テーマ:プロポフォール

ドキサプラムは、無痛性消化管内視鏡検査中にプロポフォールとフェンタニルの併用によって誘発される低 SpO2 を緩和…

・静脈内プロポフォール麻酔下の痛みのない消化管内視鏡検査は、臨床シナリオで広く適用される。プロポフォールが提供する良好な鎮静と不安の除去にもかかわらず、低 SpO2 も生じる可能性がある。ドキサプラムは、半減期が短い呼吸刺激薬である。本研究の主な目的は、無痛性消化管内視鏡検査中にプロポフォールとフェンタニルの併用によって誘発される低 S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェンタニルとプロポフォール投与の時間間隔が麻酔導入に必要なプロポフォール用量に及ぼす影響:無作為化対照試験

・プロポフォールによる麻酔導入前のフェンタニルの投与は、プロポフォールの導入量とその副作用を減らして、スムーズな導入を促進するはずである。本研究は、フェンタニルとプロポフォールの投与間隔を変えて麻酔導入に必要なプロポフォールの投与量に及ぼす影響を調査するために計画された。 ・施設倫理委員会の承認の後、全身麻酔下で待機的手術を受ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗てんかん薬の数と種類は、麻酔のプロポフォール投与量に影響する:観察研究

・プロポフォールの投与量と覚醒時間は、抗てんかん薬の使用により影響を受ける。抗てんかん薬の数と種類の麻酔への影響は報告されていない。著者らは、神経疾患患者の歯科治療のための静脈内全身麻酔で、抗てんかん薬の種類と数と、麻酔に必要なプロポフォール投与量と覚醒時間との関係を調査した。 ・静脈内全身麻酔下で歯科治療を受けた神経障害患者 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管支鏡検査中の患者管理鎮静:無作為化対照試験

・患者管理鎮静(PCS)は、早期の回復を促進すると考えられる内視鏡手術の文献的方法である。ただし、気管支鏡検査(FB)での使用に関しては限られたデータしか報告されていない。 ・本研究では、FB 時のプロポフォールによる PCS が、ミダゾラムによる看護師管理鎮静(NCS)と比較して、早期回復を促進し、気管支鏡検査者と患者の満足度が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢 1〜12 歳のプロポフォール麻酔下小児におけるバイスペクトル指数の変動:観察研究

・バイスペクトル指数(BIS)の使用は小児麻酔で広まっているが、プロポフォール麻酔下の小児の年齢に応じて BIS がどのように変化するかを詳細に評価しようとした研究はほとんどない。本前向き研究は、BIS 値とプロポフォール麻酔下の 1〜12 歳の小児の年齢との正確な関係を調査することを目的としている。 ・本研究では、麻酔下で手術を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺癌切除術を受けた患者における肺機能、MMP‐9、術後認知能に及ぼすセボフルランとプロポフォール麻酔の効果の比較

・肺機能、マトリックスメタロプロテイナーゼ-9(MMP-9)、術後認知能に及ぼすセボフルランとプロポフォール麻酔の効果を、左肺下葉の単純切除術を受けた患者で比較した。 ・後ろ向き的方法を用いて 2016 年 10 月から 2017 年 10 月までに大連医科大学第二病院で左肺下葉の単純切除により治療した 58 例の肺癌患者を分析し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺心臓手術を受けた患者に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果の比較

・研究の目的は、人工心肺(CPB)による心臓手術を受ける患者の転帰に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果を比較することであった。 ・2015 年 1 月から 2017 年 6 月までに当院で CPB による心臓手術を受ける合計 110 人の患者を無作為に 2 群(n=55)に分けた:A 群では麻酔をセボフルランで維持、B 群で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウムの効果発現時間に及ぼすプロポフォール注入速度の影響

