テーマ:プロポフォール

腹腔鏡下肥満症手術におけるセボフルラン吸入麻酔の臨床成績に及ぼす影響

・病的肥満は最も急速に増加している肥満のサブ群の一つであり、高い死亡率と関連しており、毎年 280 万人が肥満が原因で死亡していると推定されている。本研究では、腹腔鏡下肥満症手術(LBS)を受ける病的肥満(MO)患者の臨床転帰に及ぼすセボフルラン(セボ)吸入麻酔の影響を明らかにすることを目的とした。 ・2019 年 11 月から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミマゾラムベースとプロポフォールベースの全静脈麻酔が術後の回復の質に及ぼす影響についての比較無作為化非劣性試験

・研究の目的は、レミマゾラムベースとプロポフォールベースの全静脈麻酔の回復の質(QoR)を QoR-15 スコアで測定し比較検討した。 ・手術室、麻酔回復室(PACU)、病棟における前向きな二重盲式無作為化対照非劣性試験で、観血的甲状腺摘出術を予定している女性患者(n=140、年齢 20〜65 歳)を登録し、レミマゾラム群とプロポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡的経蝶形骨洞下垂体手術施行患者における吸入麻酔と全静脈麻酔の回復の質に対する効果の比較:無作為化比較試験

・内視鏡的経蝶形骨洞下垂体手術は有望な結果を示している。しかし、この手術後の迅速かつ質の高い回復が神経麻酔科医にとって依然として課題である。本研究では、セボフルランによる吸入麻酔を受けた患者とプロポフォールを用いた全静脈麻酔(TIVA)を受けた患者で、経蝶形骨下垂体手術後の回復の質を比較することを目的とした。 ・経蝶形骨下垂体手術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波内視鏡検査時の BIS ガイド下プロポフォール鎮静法

・BIS モニターは脳波データを処理・表示し、麻酔深度を評価するために使用される。本研究では、超音波内視鏡検査(EUS)時の BIS モニターの有用性を後ろ向きに評価した。 ・本研究では、プロポフォールによる鎮静下で EUS を受けた一連の 725 人の患者を対象とした。BIS モニタリングは 364 例で使用され、361 例では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の全身麻酔におけるプロポフォールとセボフルランの比較安全性:無作為化対照試験のメタ分析

・プロポフォールとセボフルランは小児外科手術に最も使用される麻酔薬である。これらの全身麻酔薬の主な副作用は、覚醒時の興奮、術後の悪心嘔吐、術後疼痛である。小児外科手術におけるプロポフォールとセボフルランの安全性を比較した臨床研究は数多くあるが、その結果には議論がある。本研究の目的は、小児の全身麻酔におけるプロポフォールとセボフルランの安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扁桃摘出術における喉頭痙攣の予防におけるプロポフォール vs リドカインの効果:無作為化臨床試験

・喉頭痙攣は扁桃腺摘出術の重要な合併症である。本研究は、扁桃摘出術における喉頭痙攣の予防に対するプロポフォール vs リドカインの効果を比較することを目的とした。 ・本無作為化臨床試験には、組み入れ基準を満たした 102 例の患者が含まれた。患者は、プロポフォール 0.5mg/kg (P 群)か、または 2% リドカイン 1mg/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術を受ける高齢者における麻酔薬と術後せん妄の関連性:プロポフォールとセボフルランの比較

・研究の目的は、脊椎手術を受ける高齢者において、プロポフォールとセボフルランを用いた麻酔後の PODの 発生率を比較することであった。 ・本後ろ向き観察研究では、プロポフォールによる全静脈麻酔またはセボフルランによる吸入麻酔で脊椎手術を受けた年齢 65 歳以上の高齢患者の診療録をレビューした。主要転帰は、プロポフォールおよびセボフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工妊娠中絶患者に対するプロポフォールの深鎮静法における低酸素症の発生と危険因子について

