テーマ:腹部手術

急性腹部手術を受ける患者における死亡率と好中球/リンパ球比、血小板/リンパ球比、および平均血小板容積との関係

・急性腹部手術は死亡率と罹患率が高く、術後期には集中治療がしばしば必要になる。集中治療室では、予後と死亡率を調査するためにさまざまなスコアリングシステムが使用されるが、死亡率と予後を予測するには十分ではない。この目的のために、より簡単に使用できる効果的な方法が調査されている。本研究では、急性腹部手術を受ける患者で、死亡率と好中球リンパ球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中乏尿は大きな腹部手術における術後急性腎障害を予測しない:コホート分析

・急性腎障害(AKI)は、大きな腹部手術を受ける患者によく見られる合併症であり、かなりの罹患率と死亡率に関連している。術中の尿量と術??後 AKI との関連を調査したいくつかの研究は、相反する結果を示している。ここでは、待機的な大きな腹部手術を受けた患者のコホートにおいて、術中乏尿と術後 AKI の関連を調査した。 ・これは、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩の自然回復は、腹部手術後の術後肺合併症の独立危険因子である:二次分析

・中リスクから高リスクの患者では、大きな腹部手術は、主に肺の術後合併症の高い発生率を伴っている。筋弛緩薬が寄与因子として提案されているが、これはまだ証明されていない。本研究の目的は、筋弛緩管理(拮抗)と術後肺合併症(PPC)との関係を明らかにすることである。 ・「腹部手術における個別化した周術期開放肺アプローチ vs 標準的肺保護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術中の硬膜外麻酔の安全性を評価するための脳酸素飽和度の測定

・近赤外分光法(NIRS)は、脳の酸素需要と供給のバランスの信頼できる評価方法と見なされる。広範な腹部外科手術中に適用される麻酔の形態の 1 つは、硬膜外麻酔である。全身麻酔に加えて、その併用は、腹部手術を受ける患者の麻酔の一般的に受け入れられている形式である。本研究の目的は、硬膜外ブロックが全身麻酔下で腹部手術を受ける患者の脳酸素飽和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術でのレミフェンタニルは、予想外の不良な転機に関連している

・不十分な周術期疼痛治療は、術後慢性疼痛の発症が高度に予測される危険因子として知られている。レミフェンタニルは長短時間作用性のオピオイドで、迅速で効果的な鎮痛を提供するが、オピオイド誘発性疼痛過敏の誘発に関連している。これらのよく知られた特性にもかかわらず、この物質は、麻酔と、集中治療医学や産科などのさまざまな医療分野でますます使用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慢性閉塞性肺疾患患者における腹部手術後の遅発性呼吸困難

・慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は周術期合併症のリスクが高い。合併症の頻度は、COPD の重症度、使用された麻酔の種類、手術部位、その他の併発症の程度によって異なる。 ・上腹部手術を受ける患者は、横隔膜機能および腹痛の変化に続発すると考えられる肺容量の著しい変化を有し、これらの変化は急性呼吸不全、無気肺、肺炎、予定外の再挿管を含…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科悪性腫瘍に対する腹部手術後の術後回復に及ぼすクモ膜下モルヒネと硬膜外鎮痛の効果:非盲式無作為化

・著者らは、婦人科悪性腫瘍が証明、あるいは推定された正中開腹術後の女性で、回復促進プログラム(術後回復促進[ERAS])におけるクモ膜下モルヒネ(ITM)による局所鎮痛が、短期間で良好な疼痛軽減と、硬膜外鎮痛(EDA)と同等の健康関連生活の質(QoL)を達成するかどうかを判定することを目的とした。 ・スウェーデンの三次紹介大学病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腹部手術後の腎機能および障害のない生存に及ぼす晶質液 vs 膠質液の長期的影響

・:著者らは最近、手術中の目標指向型輸液療法の一部として平衡ヒドロキシエチルスターチ溶液の投与が主要な開腹手術を受けた患者で、平衡晶質液の投与よりもより良好な短期的転帰と関連していることを示した。本研究では、これらの患者における腎臓および機能障害転帰についての 1 年間の追跡調査を実施した。 ・これまでの研究に登録された全患者は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術後鎮痛のための超音波ガイド下腹横筋膜面(TAP)ブロックにおける局所麻酔薬へのデキサメタゾン

・研究の目的は、腹部手術後の患者に対する超音波ガイド下腹横筋膜面(TAP)ブロックにおける局所麻酔薬に添加したデキサメタゾンの鎮痛効果を評価することであった。 ・腹部手術を受ける成人患者で超音波ガイド下 TAP ブロックの局所麻酔薬に追加されたデキサメタゾンを対照と比較した、適格な無作為化比較試験(RCT)を同定するために、Pub…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要な腹部手術後の一過性急性腎障害は、慢性腎疾患リスクと 1 年死亡率を増加させる

・著者らは、主要な腹部手術後の一過性および持続性の急性腎障害(AKI)の発生率および長期的転帰への影響を調査するために、後ろ向きコホート研究を実施した。 ・著者らは、主要な腹部手術を受ける患者 3751 人を登録した。術後 AKI は、手術後 7 日以内に血清クレアチニンが非 AKI 範囲に戻ったかどうかに基づいて、一過性または持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中非脱分極性筋弛緩剤投与量と腹部手術後 30 日再入院との関連性

・著者らは、術中の非脱分極性筋弛緩薬(NMBA)の投与量は、30 日再入院と関連していると仮定した。 ・3 次医療施設で全身麻酔下に腹部手術を受けた 13122 人の成人患者のデータを、多変量回帰分析により、術中投与 NMBA 用量が、30 日再入院(主要評価項目)と病院の在院期間に及ぼす効果を調査した。 ・臨床医は、シスア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝膵外科手術における術後鎮痛に及ぼすクモ膜下モルヒネ vs オピオイド静脈内投与:無作為化比較試験

・腹部手術後の鎮痛が不十分であると転帰に影響を及ぼす可能性がある。肝臓手術を受けた患者のデータは、術後凝固障害が硬膜外カテーテルの除去を遅らせる可能性があることを示唆した。従って、別の鎮痛法を評価すべきである。 ・著者らは、術中クモ膜下モルヒネ[皮膚切開前の単回注射 4μg/kg(ITM 群、n=23)]と静脈内オピオイド[術中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more