・プロポフォールの投与、特に急速投与は、患者の心拍出量を様々な程度に低下させる。心拍出量は、神経筋接合部内の有効薬物濃度の増加に影響を及ぼし、筋弛緩薬の効果発現時間に影響を及ぼし得る。本研究は、プロポフォールの異なる注入速度が、患者の心拍出量とロクロニウムの効果発現時間に及ぼす影響を調査することを目的とした。 ・合計 90 人の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔中の鎮静後のプロポフォールと比較したデキスメデトミジンの精神運動回復: 無作為化対照試験

・精神運動の早期回復は、運動と知覚の協調を脳が統合することに依存しているる日帰り手術の不可欠な部分である。デキスメデトミジンが日帰り手術によく使用されていても、回復経過は研究されていない。そこで、本研究は、脊椎麻酔時にデキスメデトミジンで鎮静した場合の、精神運動回復を評価するために計画された。 ・66 人の患者が含まれた。D 群は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全静脈内麻酔 vs デスフルラン麻酔による肥満症手術後の疼痛と悪心:二重盲式無作為化比較試験

・肥満患者の最適な麻酔に関してエビエンスに基づいた知識は限られている。研究の目的は、プロポフォールによる静脈内麻酔 vs デスフルラン麻酔を受ける患者で、周術期と術後転帰を調査し比較することにより肥満症手術を受ける患者のための最適な麻酔アプローチを評価することであった。 ・非大学関連の一次紹介センターで、2016 年から 2017…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニル注入による全身麻酔導入中のプロポフォールとチオペンタールの血行動態効果の二重盲式比較

・プロポフォールは一般的に全身麻酔(GA)導入に際してレミフェンタニルと一緒に使用される。しかし、それはしばしば低血圧をきたす。術中低血圧は術後有害事象と関連している。対照的に、チオペンタールはプロポフォールと比較して血行動態に対する陰性変力作用が少なく、これは GA 導入中の低血圧を予防するのに適している可能性がある。 著者らは、今回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子宮鏡検査に際して静脈内麻酔で低用量スフェンタニルに併用したプロポフォールの ED50

・スフェンタニルはオピオイドとして良好な薬力学的および薬物動態学的特性を有しており、通常子宮鏡検査または治療手術に際して静脈内麻酔薬としてプロポフォールと同時投与される。しかしながら、低用量スフェンタニルと同時投与する場合のプロポフォールの最適用量はまだ確立されていない。本研究は、低用量スフェンタニルに併用したときの静脈内麻酔用のプロポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の術後認知機能障害に及ぼすプロポフォール、デキスメデトミジン、ミダゾラムの効果:無作為化比較

・術後認知機能障害(POCD)は、特に高齢患者において、手術後の重症の合併症である。麻酔法は POCD の潜在的に修正可能な危険因子である。本研究では、脊椎麻酔下で股関節または膝関節置換術を受けた高齢患者で POCD に及ぼすデキスメデトミジン、プロポフォール、ミダゾラム鎮静の効果を評価した。 ・本研究は前向き無作為化対照予備試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後急性腎障害の発生率に及ぼすセボフルランベースまたはプロポフォールベースの麻酔の効果:後向き傾向ス

・プロポフォールは虚血性急性腎障害(AKI)から保護するのに役立つ。ただし、このトピックに関する研究はまばらである。本研究は、プロポフォールベースの全静脈麻酔(TIVA)を受けた患者とセボフルランベースの吸入麻酔を受けた患者との間で肺切除術後の術後 AKI の発生率に差があるかどうかを調査することを目的とした。 ・三次医療病院単施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵、落花生、大豆または他のマメ科植物に対してアレルギーを持つ小児におけるプロポフォールの使用

・プロポフォールは、小児の麻酔薬として最も一般的に投与されている静脈内投与薬である。しかしながら、乳化調製物は、卵、落花生、大豆、他のマメ科植物に対してアレルギーを有する小児において安全ではないかもしれないという懸念がある。免疫学的に確認された卵、落花生、大豆、マメ科植物のアレルギーを持ち、プリンセスマーガレット小児病院で 2005 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の意識喪失に際してのプロポフォールの ED95 に及ぼすレミフェンタニルとミダゾラムの効果

