テーマ:リドカインゼリー

尿道内高濃度リドカインが尿力学的排尿パラメーターに及ぼす影響を評価する無作為化比較試験

・研究の目的は、健康な成人女性で、尿道内麻酔が排尿効率(VE)を低下させ、カテーテル挿入時痛を軽減し、尿力学パラメータに影響を与えるかどうかを評価することであった。 ・無作為化二重盲式プラセボ対照試験で、参加者は尿道内に水溶性ゲルか、または 4% リドカインゲル 5 mL を 2 回投与された。主要転帰は、排尿量/(排尿量+残尿量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブ先細りカフに塗布したリドカインゼリーが術後咽頭痛に及ぼす影響:前向き無作為試験

・気管挿管による全身麻酔後の術後咽頭痛(POST)はよくある合併症である。著者らは気管チューブ(ETT)の先細りカフに塗布したリドカインゼリーが、気管挿管から最もよく生じる POST の発生率を低下させる可能性があると仮説を立てた。 ・全身麻酔下の合計 208 例の患者を無作為に 2 群のうちの 1 群に割り当てた。リドカイン群(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後の咽頭痛、咳、嗄声を減らすのに、気管チューブに塗布したベタメタゾンゲルとリドカインゼリーの比較

・気管挿管による全身麻酔後の術後咽頭痛、咳、嗄声は、些細な後遺症ではあるが、患者にとっては苦痛を与える可能性がある。 ・本無作為化二重盲式対照試験では、気管挿管による全身麻酔後に、ベタメタゾンゲル(メタメタゾン群)か、リドカインゼリー(リドカイン群)を気管チューブに塗布した場合の術後咽頭痛、咳、嗄声の発生頻度を比較した。気管挿管に…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

気管内麻酔後のリドカインと K-Y ゼリーの喉頭痛、咳、嗄声に及ぼす影響

・全身麻酔に際しての気管挿管は、しばしば術後の咽頭痛、嗄声、咳に関連している。著者らは気管内麻酔後の喉頭痛、咳、嗄声に及ぼすリドカインと K-Y ゼリーの効果を比較した。 ・気管内全身麻酔下で待機的手術を予定されている ASA I/II の患者 92 名を無作為に 2 群に分けた。気管チューブを、2% リドカインゼリー(LJ)か、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフの潤滑が術後咽頭痛および嗄声に及ぼす影響

・気管挿管を受けた患者では、咽頭痛や嗄声はよく見られる術後合併症である。本研究では、著者らは、気管挿管後の 60 人の患者で術後咽頭痛の程度と嗄声の発生率を評価した。 ・全身麻酔と気管挿管を予定された 60 人の患者(ASA PS 1,2、29 人の男性と 31 人の女性)を本研究に登録した。彼らは 3 群に分けられた。噴霧群(n…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more