テーマ:覚醒興奮

鼻形成術患者における全身麻酔後の覚醒興奮の評価:吸入麻酔と全静脈麻酔

・覚醒興奮(EA)は、全身麻酔からの回復早期に発生する臨床症状であり、患者の快適性を低下させる。本研究の目的は、鼻形成術患者の興奮に及ぼす低流量セボフルラン麻酔と全静脈麻酔(TIVA)の効果を比較し、鼻形成術後の低流量セボフルラン麻酔における EA の頻度を調査することであった。 ・本前向き無作為化研究には、全身麻酔下の合計 90…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の麻酔覚醒時興奮に及ぼすエスモロールとリドカインの効果:二重盲式無作為化臨床共同研究

・セボフルランは、気道刺激を最小限に抑えながら迅速に作用するため、小児の麻酔に広く使用されている。しかし、麻酔から覚醒後の興奮の危険性が高い。特に斜視手術は、患者が術後に目を覆っているために興奮を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、エスモロールとリドカインが小児の覚醒時興奮を減少させるかどうかを調査することであった。 ・斜視手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルラン麻酔でアデノイド扁桃摘出術を受ける小児患者で覚醒興奮にトラマドールとデキスメデトミジン

・本研究は、セボフルラン麻酔下にアデノイド扁桃摘出術を受ける小児患者で、トラマドールとデキスメデトミジンの術中単回投与が、血行動態と疼痛、鎮静、覚醒反応を含む術後回復経過に及ぼす有効性を比較するために考案された。 ・セボフルラン麻酔下でアデノイド扁桃摘出術を受ける年齢 2~7 歳の患者 77 名を本研究に登録した。患者は、挿管後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術終了時の静脈内フェンタニルが小児覚醒興奮に及ぼす影響:系統的レビューとメタ分析

・全身麻酔を受ける小児では、覚醒時興奮が術後の深刻な問題である。手術終了前後にフェンタニルを使用することが、覚醒興奮を防ぐために提案されてきた。しかし、評価された変数によって、これまでの結果に一貫性がないため、この方法の有効性と不利な点は、いまだ不確実なままである。 ・2016 年 7 月に、出生から年齢 14 歳までの小児で、全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more