・呼吸抑制は深鎮静法の生命を脅かす有害作用である。本研究では、静脈内麻酔時のプロポフォールによる低酸素症に関連する因子を検討することを目的とした。 ・2019 年 11 月 1 日から 2020 年 6 月 30 日までに上海第十人民病院の外来で無痛人工妊娠中絶を受けた患者 308 名を低酸素症(SpO2<95%)の有無によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸癌手術におけるプロポフォールおよびセボフルランベースの麻酔後の早期および長期転帰:後ろ向き研究

・プロポフォールは免疫抑制を防ぎ、揮発性麻酔薬に比べ周術期の炎症反応が低いとされている。麻酔薬が癌の転帰と関連するかどうかを評価した。 ・単施設で 2016 年から 2018 年までの間に全身麻酔下で大腸癌手術を受けた患者 2616 例(経過追跡終了:2021 年 7 月)について後ろ向きに検討した。患者はプロポフォールをベースと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡手術における麻酔導入時のプロポフォールとロクロニウムの注入痛と回避運動が術後疼痛予後に与える影響:前向…

・個人間の痛みの感じ方はそれぞれ異なる可能性がある。本前向きコホート研究は、婦人科腹腔鏡手術において、麻酔導入時のプロポフォールとロクロニウムの注入痛/回避運動が術後疼痛予後に与える影響を明らかにすることを目的とした。 ・年齢 19〜60 歳の患者計 100 名に麻酔導入に際してプロポフォールとロクロニウムの注射を行った。プロポフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泌尿器科手術を受ける患者におけるレミマゾラムによる全身麻酔後の回復の質:レミマゾラムとプロポフォールを比較した無作…

・レミマゾラムは鎮静作用と催眠作用を有する新しい薬物である。全身麻酔における有効性と安全性に関してプロポフォールに劣らないことが証明されている。しかし、レミマゾラムによる全身麻酔が患者の回復の質という点でプロポフォールより優れているかどうかは、まだ不明である。 ・本研究に登録された患者は、レミマゾラム群とプロポフォール群に無作為に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢 65 歳以上の手術患者におけるプロポフォール導入量と執刀前重症低血圧の関連性

・年齢 65 歳以上の患者を対象に、プロポフォール導入量(mg/kg)と執刀前の重症低血圧(平均動脈圧(MAP)≦55mmHg)の関連を検討することを目的とした。 ・多施設周術期転帰群コンソーシアムに参加する 40 施設での後ろ向き観察で、2014 年 1 月〜 2018 年 12 月に、非心臓非血管手術を受け、気管挿管前の全身麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下手術を受ける女性患者における術後悪心嘔吐軽減のための維持療法としてのプロポフォールおよびプロポフォールとセ…

・術後の悪心嘔吐(PONV)の予防と投与は、麻酔の基本である。麻酔維持にセボフルランとプロポフォールを併用すると、セボフルラン単独と比較して PONV が減少することが分かっている。しかし、腹腔鏡手術後の PONV の発生率について、プロポフォールとプロポフォール+セボフルラン併用とを比較した研究は限られている。そこで、維持薬としてのプ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小児における LMA 除去後の呼吸器有害事象:プロポフォールとセボフルランを比較した無作為化試験

・小児におけるラリンジアルマスクエアウェイ(LMA)の抜去は、呼吸器系有害事象と関連する可能性がある。これらの有害事象の発生率は、麻酔の種類に影響される可能性がある。プロポフォールを用いた静脈麻酔(TIVA)とセボフルランの比較研究は限られており、セボフルランによる導入・維持と比較して、プロポフォールが LMA 抜去時の呼吸器系イベント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慢性片頭痛患者の 6 ヵ月間の追跡調査におけるプロポフォール麻酔が片頭痛発作の疼痛強度と頻度い及ぼす影響:観察研究

・プロポフォールは短時間作用型の静脈麻酔薬で、麻酔導入と維持によく使用される。また、救急病棟で難治性片頭痛発作の治療に麻酔作用をきたさない低用量のプロポフォールが使用され、劇的な効果を上げている。しかし、片頭痛に対するこの薬剤の長期的な有効性に関する情報はほとんどない。この非無作為化前向き観察研究の目的は、片頭痛患者における麻酔後 6 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の心拍変動に対するレミマゾラムとプロポフォールの効果の差

