テーマ:合併症

股関節骨折修復を受ける患者の併存疾患と合併症の傾向

・股関節骨折患者は、その重大な併存疾患の負担と合併症率と死亡率の高い発生率に関連するさまざまな周術期の課題を抱えている。地域住民の傾向データは以前として稀であることから、著者らは、股関節骨折修復手術後患者の人口統計と転帰における米国の全国的傾向を調査することを目指した。 ・施設倫理委員会の承認(IRB#2012-050)の後、股関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡的逆行性胆管膵管造影の麻酔および胃腸合併症の有病率

・内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)は、多くの胆道疾患の治療のための内視鏡的方法である。迅速な回復と患者の快適さ向上の点から、この手技は現在、軽い全身麻酔(GA)か、または意識下鎮静下で行われている。本研究は、ERCP 患者の麻酔関連合併症の大きな恐れなしに静脈内鎮静または軽度の全身麻酔を行うことができ、鎮静用量のプロポフォールは専…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手術後の麻酔深度と合併症:国際的な無作為化比較試験

・麻酔深度の増加と術後生存の減少との関連性は、観察研究で示されている。ただし、無作為化比較試験からのエビデンスは不足している。著者らの目的は、大手術を受け、浅いまたは深い全身麻酔に無作為に割り当てられた高齢患者の 1 年全死因死亡を比較することであった。 ・国際的試験では、年齢 60 歳以上で、有意な併存疾患があり、手術所要時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009 〜 2017年のスウェーデン患者保険会社に対する請求からの中心静脈路確保傷害の分析

・中心静脈路確保器具(CVAD)の挿入と使用は、重篤な有害事象と関連している可能性がある。発生率は一般的に低いが、CVAD の広範な使用を考慮すると、結果は、患者の安全と医療経済学の観点から、重大のものになる可能性がある。現在のところ包括的な登録がないため、スウェーデンにおけるカテーテルや合併症の発生数に関しては正確な情報はない。今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期経食道心エコー法に関連した合併症 - 心臓胸部麻酔クリティカルケア学会による 1 年間の国内集計

・術中経食道心エコー検査の安全性に関するこれまでの研究では、合併症率と死亡率は低いことが示唆されているようである。とは言っても、この臨床診療の重要な分野では前向きな多施設共同研究が不足している。著者らは 2017 年に 1 年間の前向き研究を実施し、心臓胸部麻酔学会とクリティカルケアの共同で、麻酔下の循環器患者と心臓手術患者で、周術期経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期医療における声門上気道器具の使用に関連した合併症

声門上気道器具は、誤嚥が重大な危険ではない待機的外科手術における気道維持のために、そしてまた困難気道管理におけるレスキュー器具としても日常的に使用されている。一部の器具には、逆流した胃内容物を管理するための排液管やコンパートメントなど、誤嚥のリスクを軽減する機能が追加された。それにもかかわらず、これらの器具の使用は誤嚥を含む様々な合併症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育病院における中心静脈カテーテルの挿入合併症

・中心静脈カテーテルは、毎日の臨床診療にとって基本的なものである。この処置は主にレジデントによって行われ、監督や構造化訓練をしないことが多い。本研究の目的は、中心静脈カテーテル法の特徴とそれに関連する合併症率を明らかにすることである。 ・後ろ向きコホート研究である。教育病院の集中治療室(ICU)から中心静脈カテーテル挿入を受けた成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中心静脈カテーテル挿入の機械的合併症:発生率とリスクの後ろ向き多施設共同研究

・中心静脈カテーテル挿入後の合併症の発生率と危険因子は、これまでに比較的小規模コホートについて報告されている。この観察的多施設共同研究の目的は、最近収集された大規模患者集団での機械的合併症のリスク要因を研究することであった。 ・2013 年から 2016 年までのスエウェデン南部の 8 病院から中心静脈カテーテル挿入記録を地域診療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国国民の中心静脈ラインの挿入率と合併症:予備研究

・中心静脈カテーテルは、広く一般的に挿入され、薬物投与、体液投与、腎代替療法において役割を果たす。それらはまた、多くの合併症と関連している。1 年に挿入される中心静脈カテーテルの実際の数と合併症に関連するそれらの割合は、英国では知られていない。 ・著者らは、大規模な全国監査のための妥当な予備研究として、5 つの病院で前向き集計を実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港地域病院の集中治療室医師による気管挿管の即時合併症の臨床診療とリスク要因

・重症患者の気管挿管はしばしば困難であり、高い合併症率に関連している。集中治療室(ICU)医師は、しばしば緊急挿管の責任を負うが、その経験に関する地域的データは不足している。研究の目的は、地域病院の重病患者で ICU チームの気管挿管診療を明らかにし、即時合併症の発生率を評価し、合併症のリスク要因と挿管の成功の予測因子を同定することであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部で経口気管挿管を行う際の初回成功の重要性

・本研究の目的は、救急部(ED)挿管時の有害事象(AE)の発生率と初回成功率との関連性を調査することであった。 ・これは、4 年間にわたって大学病院 ED で行われた気管挿管に基づいた前向きに収集された連続的な品質改善データの後ろ向き的分析であった。各挿管後、術者は、患者および術者の特徴、挿管方法、使用された器具、必要とした試行回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満患者における外傷後の心血管および呼吸器合併症の有病率

・肥満は、手術後に心血管および呼吸器合併症のリスクが増大することはを一般に認められている。しかし、外傷の場合には、肥満が合併症のリスクを増加させるかどうかという点に関しては異なる知見がある。 ・本研究の目的は、肥満患者が外傷後に心臓および呼吸器合併症のリスクが増大するかどうかを特定することであった。 ・275393 人の患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more