テーマ:残存筋弛緩

40 年間の神経筋モニタリングと術後残存筋弛緩:メタ分析とネットワークメタ分析における信頼性の評価

・報告されている術後残存筋弛緩(PORC)の発生率は依然として容認できないほど高い。PORC の発生率を低下させる術中筋弛緩モニタリング(NMM)の能力は、プールされた臨床研究からまだ確立されていない。この関係を再分析するために、1979 年から 2019 年までのデータのメタ分析を実施した。 ・1979 年から 2019 年まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後直後の肺機能低下は、残存筋弛緩に必ずしも関連しているわけではない:観察研究

・これまでの研究は、筋弛緩(NMB)剤の使用と術後肺合併症との関連を報告している。術後肺機能は術後肺合併症の重要な指標である。NMB の深度と回復を評価するために、いくつかの部位を使用できる。本研究の目的は、股関節または膝関節形成術を受ける整形手術患者で、拇指内転筋と皺眉筋における TOF 測定に関連した術後の肺機能の変化と、麻酔関連変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残存筋弛緩を予測する新規臨床スコアと電子麻酔記録に記録された最後の TOF 数の比較

・手術後の残存筋弛緩(rNMB)は、適切な神経筋モニタリングが使用されていれば、確認することは困難ではないが、多くの臨床医は定量的な神経筋モニタリングを使用しない。本研究の目的は、術後の rNMB を予測するための残存筋弛緩予測スコア(REPS)を開発し、手術症例の終了時に、予測スコアの予測精度を TOF 数(TOFC)測定値と比較する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔回復室における残存筋弛緩:多施設コホートの観察横断研究

・非分極性筋弛緩剤を用いた全身麻酔後の残存筋弛緩は、病態生理学的、臨床的、経済的帰結を有する。筋弛緩下の患者のかなりの数が、残存クラレ化をきたしている。 ・患者コホートの観察、前向き、多施設共同研究(スペインにおける残存クラレ化研究、ReCuSS)。残存遮断はTOF比<0.9 と定義した。非脱分極性筋弛緩剤を 1 回以上投与した全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more