォール維持と比較したセボフルランの効果

<ハイライト> ・外来手術後の回復を改善するために、麻酔の維持として、揮発性麻酔薬と比較してプロポフォールの使用が示唆されている。 ・著者らは、セボフルランと比較して、プロポフォールのほうが回復の質を改善するための良い選択であると判断するエビデンスを見い出さなかった。 ・著者らの結果は、両薬剤が、外来手術に際しての麻酔維持薬として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デキスメデトミジンとプロポフォールが脳血流速度と局所脳酸素化に及ぼす相対的効果:無作為化非劣性試験

・デキスメデトミジンは、脳代謝酸素消費の低下を伴わずに脳血管を収縮させる。したがって、神経学的疾患を有する患者における鎮静剤としてのその安全性は未だに不明である。著者らの主な目的は、脳血流(CBF)速度と脳酸素化に関して、デキスメデトミジンがプロポフォールよりも劣っていないという仮説を検証することであった。 ・2010 年 11 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸内視鏡検査のための脳波モニタリング下プロポフォール鎮静後、女性の方が男性よりも早く覚醒する

・静脈内プロポフォールを用いた大腸内視鏡検査の鎮静は、多くの西洋諸国で標準となっている。歯科全身麻酔に際して性別に差が示されているが、消化管内視鏡検査に際してのデータは存在しなかった。 ・大腸内視鏡検査を予定された患者総数 219 人(108 人の女性と 111 人の男性)を対象としたハノーバー医科大学の大学教育病院前向き観察研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予防的アトロピン投与は、プロポフォールと高用量レミフェンタニルによる麻酔導入の負の血行動態効果を軽減

・プロポフォールとレミフェンタニルによる麻酔導入は、しばしば望ましくない徐脈と低血圧を誘発し、組織酸素化に関する懸念を引き起こす。レミフェンタニルの電気生理学的心臓効果は、アトロピンによって拮抗できる可能性がある。研究の目的は、アトロピンの予防投与が、麻酔導入時のプロポフォールと高用量レミフェンタニルの負の循環動態効果を減弱するかどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長時間片肺換気を伴う肺切除手術後の術後肺合併症、肺/全身性炎症反応を静脈 vs 吸入麻酔で比較

・最近の研究は、肺切除術(LRS)中のハロゲン化麻酔薬の免疫調節性の肺保護的な役割を報告しているが、臨床的な術後肺合併症(PPC)の差については検討していない。本研究の主な目的は、LRS を受ける患者で PPC の発生率に及ぼすセボフルランとプロポフォールの効果を比較することであった。第 2 の目的は、LRS に対する肺と全身の炎症反応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際してのレミフェンタニルを併用したプロポフォール:胎盤移行と導入から娩出までの異なる間隔

・本研究は、帝王切開(CS)時の全身麻酔導入に際してレミフェンタニルを併用したプロポフォール投与について明らかにすることを目的とする。著者らの目的は、麻酔導入から娩出までの異なる間隔(I-D)での母体と新生児の血中薬物濃度に及ぼす影響、ならびに新生児へのその影響を評価することであった。 ・本二重盲式無作為化対照試験では、待機的 C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠疾患を有する高齢患者の心保護作用に及ぼすセボフルラン vs プロポフォール+レミフェンタニルの効果

・非心臓手術を受ける患者、特に冠動脈性心疾患を有する高齢患者において、セボフルランの心臓保護特性については懐疑的である。著者らは、非心臓手術における長期間のセボフルラン吸入は、そのような患者の心筋障害を改善する可能性があると仮定した。 ・これは無作為化前向き研究であった。冠動脈性心疾患を有する 121 人の高齢患者を無作為に 2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール誘発性疼痛に対する蒸気冷却剤スプレーの予防効果:前向き二重盲式無作為化研究

