テーマ:無痛分娩

分娩に際しての脊髄硬膜外併用鎮痛におけるオピオイドの有害副作用と投与経路:無作為化試験のメタ分析

・研究は、陣痛と分娩に際して、標準的な硬膜外鎮痛よりも脊髄硬膜外併用鎮痛が提供される場合の方が、母体と胎児の有害副作用のリスクが増加することを報告している。脊髄硬膜外併用鎮痛において局所麻酔とともに使用されるクモ膜下オピオイドが原因の可能性がある。これは、局所麻酔薬へのオピオイドの添加が、くも膜下腔内のみによるのか、くも膜下腔と硬膜外腔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満および非肥満の妊婦における硬膜外カテーテル留置:系統的レビューとメタ分析

・分娩時に硬膜外鎮痛を受ける肥満妊婦の割合が増加しているため、これらの女性の硬膜外留置中の硬膜外失敗と困難の割合を評価する必要がある。 ・2017 年 12 月まで、PubMed、Embase、Medline、Google scholarで、肥満妊婦と非肥満妊婦で硬膜外カテーテル留置において、失敗および/または困難を報告した記事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分娩中の音楽は、硬膜外麻酔後の初産の分娩様式に影響を与えるか?前向き研究

・研究の目的は、分娩中に音楽を流すことがへ分娩様式と妊婦のストレス度に及ぼす影響を調査することであった。 ・本前向き介入研究には、硬膜外麻酔後の初回分娩の待機時に募集された 124 人の低リスク女性が含まれた。患者は、音楽を流すかどうかの好みに従って群分けされた。音楽介入には、ソフトクラシック音楽とリズミカル音楽の 2 つのサブ群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロピバカイン vs レボブピバカイン:出産時の脊髄硬膜外麻酔の鎮痛効果、新生児のアプガースコアならびに母体バイタル…

・本研究の目的は、分娩時の脊髄硬膜外併用麻酔におけるロピバカインまたはレボブピバカインの鎮痛効果と安全性、新生児アプガースコア、ならびに母体と新生児のバイタルサインに及ぼす影響を調査、比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 3 月までに分娩を受けた合計 615 人の妊婦は、出産時の脊髄硬膜外麻酔に使用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外デキサメタゾンは分娩女性のフェンタニルとレボブピバカインの患者管理硬膜外消費量を減らせるのか?

・分娩時鎮痛のためのレボブピバカイン-フェンタニルの併用に際して、硬膜外デキサメタゾンの単回ボーラス投与の有効性は研究されていない。本無作為化二重盲式対照試験では、分娩時の硬膜外レボブピバカイン-フェンタニル併用の 1 時間平均消費量減少における硬膜外デキサメタゾンの効果を評価し、疼痛スコア、母体満足度、母体と新生児の転帰に及ぼす効果を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分娩中のレミフェンタニル患者管理鎮痛:RemiPCA SAFE Network 2010~2015年

<ハイライト> ・レミフェンタニル患者管理鎮痛(PCA)データベースの分析。 ・RemiPCA SAFE Network は、2009 年以来、レミフェンタニル PCA の臨床使用を集計している。 ・2010 年から 2015 年の間に実施された 31 病院での 5740 件のレミフェンタニル PCA が分析された 。 ・母体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初産婦での無痛分娩時の偶発的硬膜穿刺と産科的転帰

<ハイライト> ・偶発的硬膜穿刺が産科的転帰に及ぼす影響は不明である。 ・この知識不足に対処するために、著者らは後ろ向きコホート研究を行った。 ・偶発的硬膜穿刺の初産婦は、そうでない初産婦と比較された。 ・偶発的硬膜穿刺は、分娩第 2 期の延長と関連していた。 ・器械分娩や帝王切開の割合に及ぼす明らかな効果はなかった。 <要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無痛分娩のための静脈内レミフェンタニル患者管理鎮痛 vs ペチジン筋注:非盲式多施設対照試験