・レミマゾラムの自律神経活動に対する作用は解明されていない。著者らは、麻酔導入時の自律神経活動に対するレミマゾラムとプロポフォールの効果差を検討した。 ・30 名の患者を無作為にレミマゾラム群とプロポフォール群に分け、麻酔導入を行った。麻酔の前後に血行動態と心拍変動の指標を記録した。心拍変動のパワースペクトル密度から低周波パワー(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満指数とプロポフォールの目標制御注入の薬力学:前向き非無作為化比較試験

・著者らの予備調査では、プロポフォール目標制御注入(TCI)中の鎮静値には大きな個人差があった。本研究では、プロポフォール TCI の薬力学的指標に及ぼす肥満指数(BMI)の影響を評価することを目的とした。 ・本前向き非無作為化対照試験は、乳腺腫瘍摘出術を受けた女性患者 175 名を評価した。TCI システム組み込みシュナイダーモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開頭手術時の麻酔維持におけるレミフェンタニルを併用したセボフルラン vs プロポフォールの有効性と安全性:メタ分析

・本研究の目的は、開頭手術を受ける患者において、セボフルラン-レミフェンタニル(SR)とプロポフォール-レミフェンタニル(PR)の吸入麻酔または静脈内全麻としての有効性と安全性をそれぞれ評価することであった。 ・PubMed, ScienceDirect, Embase, Cochrane library, CNKI, Wanfa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮静スコア(Observer'sAssessment of Alertness/Sedation)に基づく調整は、…

・全身麻酔導入時にプロポフォールを単回ボーラス投与すると、低血圧を引き起こす。 ・本研究では、全身麻酔下で待機的手術を受ける ASA-PS I-II の患者 160 名(男性 74 名、女性 86 名、平均年齢 42.4±10.7 歳(範囲:18-60 歳))を対象とした。単純無作為化法により、患者を従来群(n=80;プロポフォー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上皮性卵巣癌の手術において、プロポフォールを用いた静脈内全身麻酔はデスフルラン麻酔よりも生存率が高い:後ろ向きコホ…

・これまでの研究で、麻酔法が癌手術の転帰に影響することが示されている。著者らは、待機的上皮性卵巣癌手術後の麻酔法と患者の転帰との関連を調査した。 ・本研究は、2009 年 1 月から 2014 年 12 月までに上皮性卵巣癌の待機的開腹手術を受けた患者を対象とした後ろ向きコホート研究である。患者は、プロポフォール麻酔を受けたか、デ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

全静脈麻酔におけるレミフェンタニル・プロポフォール混合麻酔の前向き評価:無作為化比較試験

・全静脈麻酔(TIVA)の適用は、吸入麻酔と比較して実用的ではないと考えられている。大方は推奨されていないものの、臨床現場では静脈内麻酔薬の混合が盛んに行われてい。本研究の目的は、 TIVA にレミフェンタニル+プロポフォール混合液(MIXTIVA)を使用することの妥当性を検討することである。 ・ASA-PS I-II で、待機的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳鼻咽喉科および眼科手術を受けた小児患者の覚醒時興奮の発生率および重症度に対するプロポフォールの効果:前向きコホー…

・覚醒時興奮は、全身麻酔後や回復期、特に小児患者によく見られる問題であり、適切かつ適時に対処しなければ生命を脅かす結果になりかねない。近代的な吸入麻酔薬であるセボフルラン、イソフルラン、そしてハロタンの使用でも、覚醒時興奮のよく見られる原因である。現在、プロポフォールの使用は、術後の嘔気嘔吐の予防に加えて、覚醒時興奮を減少させることで受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩の深さが BISガイドによるプロポフォール必要量に及ぼす影響:無作為化比較試験