・高齢者は初期分布容量の減少とプロポフォールに対する感受性の増加のためにプロポフォールによって引き起こされる血行動態的不安定性に対してより脆弱である。ミダゾラムやレミフェンタニルは、それらのプロポフォールとの相乗効果または相加効果、健忘性および交感神経刺激の遮断のためにしばしば同時投与されうる。しかしながら、オピオイドやベンゾジアゼピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児<3 歳の手術で他の全身麻酔薬と比較したプロポフォールの評価:系統的レビューとメタ分析

・よく知られている利点にもかかわらず、プロポフォールは、3 歳未満の小児における使用についてはエビデンスが不十分なために、この集団での全身麻酔に関して多くの国で適応外のままである。本研究は、既存の無作為化臨床試験の系統的レビューとメタ分析を通じて、手術を受ける 3 歳未満の小児で他の全身麻酔薬と比較したプロポフォールの有効性および安全性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術におけるプロポフォールを用いた全身麻酔導入後の循環動態変動の予測:後ろ向き的コホート研究

・プロポフォールは、全身麻酔導入のためのよくある麻酔薬であるが、時には、導入/挿管中に血行動態の変動が顕著である。本研究の目的は、血行動態の変動増加に及ぼす影響要因を決定し、血行動態の変動を防ぐためにプロポフォールの投与量を迅速に決定するする予測式を確立することであった。 ・この後ろ向き的コホート研究患者(n=2097)は年齢 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来手術と入院手術で全身麻酔維持のためのプロポフォール vs 吸入麻酔剤:系統的レビューとメタ分析

・プロポフォールによる麻酔維持が吸入麻酔剤よりも有利、有益であるかどうかは不明である。本研究は、全身麻酔を維持する上で、プロポフォール vs 吸入剤が患者関連転帰と患者満足度に及ぼす効果を比較することを意図している。 ・1985 年 1 月 1 日~2016 年 1 月 8 日までの PubMed、EMBASE、Cochrane …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術後の制御性 T 細胞に及ぼすセロフルラン麻酔 vs 等効力のプロポフォールの効果

・制御性 T 細胞表面に発現した酵素であるクラスター分類(CD) 39 と 73 は、免疫細胞を抑制することによって癌の再発と転移を促進する。著者らは、プロポフォールの方が揮発性麻酔薬よりも免疫抑制性が低いと仮説した。本無作為化試験の目的は、乳癌手術中のプロポフォールとセボフルランによる麻酔中の制御性 T 細胞上の CD 39 と 73…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール・ベースの全静脈麻酔が胃癌に及ぼす影響:後ろ向き研究

・プロポフォールベースの全静脈麻酔(TIVA)を用いたいくつかの種類の癌手術は、セボフルランベースの吸入麻酔(INHA)よりも良好な転帰を示すことが示されている。しかしながら、この麻酔法の効果は、胃癌患者では調査されていない。本研究で、著者らは、胃癌切除を受ける患者で麻酔法の選択と全生存期間との間の関連性を後ろ向き的に調べた。 ・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

デキスメデトミジンまたはプロポフォール鎮静時の軽度閉塞性睡眠時無呼吸症患者における上気道開存率の比較

・プロポフォールに加えて、デキスメデトミジンは、区域麻酔を必要とする処置における術中鎮静のための適切な代替物である。しかし、これまでのところ、各薬剤の上気道開存性への影響についてはほとんど知られていない。そこで、著者らは、軽度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者において、デキスメデトミジンあるいはプロポフォールによる鎮静の間で、上気道閉塞の発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開術後の嘔気予防のためのプロポフォールの使用:二重盲式無作為化偽薬対照試験

