テーマ:麻酔科医

ブラジルにおける麻酔科医の薬物乱用:全国調査

・ブラジルの麻酔科医における物質使用障害(SUD)の有病率と薬物検査の受け入れ状況は明らかにされていない。 ・ブラジルの麻酔科医における SUD の有病率を調査し、SUD が障害者やその患者の健康を脅かすかどうかに関する麻酔科医の態度を探り、SUD を減らすための薬物検査の受け入れとその効果に関する麻酔科医の見解を明らかにするため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔科医による B型肝炎ウイルス感染の獲得リスクと予防

・職業暴露は、医療スタッフ、特に手術室で働く人々にとって依然として重大な問題である。B 型肝炎ウイルス(HBV)は手術を受ける患者に蔓延しており、麻酔科医は血液由来の HBV 感染を職業上獲得する危険にさらされている。著者らの知る限りでは、HBV の有病率が高い中国の麻酔科医における HBV の有病率および予防接種、ならび鋭的傷害と手袋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔科医がいる場合といない場合の TAVR を受けた患者の転帰

・ここ数年間に大動脈弁置換術(TAVR)の実施は、全身麻酔下から意識下鎮静と局所麻酔のみに移行している。大多数の施設では、鎮静は資格のある麻酔科医によって行われる。著者らの施設では、全ての TAVR 手術は 2014 年 9 月から局所麻酔と軽度の鎮静下で行われているが、TAVR 手術の大部分は麻酔科医の存在なしに局所麻酔下で行われてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more