・プロポフォールは注入時痛を引き起こす。静脈閉塞を介したリドカイン前処置が最も効果的な方法であることが知られているが、それでもまだいくらか不便である。著者らは、本研究を実施して、蒸気冷却剤スプレーとリドカイン前処置の効果を比較した。 ・参加者(n=90)を 3 群のうちの1つに無作為に割り付けた。V 群:プラセボ注射とタニケットの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

セボフルラン+レミフェンタニルか、またはプロポフォール+レミフェンタニル麻酔下でのロクロニウム筋弛緩

・著者らは、アジア人集団で、セボフルランか、またはプロポフォール+レミフェンタニル麻酔中の異なる用量のロクロニウムの筋弛緩効果の差を評価するために、多施設共同前向き無作為化研究を実施した。 ・合計 368 人の ASA I-II の患者が登録された。プロポフォール 2.0μg/kg と、レミフェンタニル 0.1μg/kg/分(TI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ABO 血液型が異なる患者群におけるプロポフォール麻酔の効果の比較

・本研究は、血液型が異なる患者群におけるプロポフォール麻酔の効果を調査することを目的とした。 ・胆嚢摘出術、扁桃摘出術、脊髄手術のために準備された患者から合計 72 名の参加者が対象となった。各血液群(A、B、AB、O)は 18 人の参加者を含んでいた。Philips モニターを用いて、平均動脈圧(MAP)、心拍数(HR)、バイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術におけるプロポフォール+レミフェンタニル標的制御注入麻酔からの回復に影響を及ぼす因子

・本研究は、腹腔鏡手術後のプロポフォール+レミフェンタニル標的制御注入による意識回復(ROC)時のプロポフォール効果部位濃度(Ce)に影響を及ぼす因子を分析するために実施した。 ・全身麻酔下で腹腔鏡手術を受けた 112 例の患者に、プロポフォールの目標濃度 3.5μg/ml で投与した。観察者覚醒/鎮静スコアが 1 に達したとき、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールとスフェンタニルは、外科的ストレス反応とは無関係に患者の睡眠の質に影響を及ぼす可能性

・鎮静剤自体が術後睡眠障害の一因となっているかどうかは不明である。診断的消化管内視鏡検査(UGE)は、組織の外傷や疼痛を引き起こす可能性の低いほとんど侵襲性のない処置である。本研究の目的は、ルーチン(鎮静剤なし)の UGE か、または 鎮静剤有りで UGE を受ける患者の睡眠の質を、処置前、1 週間後 1 ヶ月後に評価することであった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいプロポフォール誘導体および麻酔診療への影響

プロポフォール(2,6-ジイソプロピルフェノール)は、麻酔導入のために最もよく使用される静注薬剤である。それはまた、集中治療室と外来患者での両処置時における麻酔維持と鎮静にも使用される。臨床現場でのその成功は、その迅速な効果発現、短い作用持続時間、油性乳濁液に付随する欠点にもかかわらず、副作用が非常に少ないことの結果であった。注入時痛、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール鎮静は、自発呼吸患者の横隔膜活動を減少させる:超音波での評価

・横隔膜は人の最も重要な呼吸筋であり、正常被験者で吸気量と横隔膜運動との密接な関係により、超音波を使用して自発呼吸および鎮静薬注入時の横隔膜活動が研究されている。 ・深いプロポフォール鎮静下で診断的処置を受ける合計 36 人の患者を研究した。超音波測定には、以下が含まれた:横隔膜肥厚吸気終末(TEI)および呼気終末(TEE)。様々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科手術を受ける患者でラリンジアルマスク挿入と昇圧反応に対するセボフルランとプロポフォールの比較

・ラリンジアルマスク(LMA)挿入に際しての麻酔を提供する一般的な方法は、プロポフォールの使用である。しかし、ボーラスプロポフォールは、低血圧、無呼吸、注射時痛といった副作用と関連している。したがって、代替案を探すのに時間が必要である。著者らは、8% セボフルラン肺活量呼吸とプロポフォール吸気による導入特性、LMA 挿入の容易さ、循環動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more