・分娩時痛に対してペチジンを投与されている女性の約 1/3 はその後に硬膜外鎮痛を必要とし、それは効果的な疼痛軽減を提供するが、器械的経腟分娩のリスクを高める。分娩中のレミフェンタニル患者管理鎮痛(PCA)は、ペチジンの代替法であるが、広く使用されていない。著者らは、レミフェンタニル PCA を用いた女性での硬膜外鎮痛への進行を、ペチジ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

分娩時鎮痛のためのレミフェンタニル:包括的レビュー

近年、日本産科麻酔学会および腹腔鏡学会の設立など、産科麻酔に大きな進展が見られた。しかし、産科診療において最も重要な問題の 1 つである分娩時痛は、依然として積極的に治療されていない。日本では、他の先進国と比較して、鎮痛のための硬膜外管理の割合が非常に低い。レミフェンタニルは、世界中で、分娩時痛、帝王切開の全身麻酔の一部として、また様々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経腟分娩に際しての硬膜外麻酔の代替法としてのレミフェンタニル:無作為化試験のメタ分析

・硬膜外鎮痛は分娩時疼痛管理のゴールデンスタンダードと考えられているが、臨床的禁忌または利用可能性のために使用が制限される場合があり、適切な代替選択肢が必要となる場合がある。このメタ分析の目的は、無作為化試験からのエビデンスが、レミフェンタニル PCA(R-PCA)が、従来の硬膜外鎮痛(EA)と比較して母体満足度、鎮痛効力、安全性に有意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分娩時硬膜外鎮痛を受ける女性での患者満足度の決定要因の検討:後ろ向き的コホート研究

・硬膜外鎮痛は、陣痛軽減のための一般的な選択肢である。母体と小児の両方に大きな影響を与える可能性があるため、患者の満足度は、患者中心の重要な結果である。しかし、臨床的決定要因と患者満足度との間の相関についてのエビデンスは限られている。著者らは、分娩時脊柱管l鎮痛を受ける患者で、低い患者満足に関連する臨床的共変量を調査することを目的として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

患者管理硬膜外鎮痛を用いた分娩時疼痛管理のためのブピバカインとレボブピバカインの最適濃度

<ハイライト> ・局所麻酔薬濃度を下げると、鎮痛効果が低下する。 ・分娩時鎮痛に対する満足度は、局所麻酔薬濃度の影響を受けない。 ・局所麻酔薬の濃度は、運動ブロックの発生率に影響する。 <要旨> ・研究目的は、患者管理硬膜外鎮痛を用いて、分娩時鎮痛の 2 種類の局所麻酔薬の異なる低濃度の有効性および安全性を評価することであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外注入ボーラス投与速度が分娩時鎮痛持続時間に及ぼす影響:無作為臨床試験

・分娩時鎮痛の維持に際しては、プログラムされた局所麻酔の間欠的ボーラス投与のほうが持続注入よりも優れていることが示されている。高流量での硬膜外ボーラス投与は、カテーテル出口での送出圧を高め、硬膜外腔内の薬物分布を改善する可能性がある。著者らは、高流量薬物投与は、分娩時鎮痛を改善し、突出痛に対する処置者投与の補助ボーラス投与の必要量を減少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経腟分娩のための硬膜外麻酔の代替法としてのレミフェンタニル:無作為化試験のメタ分析

<ハイライト> ・ほとんどの臨床転帰について有意差は検出されなかった。 ・EA の候補者でない患者の場合、R-PCA は効果的な代替手段を提供する可能性がある。 ・低酸素血症に関しては注意が必要である。 <要旨> ・硬膜外鎮痛は陣痛管理のゴールドスタンダードと考えられているが、臨床的禁忌や、利用可能性のためにいくつかの条件では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

陣痛緩和のための硬膜外鎮痛の有効性に関連した麻酔学的・産科学的要因:集団に基づく観察研究

・硬膜外無痛分娩の有効性は、鎮痛の母体満足度、ならびに出産経験全体が含まれることから、調査が困難である。この集団ベースの研究では、陣痛を緩和するための硬膜外鎮痛の有効性に関連する要因を特定しようとした。 ・著者らは、フランスの出生の代表サンプルの横断研究である、2010 年フランス国家周産期調査の二次分析を行った。硬膜外鎮痛で出産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more