テーマ:ビデオ喉頭鏡

正常気道患者の気管挿管に対するエアウェイスコープと McGrath MAC ビデオ喉頭鏡

・より良い喉頭像を提供し、挿管困難を容易にするために、様々なビデオ喉頭鏡(VL)が開発されている。本研究の目的は、挿管時間と挿管の容易さに関して、2 種類のVL、Pentax AWS と McGrath VL を比較することであった。 ・待機的手術に際して気管挿管を必要とした年齢 19~65 歳の ASA-PS ?・?の患者 14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡検査のための新しいスコアリングシステムの開発と予備評価

麻酔法、困難度、合併症の明確な記載は、特に気道管理の分野における良好な麻酔診療の重要な部分である。ビデオ喉頭鏡を使用した挿管を Cormack & Lehane の点でのみ記述する現行の慣行は、無益で最悪の危険にさらされている。Cormack & Lehane スコアがビデオ喉頭鏡による挿管を記載するのに不十分であることに取り組むために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡は、肥満患者の困難気道に対しては古典的喉頭鏡よりも外傷性が少ない

この報告では、気道確保困難な肥満患者の麻酔管理とビデオ喉頭鏡検査のメリット、特に挿管中の歯牙損傷の危険性の低減について述べている。49 歳の女性(肥満指数:BMI、36kg.m(-2))は、胆石症のために待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける予定であった。患者の肥満および術前測定基準(Mallampati 分類 IV、切歯間距離 2.9cm、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SARI スコアとグライドスコープビデオ喉頭鏡に基づく新しい困難気道管理アルゴリズム

・El Ganzouri リスク指数(EGRI)スコアが 7 であることと、グライドスコープによる喉頭展開が困難となる状態とは、非常に予測的な判断閾値となる。そこで、著者らは、EGRI とグライドスコープTMを基にした新しい困難気道アルゴリズムが全ての患者において気管挿管を可能にすると仮定した。 ・ビデオ喉頭鏡による挿管の訓練をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡の利点と欠点

現在、ビデオ喉頭鏡はさまざまな種類が市場に投入されており、それぞれの器具毎に独自の利点と欠点がある。しかし、またビデオ喉頭鏡全般に共通した利点と欠点もある。 ビデオ喉頭鏡のどこが良いかと問われれば、とにかく「今まで直接喉頭鏡では見えなかったものが見える。」ということに尽きるであろう。しかし、利点はそれだけにはとどまらない。見たいも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管困難症の SARI 多変量リスク指数の予測値:グライドスコープ ビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡

・挿管困難に対する El-Ganzouri リスク指数(EGRI)の予測値は、参照標準としてマッキントッシュ喉頭鏡を用いて評価されている。グライドスコープビデオ喉頭鏡は声門の視覚化を改善する。著者らは、ビデオ喉頭鏡を参照標準として用いた EGRI の予測値を研究した。 ・マッキントッシュ喉頭鏡(ML、n=994)とビデオ喉頭鏡(V…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡による気管挿管の方法

直接喉頭鏡で気管挿管を行う場合には、喉頭鏡ブレードの挿入と気管チューブの挿入の全てが直視下で実施されるが、チューブガイドが存在しないグライドスコープや、C-MAC、McGarth などのビデオ喉頭鏡を使用する場合には、喉頭鏡ブレードの挿入と気管チューブの挿入のそれぞれを、直接視と間接視を交互に併用しながら行う必要がある。 「口腔(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡による気管挿管中の軟口蓋損傷

・ビデオ喉頭鏡は、挿管において優れた視覚化を提供するために人気を博してきた。この技術のまれな合併症は軟口蓋損傷である。文献レビューと症例シリーズを通じて、著者らは、グライドスコープと McGrath ビデオ喉頭鏡に関連するリスク、および軟口蓋損傷の管理について明らかにする。 ・診療記録の多施設レビューの症例シリーズを実施し、ビデオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:ビデオ喉頭鏡の「ブラインド・スポット」とは?

直接喉頭鏡を使用して気管挿管を行う場合、喉頭鏡ブレードを口腔底に沿って進めていくと、次第にブレードの先端が見えなくなって行く。しかし、声門が確認できた後、気管チューブを挿入していく過程で、チューブの先端が気管か食道に入るまでは、先端が視界から消失することはほとんどない。 これに対して、ビデオ喉頭鏡を使用して気管挿管を行う場合、気管…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Q:ビデオ喉頭鏡とは?

