テーマ:マグネシウム

消化管腹腔鏡検査を受ける患者の気腹関連血行動態変化に及ぼす硫酸マグネシウムの異なる投与量の影響:無作為化二重盲式対…

・硫酸マグネシウムの注入は、動脈圧を低下させ、気腹に対する循環動態反応を弱めることがよく知られている。本研究は、腹腔鏡下消化管手術を受けた患者で異なる用量の硫酸マグネシウムが気腹関連血行動態変化とバソプレシンの放出を効果的に減衰させる可能性があるかどうかを調査することを目的とした。 ・腹腔鏡下胃部分切除術を受ける 69 人の患者を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグネシウムとケタミンは、開腹肥満症手術後の早期モルヒネ消費量を減らす:前向き無作為化二重盲式試験

・肥満患者の最適な疼痛管理は早期回復に不可欠である。本研究の目的は、マグネシウムとケタミンの併用が、開腹手術後のモルヒネ消費量(主要転帰)、および術後疼痛スコアと副作用の発生に及ぼす影響を評価することである。 ・待機的開腹胃バイパス術を受けた合計 60 人の患者を 3 群に無作為に分けた。全患者が同じ全身麻酔プロトコルを受けた。マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫酸マグネシウムは、重症筋無力症患者のダブルルーメンチューブ留置の満足できる条件に必要なロクロニウムの投与量を減らす

・挿管条件を達成するために最小用量の筋弛緩薬(NMB)を使用することは、重症筋無力症(MG)患者の胸腔鏡下(VATS)胸腺摘出術に際して麻酔管理における目標の 1 つである。ただし、挿管条件が最適でない場合、ダブルルーメンチューブ(DLT)による気管挿管は困難な場合がある。この二重盲式無作為化比較試験は、硫酸マグネシウムが DLT 挿管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人手術患者で挿管関連咽喉頭痛を予防するためのマグネシウムの局所適用:系統的レビューとメタ分析

・術後咽喉頭痛は患者の満足度と回復に悪影響を及ぼす。成人患者の術後咽喉頭痛を予防する上で硫酸マグネシウムの術前局所投与の有効性を調査するために系統的レビューとメタ分析を行った。 ・Medline、EMBASE、China National Knowledge Infrastructure、Cochrane Central of R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIS モニタリングを用いたデスフルランの最小肺胞濃度に及ぼす静脈内硫酸マグネシウムの効果

・硫酸マグネシウムは、様々な揮発性麻酔薬の最小肺胞濃度(MAC)に影響を及ぼすことが示唆されているが、これまでのところデスフルランに対するその影響は未だに解決されていない。BIS モニタリングを用いて、デスフルランの MAC に及ぼす周術期の硫酸マグネシウム静脈内投与の効果を研究することを目的とした。 ・三次医療病院の手術室での前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室コホートにおける低および高マグネシウム血症の分析

・本研究の目的は、対照群と比較して、マグネシウムの異常が 180 日総死亡率の増加や罹患率の増加と相関するかどうかを評価することであった。 ・著者らは、スウェーデン、ルンドの Skane 大学病院の成人集中治療室で 2006~2014 年に治療を受けた、マグネシウム値 22,003 回の患者 5369 人について、後ろ向き調査を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分娩時マグネシウム投与と母体発熱の関連:後ろ向き横断研究

・分娩時母体発熱は、いくつかの有害な新生児転帰と関連している。分娩時熱は、病因において感染性または炎症性である可能性がある。インターロイキン 6 や他の炎症性マーカーの増加は、母体の発熱に関連している。マグネシウムは、動物モデルにおいてインターロイキン 6 媒介性発熱を軽減することが示されている。著者らは、分娩中にマグネシウムを投与され…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

外来手術における術後咽頭痛の予防:術前アスピリンと硫酸マグネシウム含嗽の比較

・術後咽喉頭痛(POST)は、多くの対策にもかかわらず、外来手術の肯定的フィードバックを阻害することが多い。本研究は、外来手術後の POST 予防における術前硫酸マグネシウムとアスピリン含嗽の有効性を比較するために実施した。 ・これは前向き無作為化二重盲式試験であった。日帰り手術予定の、ASA-PS I-II、年齢 25-50 歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術におけるマグネシウム状態とマグネシウム療法:不整脈予防に焦点を当てた系統的レビューとメタ分析

<ハイライト> ・術後マグネシウムは、心臓手術後の AF 予防に有効である可能性がある ・マグネシウム療法の最適な時期は、術後>24 時間以上継続するもので、最大 60mmol の用量をボーラスとして投与するようである。 ・術後マグネシウム投与に重大な有害事象はないようである。 ・著者らは、他の不整脈を予防するために心臓胸部手術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産科麻酔と集中治療におけるマグネシウム

Magnesium in obstetric anesthesia and intensive care. J Anesth. 2016 Nov 1. [Epub ahead of print] 人体の不可欠な要素の 1 つであるマグネシウムは、産科麻酔と集中治療において、その使用に際して様々な可能性を提供する多くの好ましい効果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more