・深い筋弛緩は、腹腔鏡手術中の手術野の状態を改善するのに有益であると考えられている。手術野の状態が適切であるかどうかは、麻酔科医の麻酔深度の調節に関する判断に影響を与える可能性がある。著者らは、深い筋弛緩が、中程度の筋弛緩に比べて、BIS モニタリング下でのプロポフォール必要量を減少させるかどうかを調査した。 ・待機的腹腔鏡下結腸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斜視手術を受ける小児のラリンジアルマスクエアウェイ Ambu AuraFlexと Ambu AuraOnce の挿…

・斜視手術では、手術中は気道にアクセスできないため、最適な気道管理が重要である。ラリンジアルマスクエアウェイは、眼科手術において気管挿管よりも眼圧を上昇させないという利点がある。本研究の目的は、斜視手術を受ける小児において、Ambu AuraFlex の初回挿入をスムーズに行うために必要なプロポフォールの有効量の中央値を、スフェンタニル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭蓋内動脈瘤手術後の転帰に対する静脈内麻酔と吸入麻酔の比較試験:前向き無作為化対照試験

・頭蓋内動脈瘤頸部クリッピング術の麻酔維持には、静脈麻酔薬と吸入麻酔薬の両方がよく使用されている。著者らは、これらの患者の長期的な神経学的転帰について、一方の薬剤の他方に対する優位性を評価することを目的とした。 ・本前向き評価者盲式無作為化試験は、年齢 18〜65 歳の世界脳神経外科連合グレード I-II のくも膜下出血患者 10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝細胞癌の麻酔手術時の肝虚血再灌流障害保護に対するプロポフォールのメタ解析と系統的レビュー

・現在、中国の肝臓癌死亡者数は、世界の肝臓癌死亡者数の約半分を占めている。肝癌の麻酔手術で最も多い生理的変化は肝虚血再灌流障害(LIRI)である。 ・中国語および英語の医療データベースを、それぞれ中国語、あるいは英語で以下の検索語の併用で検索した:「propofol(プロポフォール)」、「liver cancer(肝癌)」、「an…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の術後認知機能と睡眠の質に及ぼすプロポフォールによる静脈内全身麻酔の影響

・本研究では、高齢者の術後認知機能と睡眠の質に対するプロポフォールを用いた静脈内全身麻酔(TIVA)の効果を観察することを目的とした。 ・2019 年 8 月から 2020 年 8 月にかけて、河北医科大学三次病院で腹部手術を受けた高齢患者 130 例を本研究に登録した。参加者全員を TIVA 群(n=65、プロポフォールを用いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気けいれん療法中の血行動態、発作持続時間、回復に対するプロポフォールおよびプロポフォール-レミフェンタニル併用療…

・本研究では、電気けいれん療法(ECT)を受ける患者において、プロポフォール治療に異なる用量のレミフェンタニルを追加することが、プロポフォール単独と比較して、発作持続時間、血行動態の変化、回復時間などのパラメータに及ぼす影響を評価することを目的とした。 ・本研究は、精神科クリニックで ECT による治療を予定していた年齢 20〜6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール閉ループ標的制御注入の臨床効果の BISモニタリング:無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析

・研究の目的は、BIS による麻酔深度監視下のクローズドループシステムが術中のプロポフォール投与量を削減できるかどうかを調査することである。 ・クローズドループシステム下でのプロポフォール投与量の低減に関する全無作為化比較試験(RCT)を収集し、文献をスクリーニングし、抄録と全文を精読し、参考文献を追跡し、含まれる研究についてデー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人患者の胃内視鏡検査時のプロポフォール導入用量 ED50 に及ぼすリドカインの静脈内投与の効果:無作為化比較試験

・プロポフォールは胃内視鏡検査時に顕著な鎮静効果をもたらす。しかし、胃内視鏡検査時のプロポフォール単独での鎮静は、循環器系および呼吸器系の抑制をもたらす可能性がある。本研究では、プロポフォールを用いた鎮静にリドカインを静脈内投与することで、成人患者の胃内視鏡検査時のプロポフォール導入量の ED50 を減少させる可能性があるかどうかを検証…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more