テーマ:ビデオ喉頭鏡

小児におけるビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡の比較:無作為化臨床試験のネットワークメタ分析による系統的レビューのランキング

・ビデオ喉頭鏡は成人患者の気管挿管を改善するが、小児でも同様に有益であるかどうかは現在のところ不明である。そこで、小児における気管挿管の有効性と安全性について、ビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡の比較を行うために、このランキング形式の系統的レビューを企画した。 ・2021 年 1 月 27 日に PubMed およびその他5つのデータベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の気管挿管におけるビデオ喉頭鏡検査と直接喉頭鏡検査の比較:コクラン系統的レビューとメタ分析の最新版

・気管挿管は一般的に行われる手技であるが、合併症や患者への危害につながる可能性がある。ビデオ喉頭鏡検査(VL)は、マッキントッシュ直接喉頭鏡検査(DL)と比較して、このリスクを減少させる可能性がある。このレビューでは、成人における VL と DL のリスクとベネフィットのプロファイルを評価する。 ・2021 年 2 月 27 日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の気管挿管におけるビデオ喉頭鏡とマッキントッシュ直接喉頭鏡の比較:ランキング形式の系統的レビューとネットワーク…

・ビデオ喉頭鏡は、マッキントッシュ直視型喉頭鏡と比較して、声門視野を改善し、気管挿管を容易にすると考えられている。しかし、麻酔を受けるほとんどの患者において、どちらが最適な選択となるかは、現在のところわかっていない。著者らは、異なるビデオ喉頭鏡とマッキントッシュ直接喉頭鏡のランキングを行うために、ネットワークメタ分析を用いたこの系統的レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人のビデオ喉頭鏡検査後の気道困難警告を予測するモデル - VIDIAC スコア

・ビデオ喉頭鏡下気管挿管の難易度を分類するモデルは、まだ確立されていない。VIDIAC(videolaryngoscopic intubation and difficult airway classification)研究は、困難なビデオ喉頭鏡気管挿管に関連する変数に基づくものを開発することを目的としている。 ・耳鼻咽喉科手術または…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者のビデオ喉頭鏡ガイド下気管挿管におけるランプ体位とスニッフィング体位の比較:前向き無策化研究

・直接喉頭鏡検査を受ける肥満患者の気管挿管にはランプ体位が推奨されている。しかし、ビデオ喉頭鏡ガイド下挿管においてランプ体位の使用が有益であるかどうかは、依然として不明である。本研究では、病的肥満患者を対象に、ランプ体位とスニッフィング体位でビデオ喉頭鏡を用いた挿管時間を評価した。 ・病的肥満患者(n=82;肥満指数≧35kg/m…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

経鼻気管挿管における McGrath ビデオ喉頭鏡とマッキントッシュ喉頭鏡の比較:系統的レビューとメタ分析

・McGRATH ビデオ喉頭鏡をルーチンに使用することで挿管成功率が向上する可能性があることが示された。また、経鼻気管挿管にビデオ喉頭鏡を使用することの利点も示された。しかし、経鼻気管挿管における McGrath ビデオ喉頭鏡の使用効果に関する確かなエビデンスはこれまで報告されていない。そこで、口腔顎顔面手術で経鼻気管挿管を行う成人患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気道確保が困難と予測されない肥満患者におけるビデオ喉頭鏡による声門可視化と挿管成功に及ぼす頭位の影響:前向き無作為…

・全身麻酔で手術を受ける予定の患者には、麻酔を維持するために挿管が必要である。挿管を成功させるために最も重要なステップの 1 つは、頭部と頸部を適切に配置することである。スニッフィング位、頭部伸展位、頭部中立位は最もよく知られ、使用されている頭頸部位である。本研究の目的は、手術予定の肥満患者で、McGrath MAC ビデオ喉頭鏡(VL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡を用いた気管内挿管における最適な気管チューブ湾曲法:無作為化比較試験