直接喉頭鏡を使用して声門を直視するには、視点が口腔外にあるために、口腔軸、咽頭軸、喉頭軸がほぼ一直線になっていなくてはならない。 そのためには、通常、対象者の頭頸部をいわゆる「スニッフィング・ポジション」にする必要がある。頭の下に枕を置いて頭部を拳上し、下位頸椎を前屈することにより、咽頭軸と喉頭軸をほぼ一直線とし、さらに下顎を突き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熟練者と初心者の職員によって、7 種類のビデオ喉頭鏡とマッキントッシュ喉頭鏡との比較

・ビデオ喉頭鏡は、しばしば「予期された」困難気道のために取っておかれているが、それにより合併症の全体的な割合が高くなる可能性がある。 ・著者らは、65 人の麻酔科医、麻酔科の 67 人のレジデント、56 人の救急隊員、65 人の医学生が、7 種類の器具(古典的なマッキントッシュ喉頭鏡、エアトラックTM、Storz C-MACTM、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経口気管挿管成功におけるビデオ喉頭鏡の役割についての系統的レビュー

・本研究の目的は、経口気管挿管における現代のビデオ喉頭鏡の有効性に関する文献を整理し、推奨される外部基準に従って品質評価を行い、使用の推奨を行うことであった。 ・包含基準には、ヒト被験者に関する最近の研究を含めた。合計 980 件の記事が最初の検索で返され、65 件の追加項目が引用文献を使用して特定された。調査基準を満たさない記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グライドスコープビデオ喉頭鏡による気管挿管のための 2 つのスタイレット角度の臨床的比較

・研究目的は、グライドスコープビデオ喉頭鏡(GVL)と気管チューブ(ETT)とは反対向きに 60 度または 90 度の角度を付けて装填したスタイレットを使用して、62 秒以内に経口気管挿管の成功を比較することであった。 ・大学病院の手術室予定無作為化試験で、経口気管挿管による全身麻酔を必要とする待機的手術を受ける、ASAーPS I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

McGrath ビデオ喉頭鏡を用いたルーチン気管挿管のためのスタイレット角度形成

・McGrath ビデオ喉頭鏡(VL)は優れた喉頭鏡像を提供するが、気管チューブを導くことは困難であり、従ってスタイレットのルーチン使用が推奨される。本研究の目的は、挿管時間(TTI)を比較することにより、McGrath VL を使用する場合のスタイレットの適切な角度(60° vs 90°)を調査することである。 ・待機的手術のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人気道管理における C-MAC ビデオ喉頭鏡の現在のエビデンス:文献レビュー

C-MAC ビデオ喉頭鏡は、最初のマッキントッシュタイプのビデオ喉頭鏡である。1999 年にオリジナルバージョンのビデオマッキントッシュシステムが登場して以来、このデバイスは数回改造されている。C-MAC デバイスのユニークな特徴は、同じデバイスで直接喉頭鏡とビデオ喉頭鏡の 2 つの選択肢を提供できることである。入手可能なエビデンスによ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頸部固定患者の代替挿管法 vs マッキントッシュ喉頭鏡:無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析

・頸椎固定は、気管挿管条件を悪化させる。様々な挿管器具がこの条件下で試験されている。それらの相対的有用性は不明なままである。 ・著者らは、MEDLINE、EMBASE、Cochrane Library を検索し、頸椎固定したヒト被験者でなんらかの挿管用具とマッキントッシュ喉頭鏡とを比較した無作為化比較試験を検索した。主要評価項目は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡用のマッキントッシュ喉頭鏡ブレードは、正常気道を有する患者でスタイレット使用を減らす

・直接喉頭鏡による気管挿管のほとんどは、スタイレット入り気管チューブでは行われないが、間接喉頭鏡では、スタイレットと共に使用することが推奨される。最近、スタイレット入り気管チューブとビデオ喉頭鏡に関連した合併症のいくつかの報告があった。本研究では、著者らは待機的手術に際して気管挿管を受ける患者で、3 種類のビデオ喉頭鏡:グライドスコープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者の生存率に及ぼすビデオ喉頭鏡の効果:無作為化比較試験

