テーマ:CABG

冠動脈バイパス移植を受ける患者の死亡率と臨床転帰に及ぼす揮発性麻酔薬の影響:無作為化臨床試験のメタ分析

・揮発性麻酔薬の術中使用が冠動脈バイパス術(CABG)を受ける患者の術後臨床転帰にプラスの効果をもたらすかどうかは不明のままである。そこで、CABG を受ける患者で揮発性麻酔の長期的および短期的死亡率と臨床転帰、全身静脈麻酔(TIVA)のそれと比較して体系的に分析することを目的とした。 ・著者らは、CABG を受ける患者で揮発性麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植手術を受けた高齢患者における麻酔深度と脳酸素化の両方の術中最適化: 無作為化対照予備試験

・高齢患者の麻酔深度と局所脳組織酸素化(rScO2)の両方の術中最適化により、術後の認知機能低下(主要評価項目)やせん妄(副次評価項目)は減るのか? ・大都市教育および大学病院と三次次紹介センター単施設での前向き無作為化対照単盲式試験で、人工心肺下の待機的冠動脈バイパス術を受ける年齢 65 歳以上の患者を対象とした。術中麻酔深度(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2 型糖尿病患者における冠動脈バイパス術後の術直後合併症:前向きコホート研究

・米国および欧州諸国の 2 型糖尿病(T2DM)患者におけるいくつかの研究は、T2DM なしの患者よりも、冠動脈バイパス術(CABG)後の 合併症と死亡のリスクが高いことを示している。インドの患者からのデータはほとんどない。そこで、本研究は、インド人患者における CABG 術直後の術後合併症に焦点を合わせて実施された。 ・待機的 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス手術における出血に及ぼすフィブリノゲン注射の効果の調査:臨床試験

・術後出血の予防と最適な治療は、冠動脈バイパス移植(CABG)を含むさまざまな種類の手術で臨床的に非常に重要である。出血量を減らすと、輸血後の合併症が減るだろう。心血管バイパス術後の凝固因子、特にフィブリノゲンの有益な効果は、出血の減少と輸血必要性の減少により有益な効果をもたらす可能性がある。ただし、さまざまな研究で議論を呼ぶ結果が報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術後鎮痛のための術中ケタミン:無作為化対照二重盲式臨床試験

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)手術中にケタミンを投与することにより、手術後 48 時間に必要なオピオイドの量が減少するかどうかを調査することであった。 ・大学関連単施設での無作為化対照二重盲式臨床試験で、左室駆出率が正常なで CABG 手術を受ける患者を対象とし、ケタミンは、皮膚切開前に 0.5 mg/kg ボーラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植術を受ける患者の揮発性麻酔薬と全静脈麻酔の比較:無作為化比較試験の最新のメタ分析と試験逐次分析

・冠動脈バイパス術(CABG)患者における揮発性麻酔薬の利点については議論の余地がある。最新のメタ分析を実施して、CABG 中の揮発性麻酔薬の使用が死亡率やその他の転帰を改善するかどうかを評価することを目指した。 ・創始から 2019 年 6 月までの 8 つのデータベースを検索し、CABG 患者で揮発性麻酔薬と全静脈麻酔(TIV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前アスピリンと冠動脈バイパス移植術後の急性腎障害との関連

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)の 24 時間以内に投与された術前アスピリンが CABG 後の術後急性腎障害(AKI)の発生率を低下させるという仮説を検証することであった。 ・本後ろ向き研究では、696 人の患者が、アスピリン最終投与と手術時間との時間間隔に従っていくつかの群に割り当てられた。合計 322 人の患者が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス移植の合併症率に及ぼす糖尿病の影響

・これまでの研究は、糖尿病(DM)が冠動脈バイパス術(CABG)術後合併症の危険因子であることを示している。DM 患者の血行再建の決定を指南するには、より現代的な研究が必要である。CABG を受けた患者の単施設研究を実施した。 ・非 DM 患者を DM 患者と比較し、入院前に DM をインスリン治療していたかどうかに応じてサブ群化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス術後の早期抜管と術後せん妄の関連

・心臓手術後の早期抜管が入院期間と合併症発生率に有益であると報告されているが、術後せん妄への影響は不明のままである。冠動脈バイパス術後せん妄に及ぼす早期抜管の影響を検討した。 ・2010 年 1 月 1 日から 2015 年 12 月 31 日までの連続した単独冠状動脈バイパス移植術患者の単一施設での後ろ向きレビューを実施した。ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフポンプ冠状動脈バイパス術後の急性腎障害に及ぼす術前スタチンの効果

・多くの冠状動脈疾患患者が現在のガイドラインに従って、オフポンプ冠状動脈バイパス術(OPCAB)の前にスタチンを使用しているが、最近の研究は術後腎機能に及ぼす術前スタチンの悪影響に関して懸念を提起している。OPCAB 後の急性腎障害(AKI)に及ぼす術前スタチンの効果を評価した。 ・著者らは、スタチンの術前使用に基づいて、1783…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンポンプ拍動下冠動脈バイパス術中の心拍数減少のための超短時間作用型β遮断薬ランジオロールの有効性