・ビデオ喉頭鏡は声門可視化の問題を解決するが、気管チューブの形状が不均一な場合、チューブを声門口まで到達させることが困難である。本研究では、ビデオ喉頭鏡補助気管挿管を受ける患者において、異なるチューブ形状が初回通化成功(FPS)率に及ぼす影響を比較することを目的とした。 ・全身麻酔を受け、気管挿管が必要な年齢 18 歳以上の患者 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

McGRATH MAC, C-MAC, マッキントッシュ 喉頭鏡が非眼科患者の眼圧に与える影響の比較:前向き無作為…

・本前向き無作為化試験では、マッキントッシュ、McGRATH MAC、C-MAC の各喉頭鏡が、非眼科患者の気管挿管時の眼圧(IOP)と血行動態に及ぼす影響を比較した。 ・本研究では、全身麻酔下で仰臥位で行われる気管挿管を必要とする非眼科手術を受ける成人患者 120 名を対象とした。患者は無作為かつ前向きに 3 群に分けられた。マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児集中治療室における直接喉頭鏡検査とビデオ補助喉頭鏡検査の比較

・著者らの目的は、小児集中治療室において、ビデオ補助喉頭鏡(VAL)と直接喉頭鏡(DL)による声門の可視化を、初回試行時の成功率の観点から比較することであった。 ・本研究では、小児集中治療室に入室した生後 1 ヵ月から 18 歳までの患者を対象とした。頚部伸展が制限されている患者(C-spine固定、先天異常)、先天異常(Pier…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡を用いた気管挿管時の保持位置でのスタイレットの角度調整の有効性:無作為化比較試験

・本無作為化比較試験の目的は、McGRATH MAC ビデオ喉頭鏡を用いた気管挿管時の保持位置におけるスタイレットの角度形成の有効性を検討することである。 ・患者は、保持位置でスタイレットに角度を付けないで挿管する群(非角度形成群)と、保持位置でスタイレットに角度を付けて挿管する群(角度形成群)に無作為に割り付けられた。主要評価項…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顎顔面手術における経鼻気管挿管のためのビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡の比較:無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析

・経鼻気管挿管(NTI)は、口腔顎顔面外科手術において一般的に行われている。このような患者の経鼻挿管(NTI))におけるビデオ喉頭鏡(VL)と直接喉頭鏡(DL)の比較特性は不明である。 ・著者らは、待機的顎顔面手術を受ける成人を対象に、NTI における VL と DL を比較した無作為化比較試験を見つけるために系統的検索を行った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顔面保護具を装着した初心者ユーザーによる COVID模擬マネキンでの挿管のための Mc Grath-MACと C-…

・COVID 患者の挿管は困難である。様々なガイドラインでは、COVID 患者の挿管を補助する最初のデバイスとして、ビデオ喉頭鏡(VL)の使用が提案されている。しかし、このような状況下で、特に初心者が挿管を容易にするための最適な VL は明らかにされていない。本研究では、COVID 患者を模擬したマネキンへの挿管において、2 種類の V…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後の喉頭痛:麻酔科研修医が挿管した患者におけるマッキントッシュとビデオ喉頭鏡の比較-無作為化対照試験

・術後咽頭痛(POST)は気管挿管に関連するよく見られる合併症である。本研究の目的は、研修中の麻酔科医が Video Laryngoscope?(VDL)と従来のマッキントッシュ喉頭鏡(CL)を用いて挿管した患者における POST の発生率を比較することである。 ・2017 年から 2018 年 6 月にかけて、アガ・カーン大学病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査および気管挿管に対する循環動態ストレス反応に関するキングヴィジョンビデオ喉頭鏡およびグライドスコープの評価

・著者らは、新しい気道確保器具を使用すると、喉頭鏡検査と気管内(ET)挿管に対する循環動態ストレス反応(HDSR)が低下すると仮定している。著者らの研究の目的は、キングビジョンビデオ喉頭鏡(KVVL)とグライドスコープ(GLS)を使用して、喉頭鏡検査と気管挿管に対する循環動態ストレス反応(HDSR)を評価することであった。 ・AS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児挿管困難登録簿の小児における標準ブレードまたは非標準ブレードを使用したビデオ喉頭鏡検査の比較

