テーマ:日帰り手術

脊椎麻酔中の鎮静後のプロポフォールと比較したデキスメデトミジンの精神運動回復: 無作為化対照試験

・精神運動の早期回復は、運動と知覚の協調を脳が統合することに依存しているる日帰り手術の不可欠な部分である。デキスメデトミジンが日帰り手術によく使用されていても、回復経過は研究されていない。そこで、本研究は、脊椎麻酔時にデキスメデトミジンで鎮静した場合の、精神運動回復を評価するために計画された。 ・66 人の患者が含まれた。D 群は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼡径ヘルニア修復後の術後合併症の発生率は早産児および満期産児における入院を正当化するか?

・術後、酸素飽和度低下や無呼吸などの呼吸器合併症のリスクを考慮して、乳幼児は一晩入院する。この危険性は以前に報告されたものよりはるかに低いようである。どのくらいの年齢までこのリスクが続くのか、そしてどの乳児が日帰り治療に実際に適しているのか、知られていない。 ・大規模三次小児病院で、2011 年 1 月から 2015 年 12 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児日帰り手術症例で、退院後悪心嘔吐の発生率と助長する因子

・小児における退院後悪心嘔吐の発生率と寄与因子に関しては、ほとんど知られていない。本研究の目的は、日帰り手術患者の退院後悪心嘔吐の発生率を決定し、そのリスクに影響する人口統計学的、術中術後の変数を特定することであった。 ・本前向き観察研究では、麻酔を受けた外来患者の両親に退院後アンケートを行い、電子記録をレビューした。 ・全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰り麻酔のためのデスフルラン:回復経過と気道反応についてセボフルランと比較

・デスフルランとセボフルランは、血液ガス溶解係数が低く、麻酔からの迅速な覚醒を可能にする。しかしながら、デスフルランは刺激性があり、気道過敏性を惹起する可能性がある。ProSeal ラリンジアルマスク(LMA)を使用した自発呼吸患者で、回復と有害気道反応の発生に関してデスフルランとセボフルランを比較した。 ・子宮鏡処置を受ける 9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more