・超短時間作用型β遮断薬であるランジオロールを使用して心拍数(HR)を低下させることは、オンポンプやオフポンプの拍動下冠動脈バイパス術(CABG)時に、慎重な遠位側吻合を完了するのに役立つ。最も効果的な用量が確立されていないため、著者らはランジオロールの HR を減少させるための有効性を調査する。 ・浜松大学病院単施設での観察非盲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス術後の退院時ヘモグロビン濃度と 30 日再入院率

・大規模無作為化試験によって支持された輸血制限戦略は心臓手術での血液利用の減少をもたらしている。しかしながら、まだ決定されていないことは、退院時ヘモグロビン(Hb)低値が再入院率に及ぼす影響である。退院時 Hb 値が高い場合と低い場合とで患者を評価して、冠動脈バイパス術(CABG)後 30 日再入院率を比較した。 ・2013 年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1999 年から 2011 年までの冠動脈バイパス術後の院内術後脳梗塞の予測因子としての頚動脈疾患

・本研究では、冠動脈バイパス術(CABG)後の脳梗塞の危険因子を検討した。特に、院内術後脳梗塞の予測因子としての無症候性頸動脈狭窄(片側と両側の両方)の役割が検討された。最後に、1999 年から 2011 年までの院内術後脳梗塞の傾向についても検討した。本研究の目的は、CABG 後の脳梗塞のリスクが高い患者を適切に特定し、そのような患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CABG を受ける成人で吸入 vs 静脈麻酔:RCT の系統的レビューとメタ分析

・研究目的は、:オンポンプ、またはオフポンプ冠動脈バイパス移植術を受ける成人で吸入 vs 静脈麻酔の使用を比較することであった。 ・大学病院での系統的レビュー。Coctrane Central Controlled Controlled Trials(CENTRAL 2016、Issue 10)、MEDLINE、EMBASE、、L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス手術における 2 つの異なる血糖管理プロトコールが術後認知機能障害に及ぼす影響

・術後認知機能障害(POCD)は、開心術後によく見られる手術の有害転帰である。本研究の目的は、冠動脈手術中の厳格な血糖コントロールが早期と後期の認知機能低下に及ぼす役割を調査することであった。 ・待機的冠動脈手術を受ける年齢 50 歳以上の 40 人の患者を無作為に 2 群に分けた。厳密管理群(GI)では、血糖値は 80~120m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス手術患者の術後低体温が転帰に及ぼす影響

・研究の目的は、冠動脈バイパス移植手術(CABG)患者における術後低体温が転帰に及ぼす影響を調査することでった。 ・大学病院での単施設研究で、2011 年から 2014 年に単独の CABG を受けた患者について、後ろ向き的研究を行った。対象は 2011 年から 2014 年に人工心肺下の単独 CABG を受けた全患者であった。手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス術後の転帰に及ぼす少量輸血の影響

<ハイライト> ・1-2 単位の赤血球製剤は、冠動脈手術後の早期死亡のリスクには影響しなかった。 ・輸血は、他の重大な有害事象のリスク増加と関連していた。 ・危機的血行動態状態の患者を除外しても結果は持続した。 <要旨> ・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)後の転帰に及ぼす 1-2 単位の赤血球(RBC)輸血を必要とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術後患者で鎮静のためのケタミン-デキスメデトミジン vs ケタミン-プロポフォール併用

・心臓手術後の人工呼吸の延長は、罹患率および死亡率を増加させる重篤な合併症を伴う。本研究は、冠状動脈バイパス移植(CABG)手術後の患者の鎮静・鎮痛のためのケタミン-プロポフォール(KP)と、ケタミン-デキスメデトミジン(KD)の併用を、血行動態、総フェンタニル投与量、人工呼吸からの離脱時間、抜管時間、任意の有害転帰の点で、比較するよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術中・術後の循環動態変化に及ぼすデキスメデトミジンの影響

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)において、人工心肺中と術後期間における循環動態変化に及ぼすデキスメデトミジン(Dex)の効果を調査することであった。 ・本研究は、待機的 CABG 候補患者を対象とした、大学病院と単施設での二重盲式無作為化臨床試験として計画された。Dex 0.5μg/kg /時間か、またはプラセボを、麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単独冠動脈バイパス手術におけるアプロチニン vs トラネキサム酸:多施設観察研究

・アプロチニンは、輸血リスクの高い心臓手術患者の出血および血液製剤の輸血を減らすために、リジン類似体よりも有効であるようである。しかし、単独冠状動脈バイパス移植(CABG)手術では、直接比較した試験による結果は決定的ではない。著者らの目的は、単独オンポンプ CABG を受ける患者で、アプロチニンとトラネキサム酸(TXA)の有効性と安全性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more