・ビデオ喉頭鏡ブレードの設計は、その効果に影響を与える可能性がある。ビデオ喉頭鏡ブレードを標準および非標準の形状に分類して、小児挿管困難登録簿に登録されている小児の気管挿管の効果を比較した。 ・2017 年 3 月から 2020 年 1 月に登録簿に登録された症例を分析した。著者らは、最初と最後の気管挿管の成功率、合併症、技術的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡を使用した経鼻気管挿管中の血行動態変化を防ぐためのレミフェンタニルの最適効果部位濃度

・鼻腔挿管は、口腔または頸部の手術を行う際に視野を確保するために最も一般的に使用される方法である。経口気管挿管と同様に、経鼻気管挿管は喉頭鏡を使用する。循環動態変化は交感神経系の刺激により発生する。最近、この変化を最小限に抑えるために、直接喉頭鏡ブレードの端にカメラが取り付けられたビデオ喉頭鏡が使用されている。本研究では、ビデオ喉頭鏡に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者による正常および頸椎固定マネキンにおける McGRATH 、ペンタックス、マッキントッシュ喉頭鏡の比較:無作…

・本研究の目的は、初心者が McGrath ビデオ喉頭鏡(VL)、Pentax エアウェイスコープ(AWS)、マッキントッシュ喉頭鏡を正常および頸部固定マネキンモデルで使用して、挿管所要時間、声門視野、難易度、歯牙クリック音に関する気管挿管成績を比較することであった。 ・挿管経験のない 35 人の麻酔看護師を募集した。参加者は、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坐位と腹臥位のマネキンでの気管挿管に際しての、標準的なマッキントッシュブレード喉頭鏡、Pentax-AWS ビデオ…

・患者のさまざまな体位での挿管は、緊急時だけでなく、通常の麻酔(例:腰椎手術の腹臥位)でも行われる。 ・本研究の目的は、坐位と腹臥位に置かれたマネキンのシミュレーションシナリオで、 クラシックなマッキントッシュブレード喉頭鏡を 2 つのビデオ喉頭鏡(Pentax-AWS と Intubrite)と比較することであった。さらに、対照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸部外科におけるダブルルーメン気管挿管のためのビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡検査の比較-無作為化対照臨床試験

・胸腔手術や肺分離を必要とするその他の手術には、ダブルルーメンチューブ(DLT)挿管が必要である。ただし、DLT 挿入は複雑であり、気道外傷を引き起こす可能性がある。薄いブレードを備えた新しいビデオ喉頭鏡(GVL)は、DLT 挿管のための従来の直接喉頭鏡検査(DL)と比較して、挿管時間を改善し、複雑さと医原性気道合併症を軽減する可能性が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッキントッシュビデオ喉頭鏡を使用した直接喉頭鏡検査と間接喉頭鏡検査:加えられた力を比較するマネキン研究

・上気道損傷と交感神経の活性化は、喉頭鏡検査中に加えられる力に関連している可能性がある。標準化マネキン声門を直接的、および間接的な視覚化を使用して、喉頭鏡検査中に加えられた力を比較した。 ・力変換器は、従来の直視型喉頭鏡としても使用できるグライドスコープ T-MAC マッキントッシュスタイルのビデオ喉頭鏡の凹面に適用された。34 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ProSeal ラリンジアルマスクのビデオ喉頭鏡ガイド下と標準の手指挿入法の比較:前向き無作為化試験

・本研究は、Proseal ラリンジアルマスク(PLMA)の挿入成功率と挿入条件について、標準的な手指法と比較したビデオ喉頭鏡ガイド挿入法の有用性を調査するために計画された。 ・前向きに、119 人の患者(ASA I~II、年齢 18~65 歳)は、ビデオ喉頭鏡ガイド法か、または標準的手指法を使用して PLMA を挿入するよう無作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児気管挿管におけるビデオ vs 直接および強化直接喉頭鏡検査

