テーマ:術後咽喉頭痛

小児集団における術後咽喉頭痛の発生率に関する前向き観察コホート研究

・術後咽喉頭痛は全身麻酔後によく見られる。小児麻酔での発生率はさまざまであり、病因は不明である。危険因子を確立することにより、予防が可能になり、ケアの質が向上する。著者らは、気管チューブまたはラリンジアルマスクで GA を受ける小児の術後咽頭痛の発生率を確立することを目的として、前向き単施設コホート研究を実施した。副次的な目的は、咽喉頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管を受ける患者の術後咽喉頭痛、咳、嗄声を軽減する 3 つの異なる方法の比較

・術後咽喉頭痛(POST)は、気管挿管による全身麻酔後の頻繁にある望ましくない合併症である。さまざまな薬理学的・非薬理学的手法が POST の軽減に使用されるが、その成功率はさまざである。しかし、単剤で一般的に受け入れられているものはない。本研究の目的は、POST の発生率と重症度に及ぼすベタメサゾンゲル、ケタミン含嗽、静脈内デキサメタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管後の術後咽喉頭痛に及ぼす気管チューブカフ形状の影響

・些細なことであるが、気管挿管後の咽喉頭痛は、患者の満足度や術後の機能に悪影響を及ぼす可能性がある。術後咽喉頭痛に及ぼす 2 種類の気管チューブカフ形状の効果を比較した。 ・成人患者 119 人を本研究に含めた。麻酔導入後、患者を従来型円筒形カフ(C 群、n=95)か、または先細り形状のカフ(T 群、n=96)を用いた気管挿管に無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後咽喉頭痛に及ぼす高用量術中レミフェンタニルの影響:前向き無作為化研究

・全身麻酔に際しての気管挿管は術後咽喉頭痛(POST)を引き起こす。本研究は、全身麻酔後の患者における POST の発生率に及ぼす高用量レミフェンタニルの効果を評価することを目的としている。 ・全身麻酔下で整形外科下肢手術を予定された 92 人の患者を無作為に 2 群のうちの 1群に割り当てた。高用量レミフェンタニル(HR)群(n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人における術後の咽喉頭痛を予防するためのエアロゾル化コルチコステロイド:系統的レビューとメタ分析

・術後咽喉頭痛は患者の回復と満足度に悪影響を及ぼす。手術に際して気管挿管を受ける成人で術後咽喉頭痛を予防する上でエアロゾル化コルチコステロイドの有効性と安全性を評価するために系統的レビューとメタ分析を行った。 ・Medline、EMBASE、China National Knowledge Infrastructure、Cochr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中パラセタモールと術前デキサメタゾンを併用すると、術後咽頭痛が軽減される:前向き無作為試験

・気管挿管による全身麻酔後の術後咽頭痛(POST)は、よく見られる望ましくない合併症である。本研究で著者らは、全身麻酔後の患者の POST の予防に及ぼすパラセタモールとデキサメタゾンの併用効果を評価した。 ・全身麻酔下で泌尿器科手術を予定している合計 226 人の患者を、2 群のうちの 1 群に無作為に割り当てた。DexaPar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:気道確保後の咽喉頭痛を少なくするには?

A:術後の喉頭痛:系統的レビューによると、 ・術後の喉頭痛の発生頻度の報告は、全身麻酔後の最大 62% にも上る。 ・性別が女性、年齢が若い、肺疾患の既往、麻酔時間の延長、抜管時の気管チューブに血液汚染の存在が最大のリスクと関連している。 としている。 そもそも、脊椎麻酔や、硬膜外麻酔単独では、咽喉頭痛など発生するはずがない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more