・多くの蘇生シナリオには、傷病患者を支援するための緊急挿管の使用が含まれる。新しいビデオでガイドした気道管理法が利用可能であり、この手技による患者へのリスクを最小限に抑える可能性がある。 ・これは、大学付属の都市病院の外傷診療室で行われた臨床対照試験で、緊急気道管理を必要とする 623 人の一連の成人患者を、前向きに無作為に、直接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症疾患患者の緊急気管挿管時のビデオ喉頭鏡使用の影響

・ビデオ喉頭鏡(VL)は、直接的喉頭鏡(DL)と比較して、喉頭鏡視野を改善し、待機的手術室および模擬的気管挿管De成功率を改善することが示されている。しかし、重症疾患患者患者の緊急気管挿管(UEI)での、DL と比較した VL の有効性に関するデータは限られている。著者らは、経験の少ない術者によって行われた重症患者の UEI 時に、最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡との比較 - ICU患者での初回経口挿管成功

<ポイント> 質問:初回挿入成功率が改善するという矛盾したエビデンスがあるにもかかわらず、ビデオ喉頭鏡を集中治療室(ICU)の気管挿管に使用すべきか? 所見:ICU における気管挿管に際してのビデオ喉頭鏡は、従来の直接喉頭鏡検査と比較して初回通挿入功率は改善しなかった(それぞれ 67.7% vs 70.3%)。 意義:ビデオ喉頭鏡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡検査は、緊急および重症患者の挿管の転帰を改善しない - 無作為化比較試験の系統的レビュー

・緊急患者および重症患者の挿管の転帰に及ぼすビデオ喉頭鏡の影響についての大きな論争がある。この系統的レビューとメタ分析は、ビデオ喉頭鏡検査が緊急および重症患者における挿管の転帰を改善できるかどうかを調査するために計画された。 ・著者らは、データベースの創始から 2017 年 2 月 15 日まで、Cochrane Central …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

既知の困難気道を有する患者での熟練麻酔科医によるビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡検査:系統的レビュー

・経験豊富な麻酔科医は、気管挿管が困難または失敗した場合に直面することがある。著者らは、困難気道がある患者を管理する熟練麻酔科医によって、ビデオ喉頭鏡が利点を発揮するかどうかを示す文献があるかどうかを確認するために、系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・著者らは、2017 年 1 月 1 日までの PubMed、MEDLINE、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小耳症学童小児でのビデオ喉頭鏡可用性がファイバー挿管に及ぼす効果

・気道が正常または困難な小児患者の挿管時にビデオ喉頭鏡の人気が高まるにつれて、挿管困難のための従来のゴールドスタンダードとされていたファイバ補助気管挿管があまり使用されなくなる可能性がある。小耳症の学童小児コホートは、挿管困難の危険性が高いのであるが、著者らはビデオ喉頭鏡導入の前後で、気道管理テクニックの使用を評価することを目的とした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管を必要とする成人患者のためのビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡:Cochrane 系統的レビュー

気管挿管困難はよく発生し、患者の安全に影響を与える。この系統的レビューは、ビデオ喉頭鏡が、直接喉頭鏡検査と比較して、成人の挿管失敗と合併症を減少させるかどうかを評価する。 ・2015 年 2 月まで CENTRAL、MEDLINE、Embase and clinicaltrials.gov を検索し、前後の引用追跡を実施した。喉頭…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡検査における声門視野の 3 種類のスコアリングシステムの正確さ、評価者内/評価者間信頼性

・気管挿管における喉頭鏡視野の正確かつ再現性のある記録は、麻酔診療の重要な一面である。直接喉頭鏡検査では視線によって達成された視界が気管挿管の容易さに直接関係するが、これとは異なり、ビデオ喉頭鏡の場合は、視野は良好だが挿管は困難または不可能な状況となることがある。これを次の麻酔科医に伝えることが重要である。 ・著者らは、3 種類の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日常的な気道管理でのマッキントッシュ、グライドスコープ、エアトラック、キングビジョン喉頭鏡の比較

著者らは、チューブガイド付きキングビジョンとエアトラック の使用は、正常な気道を有する患者で気管道挿管の時間を、マッキントッシュやグライドスコープ喉頭鏡と比較して短縮すると仮定した。 ・198 人の患者を、マッキントッシュ(N=22)、グライドスコープ(N=21)、エアトラック(N=21)、キングビジョン(N=22)喉頭鏡のいずれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more