・嘔気嘔吐は帝王切開時によく見られ、望ましくない症状である。著者らは、脊髄硬膜外併用麻酔下の帝王切開術時に、分娩後嘔気嘔吐の予防と即時治療のためのプロポフォールの制吐特性を評価するために、本研究を行った。 ・脊髄硬膜外麻酔下で待機的帝王切開を受けた 80 人の女性を無作為化して、臍帯クランプ直後に、プロポフォールの血漿濃度 100…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

くも膜下出血後の脳血管攣縮に及ぼす麻酔薬の効果:後ろ向き研究

・脳血管攣縮は、動脈瘤クリッピング後の術後早期合併症の最も重要な原因である。この後ろ向き研究の目的は、プロポフォールまたはデスフルランを使用した場合に、血管攣縮の発生率が異なるかどうかを評価することであった。 ・患者 102 名(プロポフォール群 50 名、デスプルラン群 52 名)のデータを分析した。手術後 14 日間の毎日の経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の全膝関節形成術で術後痛に及ぼすデキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静

・脊椎麻酔下での全膝関節形成術を受ける患者で、著者らはデキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静の術後鎮痛効果を比較した。著者らは、デキスメデトミジンによる鎮静は、プロポフォールよりも術後のオピオイド鎮痛剤消費量を低下させるであろうと仮定した。 ・48 名の患者を登録し、デキスメデトミジン群(n=24)[デキスメデトミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節形成術を受ける高齢患者にとってデキスメトミジンによる術中鎮静効果はプロポフォールよりも優れる

・末梢神経ブロックは、股関節形成術を受ける高齢患者にとって好ましい方法である。デキスメデトミジンによる鎮静は、術後の譫妄(POD)を減少させる可能性がある。本研究の目的は、股関節全置換術を受ける高齢者の末梢神経ブロックの補助療法として、デキスメデトミジンによる術中鎮静作用が POD の有病率を低下させるかどうかを検討することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根治的胃切除術後の術後疼痛に及ぼすプロポフォール麻酔とセボフルラン麻酔の効果:無作為化比較試験

・根治的胃切除術後、患者は重度の痛みを経験することがある。いくつかの研究では、プロポフォールの使用が術後疼痛を有意に減少させたと報告されており、他の研究者はこの効果は有意ではないと主張している。そこで、著者らは、プロポフォールによる麻酔が、開腹根治的胃切除術後に疼痛を軽減するのに役立つかどうかを評価することを目的とした。 ・開腹根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールの標的制御注入による麻酔導入の 2 つの方法の比較

・プロポフォールの目標制御注入法による麻酔導入は、患者が意識を失うまで効果部位濃度の段階的増加させる(滴定法)か、または高い効果部位濃度目標を設定し、意識消失時の計算された効果部位濃度を観察すること(標準法)によって達成され得る。意識消失時の推定効果部位濃度が正確である場合、意識消失時の効果部位濃度と意識回復時の効果部位濃度の差は小さく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児口蓋裂手術における筋弛緩を使用しない気管挿管に及ぼすセボフルランとプロポフォールの比較評価

・気管挿管は、全身麻酔の管理中に最も重要かつ不可欠なステップである。口唇裂、口蓋裂、歯槽裂といった変形を伴う小児患者ではなおさらそうである。静脈内(i.v.)導入剤であるプロポフォールは、気道反射に対する強い抑制作用を有し、迅速かつ円滑な導入が可能である。同様に、吸入剤であるセボフルランは、比較的快い匂い、気道過敏性が低く、心臓安定性の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールによる全静脈麻酔とセボフルラン麻酔の回復特性:前向き無作為臨床試験

・歯科医院では、小児歯科処置は、幼い年齢のために非協力的であり得るため麻酔下で行われる。覚醒せん妄(ED)は、全身麻酔からの覚醒後に小児に頻繁に観察される様々な行動障害を伴うが、依然として不明確な現象である。本無作為化比較試験の目的は、セボフルラン(SEVO)麻酔下またはプロポフォールベースの全静脈麻酔(TIVA)のいずれかで全口腔歯科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more