・初回の挿管成功に関して、小児の文献は、ビデオ喉頭鏡検査(VL)と比較した場合、直接喉頭鏡検査(DL)の臨床的等価性または優位性を示している。さらに、最適外部喉頭操作(OELM)、直立またはランプ体位、ブジーの使用などの操作によって DL が「強化」された場合、VL が DL とどのように比較されるかは不明である。本研究の目的は、小児挿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな喉頭鏡検査法による気管挿管時に上顎切歯に作用する力の比較:盲式マネキン研究

・歯牙損傷は、気管挿管のよく見られる合併症である。さまざまな喉頭鏡検査法が歯牙損傷の発生率に及ぼす影響を有効に評価するには既存のエビデンスが不十分であるため、気管挿管時に歯牙構造に加わる力を調査した。 ・挿管マネキンには、全上顎切歯に隠れた圧力センサーが装備されていた。104 人の麻酔科医が、正常気道と困難気道の両方で、マッキント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般病棟での気管挿管の初回試行に際してのビデオ喉頭鏡検査 vs 直接喉頭鏡検査

・最近の試験では、ビデオ喉頭鏡(VL)は直接喉頭鏡(DL)よりも初回の気管挿管成功率が高くなく、合併症の発生率が高いことが示された。気管挿管は、集中治療室よりも一般病棟の方が難しい場合がある。本研究の目的は、どの喉頭鏡検査モードが一般病棟での初回挿管成功率の増加に関連するかを調査することである。 ・これは、三次大学関連病院で実施さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「McGRATH MAC」についての MCQ 問題

【問題】 McGRATH MAC についての記述で、間違っているのはどれか? a.McGRATH MAC の名称の「MAC」は、マッキントッシュ型のブレードであることを指している。 b.McGRATH MAC は、通常、マッキントッシュ直接喉頭鏡と同じように右口角からブレードを挿入する。 c.McGRATH MAC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡を用いた困難ではない気道への挿管:無作為化並行群試験

・ビデオ喉頭鏡は困難気道に挿管するために推奨されている。本研究は、ビデオ喉頭鏡が直接喉頭鏡と比較して挿管成功率を非困難気道の患者においてさらに改善できるかどうかを調査することを目的とした。 ・合計で、待機的腹部手術が予定された 360 人の患者は、無作為にビデオ喉頭鏡(n=179)か、または直接喉頭鏡(n=181)のいずれかを使用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急気管挿管のための 3 種類のビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡検査の比較:後ろ向きコホート研究

・ビデオ喉頭鏡は困難気道を管理するために使用される。本研究では、3 本のビデオ喉頭鏡(Pentax-エアウェイスコープ[ペンタックス]、キングビジョン[King]、McGrath MAC[McGrath])の性能を、緊急気管挿管(TI)の参照値としてマッキントッシュ直接喉頭鏡(マッキントッシュ)と比較した。 ・日本の三次病院 2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症患者における挿管のための直視可能型ビデオ喉頭鏡導入の前後比較研究

・集中治療室(ICU)患者の気道管理は困難である。本研究の主な目的は、重症患者における直視可能型ビデオ喉頭鏡と標準マッキントッシュ喉頭鏡との間で喉頭鏡検査困難および/または挿管困難の発生率を比較することであった。 ・気道管理のための品質改善プロセス実施の前後で、著者らは新しい直視可能型喉頭鏡を評価する前向き介入単施設前後研究を実施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャネル付きビデオ喉頭鏡ブレード vs チャネル無しビデオ喉頭鏡ブレードによる気管挿管

・ビデオ喉頭鏡は、チャネル付きブレードか、チャネル無しブレードのいずれかを装着することができ、性能と挿管成功率が異なる可能性がある。著者らは、市販の KingVision ビデオ喉頭鏡の 2 種類の異なるブレードの特性を調べた。 ・三次病院の泌尿器科手術室での前向き無作為化単施設調査研究で、気管挿管を伴う全身麻酔下に待機的泌尿器手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more