テーマ:投与量

人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸の異なる用量と投与経路の有効性

・本研究の目的は、初回セメントレス人工股関節全置換術(THR)において、トラネキサム酸(TXA)を使用した場合の治療効果、安全性、費用対効果、投与経路と投与量の優位性を示すことである。 ・本前向き無作為化二重盲式試験では、200 人の患者をそれぞれ 40 人の患者からなる 5 群に分けた。プラセボ群は TXA を投与されなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more