テーマ:ロピバカイン

ロピバカイン vs レボブピバカイン:出産時の脊髄硬膜外麻酔の鎮痛効果、新生児のアプガースコアならびに母体バイタル…

・本研究の目的は、分娩時の脊髄硬膜外併用麻酔におけるロピバカインまたはレボブピバカインの鎮痛効果と安全性、新生児アプガースコア、ならびに母体と新生児のバイタルサインに及ぼす影響を調査、比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 3 月までに分娩を受けた合計 615 人の妊婦は、出産時の脊髄硬膜外麻酔に使用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での気管チューブ反応に及ぼす局所ロピバカインの効果:無作為化二重盲式対照試験

・咳嗽などの気道反射は、覚醒時に血行動態の重大な変動を伴ってよく見られる。本前向き二重盲式無作為化比較試験は、局所ロピバカインが抜管反応と術後咽頭痛を軽減するという仮説を検証した。 ・甲状腺摘除術を受ける 54 人の患者を無作為に 2 群に分けた。R 群の患者に 0.75% ロピバカインを投与し、これを気管粘膜、喉頭蓋、舌根、声門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0.2% ロピバカイン容量と総腓骨神経ブロックの持続時間:健康ボランティアでのコホート研究

・低濃度のロピバカインがますます臨床的に使用されているにもかかわらず、末梢神経ブロックにに際して低濃度ロピバカインを使用した容量-持続時間関係は不明である。著者らは、0.2% ロピバカインが総腓骨神経ブロックの持続時間に及ぼす影響を調べた。 ・倫理委員会の承認を得て、60 名の同意を得た健康ボランティアを超音波ガイド下カテーテル経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下斜角筋間ブロックでロピバカイン補助薬としてのデキサメタゾン:無作為化二重盲式臨床試験

・本研究の目的は、ロピバカインに添加された経静脈または神経周囲デキサメタゾンが、超音波ガイド下斜角筋間腕神経叢ブロック(BPB)の持続期間に及ぼす影響を評価することであった。 ・無作為化臨床試験で、斜角筋間腕神経叢ブロック下に待機的肩関節鏡手術を行った 60 人の ASAーPS I-II 患者を、0.75% ロピバカイン 20ml…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両側全膝関節置換術後の硬膜外鎮痛にフェンタニル+ロピバカインとフェンタニル+ブピバカインを比較

・膝関節全置換術(TKR)後の疼痛は、早期リハビリテーションを妨げる。TKR 後の患者での硬膜外ブピバカインの使用は有効な鎮痛に関連するが、関連する運動遮断効果は機能回復を遅らせる。著者らは、0.1% ロピバカイン±フェンタニル 2.5μg/mL vs 0.0625% ブピバカイン+フェンタニル 2.5μg/mL を使用した術後患者管理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブピバカインとロピバカインの片側脊椎麻酔の有効用量(ED50)の決定:前向き二重盲式無作為化試験

・片側脊椎麻酔(USpA)は、脊椎麻酔を増強すると報告されており、老人患者に使用されている。本研究の目的は、待機的股関節置換術を受ける高齢者(70歳以上)について、0.5% 低体重ブピバカインと 0.5% 低比重ロピバカイン USpA の有効投与量中央値(ED50)を調査することであった。 ・待機的股関節置換術を受ける 60 人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術における局所浸潤鎮痛後の血漿ロピバカイン濃度:固定用量投与後の安全性調査

・本研究の主な目的は、主な鎮痛法として、局所浸潤鎮痛を伴う待機的全膝関節形成術を受ける患者で、ロピバカインの薬物動態を調査することであった。著者らはまた、術後 24 時間にわたる血漿ロピバカイン濃度の測定を通じて生化学的毒性の発生率を決定しようとした。 ・これは、待機的全膝関節形成術を受ける 15 人の患者についての前向き観察研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外無痛分娩に対するロピバカイン(0.2%)にクロニジン 1μg/kg 併用の有無の比較

・研究の目的は、硬膜外無痛分娩に際して、ロッピバカインへのクロニジンを添加することによって、鎮痛発現、鎮痛持続時間、新生児転帰、鎮痛の質に及ぼす効果を調査することである。 ・要求に応じた硬膜外鎮痛の対象となった、合併症のない妊娠、頭位、ASA 分類 I/II の合計 60 人の満期妊婦を、説明と同意後に 2 群に分けた。R 群(n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術の術後鎮痛のための 1μg/ml フェンタニル併用下硬膜外ロピバカイン vs ブピバカイン

・本研究は、大腹部手術における術後鎮痛に際して、2 種類のアミド型局所麻酔薬、ロピバカインとブピバカインをフェンタニルを併用して持続硬膜外注入の有効性を比較するために実施された。 ・大腹部手術が予定された合計 60 人の患者を、各群 30 人の患者を有する 2 研究群、B 群と R 群に無作為化した。硬膜外カテーテルを留置した後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下部尿路機能に及ぼす胸腺硬膜外ロピバカイン vs ブピバカインの効果:無作為臨床試験

・ブピバカインを用いた胸部硬膜外麻酔は、排尿筋力低下に起因する臨床的に意義のある排尿後残尿をもたらした。本研究は、残尿と最大流速を用いて、膀胱機能不全の危険性をロピバカイン vs ブピバカインで比較することを目的とした。著者らの仮説は、ロピバカインが運動ブロックにはあまり効果がないことが示されているため、ロピバカインが残尿を低下させるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻中隔形成術後の急性術後疼痛緩和に及ぼす切開前のレボブピバカインとロピバカイン局所浸潤の比較

・患者診療の標準を高く維持するためには、鼻手術を受ける患者に適切な疼痛管理を提供することが不可欠である。 レボブピバカインとロピバカインは比較的長期間作用性の局所麻酔薬である。本試験の目的は、鼻中隔形成術を受ける患者で、レボブピバカイン HCl 0.25% とロピバカイン HCl 0.375% の切開前投与の鎮痛効果と出血量を比較する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両側全膝関節置換術後の術後硬膜外鎮痛に、ロピバカイン±フェンタニル vs ブピバカイン+フェンタニル

<ハイライト> ・術後硬膜外局所鎮痛は、膝関節形成術に有効である。 ・硬膜外ロピバカインへのフェンタニルの添加は、運動ブロックせずに、選択的鎮痛を提供した。 <要旨> ・膝関節全置換術後の疼痛(TKR)は早期リハビリテーションを妨げる。TKR 術後患者での硬膜外ブピバカインの使用は有効な鎮痛を提供するが、付随する運動遮断効果は機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デキスメデトミジンは、ロピバカインの補助薬として使用した場合、神経周囲メカニズムを有するか?

・局所麻酔薬の補助薬として使用したデキスメデトミジンは、末梢神経ブロックの持続時間を延長させる可能性がある。これが神経周囲メカニズムによるのか、または全身性メカニズムによって媒介されるかは依然として不明である。著者らは、デキスメデトミジンが作用の神経周囲メカニズムを有すると仮説した。 ・著者らは、健康ボランティアで、無作為化対比三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more